アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

先日、シェムリアップの国会議員のナム先生にちょっと相談事があったので、朝早く彼が毎朝通っている食堂に会いに行きました。

11992612_884408651641640_1283415311_n
カンボジア定番朝ごはん、豚ご飯

この先生は、シェムリアップにいるときは必ず毎朝この食堂(といっても、屋台に毛の生えたようなお店・・・屋台にかろうじて屋根と壁があるみたいな・・・)で2.3時間コーヒーを飲みながら、トゥクトゥクドライバーのおじちゃんとかそこらへんにいる住民の人たちと雑談を楽しんでいるという、とってもざっくばらんで気さくな方です。
11992501_884408664974972_1562150882_n
(参考写真)

私が行った時もトゥクトゥクドライバーのオジサンたちとおしゃべりをしていましたが、こっちに座れ座れと隣の席を空けてくれて、「朝からスレイ・スァー(美人)が来てくれたぞ!」とリップサービスも忘れません^^

私たちが話をしているところに、70過ぎくらいのおじいちゃんが先生に会いにやってきました。
おじいちゃんは、「先生、私に10分だけ時間をください」と言ってお店の中に入ってきて大きな声で話を始めました。これがまさに演説。先生にこっそり相談するのではなく、お店にいるみんながおじいちゃんの話をワイワイガヤガヤ聞いていました。こういうのがカンボジアっていいなぁって思うことのひとつ。

おじいちゃんの相談というのは・・・・・・

先日のカンボジア正月の時にフンセン首相がシェムリアップに来て、今までアプサラゾーンだったキョンギューエリアの一部を、突如首相の鶴の一声でアプサラゾーンではなくして村人に分け与えてくれたけれど、いま巷の噂では、今度は西バライエリアもアプサラゾーンではなくなるという話がでている。
自分は西バライエリアのアプサラゾーン区域内に土地を持っていて、もしそこもアプサラゾーンでなくなるのであれば、土地を売却してお金にしたい、だからナム先生に本当に西バライエリアもアプサラゾーンじゃなくなるのか真偽を確かめたいと。
そしてさらに半年前にお医者様から癌で余命2年だと云われたと元気そうに病気の話も披露してくれた。

おじいちゃんの相談に対するナム先生の返しが私はなんかいいなぁと思った。

「あと1年半しか命がないなら、土地のことなんか考えるのはやめなよ。お金の心配をしていないで、人生を楽しみなよ。お金はあっちに持っていけないよ。若いきれいなお姉ちゃんと遊ぶほうが楽しいよ。」

若いお姉ちゃんというくだりは冗談ですが(いや、本気?!笑)、

あと1年半、土地が売れるかどうかお金が入るかどうかを心配して過ごす毎日がいいのか、今あるものを楽しむ毎日がいいのか、それは人それぞれ。
私は今を楽しめる生き方ができたらいいなぁ。。。

いつ死ぬかわからないのにお金の心配するより、きれいなお姉ちゃんとでも遊んで毎日楽しく生きろ。という言葉にそこにいたみんなが大笑い。おじいちゃんも大笑い。

そしておじいちゃんは土地の話をした後は、自分の病気自慢?を延々と語り、次は自分の娘たちはシンガポールで学校を出て今は向こうで家庭を持っていて仕事もバリバリしているだとか、身の上話をひとしきり話して颯爽と帰っていきました(笑)ただおしゃべり相手がほしかっただけだったような。。。。

とにもかくにも、楽しく生きようって本当にいい言葉だなぁと。

お金のことを心配するよりも(もちろん日々の生活にお金は不可欠なことはよくわかっているけれど)、お金に振り回される人生じゃ面白くない。
今を楽しむ、カンボジアの人って今を楽しむのが私たちより上手な感じがする。

将来を心配しないで今しか考えていないって悪く捉える見方もあるけれど、先のことなんて誰もわからないし、どんな著名な経済学者でもこれからの社会がどうなっていくのかを100%予測するなんて無理なわけで、5年先の未来だってわからないのだし、言葉には語弊があるかもしれないけれど、今を楽しんで生きられなければ未来も楽しくないんじゃないかと思う。
老後のために今を生きるのではなく、今この瞬間のために今を生きたいな。






昨日、2015年9月8日に新しい会社を設立しました。

MADAM SACHIKO Co.,LTD

シェムリアップの中心地から30分ほどのところにあるSvayChek村で農業の6次産業化事業を進めていきます。
11995401_883858471696658_1987729376_n


アンコールクッキーという事業を形にしようと決意して実際に動き出したのが、まさに12年前の9月でした。
2003年9月にプノンペンの友人の家に居候させてもらい、一台のガスオーブンをおいてクッキーの試作を始めた日から12年。

アンコールクッキー事業をやっているANGKOR COOKIES CORPORATION Co.,LTDは残したまま、新たな仲間たちと共に新会社MADAM SACHIKO Co.,LTDでファーム事業を本格的にスタートします。

12年前に、ボランティアなどの援助ではなく、会社を作ることにより雇用の場をつくりたいと思って始めたアンコールクッキー。
12年の月日がたち、シェムリアップの町は大きく変化し、両手で数えるられるくらいしかなかったホテルもこの10年で何十倍にも増え、レストランやお土産屋さん、旅行会社など観光地としてどんどん発展してきました。働く場所がなかったあのころと比べ、今は職を求める人にとって完全に売り手市場となってきています。

この12年間、シェムリアップの変化を見てきました。シェムリアップがどんどん経済的に発展をしていく中で、雇用の場を作りたいという思いから会社をスタートした私は、この数年はもう私がやらなくてもシェムリアップには十分雇用の場があるなぁ、という気持ちが強くなっていました。

ただ一方、仕入先を開拓して地方を回る中で都市部と農村部の大きな格差も感じていました。
私たち人間が生きていくために欠かせない食料を作ってくれている人たちが底辺の暮らしを強いられるという社会のしくみはおかしいな、なにかできないかなと考え始めました。
シェムリアップでは農村の若い世代は農業よりもタイへ行って稼いだほうが現金収入を得られるということで村を離れてしまう人も多く、農業離れも増えてきています。

農業を続けながら、家族と離れ離れになることなく生まれた村で暮らしながら、安定した現金収入を得られ、子供たちは教育を受けることができる、そういう社会をつくるために、今のように農家の人たちが安い値段で農作物を売るという方法しかない1次産業で終わらせずに、製造加工、販売までもっていく農業の6次化の成功モデルを作りたいと考えています。

ご縁があってシェムリアップから30分ほどのスヴァイチェイク村で農場を持つことができ、そこで今はマンゴーやバナナをメインに、パイナップル、パパイヤの果樹をはじめ、お米やトウモロコシ、ナス、かぼちゃ、さつまいもやショウガなどの野菜類も栽培しています。完全無農薬で。

11998745_883858468363325_1721143579_n
私たちのファームでスヴァイチェイク村の人たちと一緒に記念撮影(2015年3月14日撮影)

スヴァイ・チェイクは日本語にすると、マンゴー・バナナという意味です。
私たちはそのスヴァイチェイク村(マンゴーバナナ村)で、1次産業としてマンゴーとバナナを栽培し、2次産業としてマンゴーとバナナを使った食品を加工する工場を作り、3次産業として果物や野菜を楽しめるレストランやリゾートのある観光農園を作り上げたいと思っています。

Angkor SvayChek Farm Facebook

アンコールクッキーを続けてきたことにより、12年かかってやっとシェムリアップでの基盤を作ることができたかなと感じています。その12年で作り上げた基礎の上に今度は建物を建てていく、それが次の10年をかけて臨む農業の6次産業化プロジェクトであると考えています。

電気も通っていない田舎の村ですが、豊かな自然と大きな可能性を秘めた子供たちが大勢いる素晴らしいところです。村の一員になって地域社会に貢献できる事業を作り上げていきたい。
10425471_838310219584817_2866867841113032638_n
道のりはながーいですが、信念さえしっかりしていれば何も不安や心配はない。
また新たな10年に向かって、素晴らしい仲間たちと共に着実に一歩一歩進めていきます。

カンボジアに暮らして16年。
毎日思うのがシェムリアップで暮らせることが幸せだなぁということ。
町も好きだし、そこに住む人たちも大好き。
いい環境の中で素敵な人たちに囲まれて生きているということをとっても幸せに思う日々。

11922002_883792081703297_1548390494_n


毎日寝るときに今日も幸せだった〜といつも思う。
朝起きて今日も1日が始まる!!って思うとワクワクする。
それはやっぱりシェムリアップという町とシェムリアップで出会った人たちのおかげなのだなぁ。

今週の月曜日、朝出社してから、いつも持ち歩いている自分のノートパソコンがバッグの中に入っていないことに気付いた。(鞄の重さで気づかないことがまずおかしいのだけれど・・・・ちょっとぬけている)


日曜日はパソコンにさわらない日にしているので、前の日はパソコンを一度も開いていない。
ということは土曜日からパソコンがないらしい。最後にパソコンを開いたのは某ホテルのロビーラウンジ。
土曜日の夕方にホテルのロビーバーでパソコンを開いて打合せしてから月曜日の朝までパソコンがないことに気付かなかった。

パソコンがないと仕事にならないので、すぐにホテルのバーラウンジに行くといつものスタッフ達が「やっと来たぞ」という顔でにこにこ出迎えてくれた。
こちらが何を言う前に棚の中から保管しておいてくれたパソコンを出してきてくれた。
PC帰ってきたパソコン

ここでは以前にもお財布を忘れていったこともあった。
テーブルで支払いを済ませてからお財布をテーブルの上に置いたまま帰宅。
その後お買い物をするためにスーパーに行って支払いをしようとしたらお財布がないのに気付いた。
スーパーのお姉さんたちはお金のない私に、「お金は後でいいよ〜、あとで払いに来てくれれば。」とまたまたとてつもなく親切なことを言ってくれる。本当にシェムリアップのこういう田舎っぽさ(言葉が正しいかわからないけれど)がたまらなく好き。

またやっちゃった〜なぁと思いながらホテルに戻ると、私の顔を見た途端みんなで
「お姉さん、私たち何も知らないよ〜、何も忘れ物はなかったよ」とにやにや顔。
お財布を忘れる人はなかなかいないよって忠告を受けてちゃんと預かってくれていたお財布をだしてきてくれた。

もちろんシェムリアップのどこでもこんな対応をしてもらえるわけではないけれど、そういう温かさがあるというのは事実。

どこの国にも泥棒や悪いことをたくらんでいる人はいるし、もちろんシェムリアップでもそういう被害にあうこともあるけれど、それ以上にやさしさに触れる機会が多いこの町がとてつもなく好きだし、そういう優しさに応えられる生き方をしたいなと思う。






昨日突然ベトナムのダナンにやってきた。知らない場所に来るとワクワクする。

初めての土地で偶然?ではない、必然で出逢える、というか出逢うべくして出逢える。
自分の人生の使命があって、その使命を生きるために出逢える人とはちゃんと出逢えるんだなぁ〜って思った今回のダナン
danang

ダナンという場所に行きたいと思ったことは一度もなく、ただただ声をかけてもらって即決即断で行きますって行って、ここに来たから出逢えた出逢い。
改めて出逢いは素晴らしいなぁと思った。
だから自分の魂に響いたら言い訳しないで行動する、自分の心に忠実に突き進めばいいんだなって思う。
やりたいことがあるのなら、できない理由を探して生きるのではなく、どうやったらできるのかって考えて生きたい。
できない理由をリストアップしている暇があったら、成し遂げるための方法を見つけることに頭と時間を使おう。

人間だから迷うこともあるし、それが当たり前だし。生きていく中で自分の選択に不安になったり、これでいいのだろうかと心配になって身動きできなくなることもある。
でもその時にはいつも自分自身の心に問いかけたらいい、こたえはちゃんとはそこにあるから。
自分が信じた道を突き進むことが自分の人生の使命を全うするってこと。

今日も本当に幸せな1日だった。明日も楽しもう。

夏休み、春休みシーズンになると学生さんの訪問が多くなります。
2015
講演を頼まれることもあるのですが、講演っていう、一方的に講義みたいに話すのは苦手です。学生時代に授業をサボってばかりいたのも講義が苦手だったからかもしれないと最近になって思います。
振り返ってみると高校時代も大学時代も本当によくサボってた。今、人の講演とかを聞きに行くのに興味がないのも繋がってるのかもしれない。
講演とかじゃなく、対談形式だったり、みんなと車座になってざっくばらんに色々お話しできるのなら、喜んで引き受けるし日本の若い人たちとお話しするのはこちらにとっても刺激になる。それに何よりみんな輝くものを持っていて柔軟な感覚を持っていてとても素敵。
でもそういう場をアレンジする大人が講演っていう形式が好きというか安心なんだろうなぁ。

最近は大学生だけではなく高校生も多く海外へ出る人が増えていますね。
私が高校生の時は群馬の田舎ののんびりした学校で、海外へ出るなんていう友人も周りにおらず、高校時代に海外へ行くなんて考えてみたこともなかった。それはそれで楽しい高校生活だった。
私の姪っ子は現在同じく群馬の現役高校生ですがアメリカへ短期ホームステイに行ったり、ホームステイの学生を受け入れたりといわゆるグローバルな高校生生活を楽しんでいるようです。

文科省のスーパーグローバルハイスクールやスーパーグローバル大学という取り組みが始まって、学校としてグローバル化に取り組んでいるところも増えているようですが、じゃぁグローバルってなによ?っていつも不思議に思っています。文科省の目指すグローバルな人材って?先生方が言っているグローバルな感覚を持つ人材って?

海外で暮らして働いている私は、日本にいる人から見ると「グローバル」な人であり、「グローバル」な生き方をしているらしい。
ただ当の本人は大学時代にグローバルな生き方をしたい!!と思ったから海外へ出たわけではなく、ただただ中国の喧騒とパワーに心惹かれてアジアに行ってみたいって思って海外へ出てきたんだよね。

自分の興味関心がそこにあったっていうだけで、アジアのリーダになろうとか海外で活躍する人間になろうなんてこれっぽっちも思っていなくて、面白そうだから行ってみたいというただそれだけ。

グローバルな人材ってどんな人なんですか?とある日本の大人に質問したところ、
「途上国の貧しい人たちに関心を持ち、自分のことばかり考えるのではなくて海外で困っている貧しい人を助けてあげるやさしい気持ちを持ち、アジアの国と助け合って生きていける人」と言われたことがある。

カンボジアを貧しい途上国のかわいそうな人たちって考えていること自体、グローバルな感覚持ってないんじゃないって思ってしまう。
言葉遊びかもしれないけれど、発展途上国って発展している途上にあってぐんぐん成長している、上昇中なんですよね、一方で先進国って言われている国ってこれ以上の上昇がなくって停滞だったり下降線に入っていたりして、どっちがパワーがあるって上昇中のほうが断然パワフルでしょう。
自分のことばかりを考えるのがいけないっていうけれど、まずは自分ありきでしょう。
自分が何ができるのか、自己が見つめることが大事。
何ができるのかっていうよりも、何をしたいのか、何が面白いのか、何にワクワクするのか、自分の人生を自分でクリエイトできる力が大事なんじゃないの。
グローバル、世界を見ろ、世界へでろ、海外へ行ってボランティアしろって。
海外行ってボランティアしてきたらグローバルな人材なの?ずいぶん安易な考えだ。

大人がグローバルっていう定義に確固とした自信もないのに、子供に言葉だけ伝えても軽くスルーされちゃうよ。子供は大人よりもずっと感性が鋭くて素晴らしいパワーをたくさん持っているのだから。

なーんて、最近の日本のグローバル化という言葉に翻弄されている大人たちを見て思うのでした。


カンボジア流な式典

招待状には8:00開始とあったけれど、9:00になってやっと始まるセレモニー。
カンボジア流には慣れ親しんでいるので(良くも悪くも)、1時間の遅れなんて気にもならない 笑。


社則に始業時間前には出勤して仕事の準備をしましょうなんて条文が載っているうちの会社って、カンボジア流からめちゃくちゃズレた会社だ。

時間に追われる社会より、時間を気にしないでも生きられる社会は心にゆとりがあるのかな。

御来賓の国防大臣、シェムリアップ州知事、シェムリアップの国会議員さんが1時間遅れで華々しく登場してセレモニーがスタート。
まずはお坊さんの儀式。
image

image


国家斉唱に続き御来賓のスピーチ。
長い長いスピーチは、最低でもひとり30分ほどは続きます。
image


image


image


色々な式典も年々盛大になってきて、バブル感溢れるカンボジア。
この10数年のこの国の変化はめざましい。
変化の中で変わらないものを大切にして毎日生きていきたい。








昨日は満月。

椰子の木と月が綺麗に輝く夜でした。
image


毎日色々なことが起きて泣きたくなったり、心が折れそうになることもあるけど、そんな経験をすることで学べることや気づきがあるのだと思う。

考えすぎてもいい答えが見つかったことはないから悩まないのが一番いい。
答えは面白いことを考えてたりする時に突然わいてでてきたりするもの。悩んで考え込んでる時に素晴らしいアイディアは出てきたことはない。
だから私にとって悩むことは意味がない。起きたことを考えるより次にどうするかを考えるほうが楽しい。
楽しいことだけやるのが一番いい。

明日をまたワクワクする1日にするために何をしようか考える夜。大好きな仕事があって、信頼できる友がいて、いつも見守ってくれている家族がいる、それだけで心が満たされる。


1日の終わりに月を心穏やかに眺められるって幸せだな。

苦しい状況にいる人たちも世界中にたくさんいるけれど、明日に希望が持てる毎日が早く訪れますように。

今の環境で自分ができることをひとつひとつ大切にやろう、そして明日も楽しい1日にしよう。
満月のパワーでエネルギーチャージもできました。

シェムリアップ州知事の号令でシェムリアップのRED CROSSメンバーが晩さん会に招待されました。
ホテルのボールルームにシェムリアップの実業家や政治家、政府関係者などが顔をそろえました。

11121941_818792694869903_1213082179_n


こういう席は正直言って本当に苦手です、苦手というか好きじゃない。
贅沢な会場で贅沢な食事やお酒を楽しむお金があるならば、もっと他に有効に使う手段があるのでは?と思ってしまう。
ちょうどつい数日前に同じアジアの国、ネパールで大地震が起き、たくさんの人が被災して大変な状況の中にいるのに、こんなところで贅沢な食事を楽しんでいていいのか?と思ってしまう自分がいる。
もちろん、自分がパーティーを欠席したところでネパールの被災者の方たちの状況は何も変わらないこともよくわかっているのだけれど。

ただカンボジアの社会で外国人である自分が受け入れてもらうためには、こういったところに顔を出して人脈を作っていくことも必要なことだとものすごく理解しています。カンボジアでビジネスをさせていただき、ここで働き暮らしていくことを受け入れてもらえるよう少しでもこの社会に役に立つことが大切だと思っています。
一人ではできないことも、大きな力になれば実現できるということもたくさんあり、人とのつながりをなくして生きていくことはできないなと思います。
もちろんひとりだから成し遂げられることもあるし、すべてにおいてプラスもありマイナスもあるということ。

晩さん会では、2015年度の個人の寄付金額がひとりひとり発表されました。誰がいくら寄付金をだしたのかが発表されるのです。カンボジアならではだけれど、そういうことがカンボジアではよしとされていて、お金を出した人への敬意になるらしいし、それによってお金を出した人が気分よくなって名誉と感じて、さらに来年も寄付をだそうって思えばそれはそれでいいのだろうな。と思います。

以前の私は、寄付とか慈善活動というのはひっそり黙ってやればいいとずっと思っていました。自分がやっていることを人様に伝えるのは恥ずかしいことだと。
でもあるときスタッフからマダムサチコがカンボジアのためにお金をだしてくれたり、社会に貢献していることをみんなが知ることが自分たちにとってはとても嬉しいし名誉なことなんだと言われました。
自分はひとりではなく、一緒にいるスタッフたちがいてのアンコールクッキーのオーナーなんだなぁと、あたりまえのことかもしれませんが、スタッフの言葉によって気づかされました。
ボランティアとか慈善活動なんて自分の自己満足にすぎないでしょう、と思っていて、自分と共に働いてくれているスタッフ達の喜びになるということに気付いていませんでした。

今でも自分たちの活動を表彰されたりするのはなんか違う・・・という違和感は否めませんが、カンボジアの社会で受け入れてもらい、今後も活動していく上では大切なことなのかなと少しずつですが、意固地な私も思えるようになってきています。


今回晩さん会に出席して嬉しかったことは、カンボジアの赤十字がネパールに100,000ドルの支援金を送ることを決めたというニュースを聞けたこと。
そして、16年前にカンボジアにやってきたばかりの頃知り合った同年代の仲間たちに何人も晩さん会の会場で会えたこと。あの頃はみんな若くて駆け出しでお金もなかったのに今こうやってそれぞれ事業をおこし、こういう場で会えて一緒に語れることは本当に幸せなことだと思いました。

よく、カンボジア人はもらうことばっかりで自分たちで何もしない、支援慣れしているという声をききます。もちろんそういう面もあるかもしれませんが、支援をすることを喜びに感じている側がいるというのも事実だと思います。
そしてカンボジアにもたくさんの心ある人たちがいて、自国のために地域社会のために貢献している人もたくさんいるということを知ってほしいなと思います。

苦しくなると、この言葉に勇気をもらう。
自分を信じること。自分の直感に従うこと。それが生きるすべて。



Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.

Don’t be trapped by dogma – which is living with the results of other people’s thinking.

Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice.

And most important, have the courage to follow your heart and intuition.

They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.


あなたの時間は限られている。だから、自分以外のだれかの人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。
常識や既存の理論にとらわれないで。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。
他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないように。
何よりも大切なことは、自分の心と直感を信じる勇気を持つこと。あなたの内なる声は、自分がどうなりたいかをちゃんとわかっているんだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。



Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose.

いつかは死ぬ。だから失うものなんて何もないよね。

このページのトップヘ