アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2007年06月

シェムリアップのナイトマーケット内に『隠れ家的バー』があるという情報をゲットしたので行ってきました。
最近オープンしたナイトマーケット。今までのカンボジアのマーケットに見慣れた私からするとちょっとだけ『おっ』と思うようなディスプレイや商品の数々。私から見るととても保守的なカンボジア人。あまりチャレンジ精神や開拓精神がないようにかんじていたけれど、『頑張ってるじゃん、カンボジア・・・』と久々に感じた夜でした。タイのナイトマーケットとは比べ物にならない規模ですが、夜に楽しむ場所がほとんどなかったシェムリアップにこういう場所ができたのは喜ぶべきこと。
でも、まだまだ認知度が低いからでしょうか、雨季だからでしょうか、場所が悪いからでしょうか・・・・・・・・お客さんは10名もいないんじゃない?って感じでしたが(マーケット全体で)。

ナイト ショップ1ナイト スパ

ナイトマーケット内にはスパもあってマッサージも受けられます。カクテル&マッサージ7ドルなんていうメニューもあってマッサージを受けながらバーでカクテルが飲めるそうです。

さて、今夜の目的は『隠れ家的バー』。決して隠れ家ではなかったけれど、こちらも見た瞬間に『お〜っ!』と嬉しくなるような雰囲気。竹で作られたオープンエアーのバー。お店全体が円形で、中央に円形のバーカウンターがあって、真ん中でバーテンダーがシェイカーをふる姿は結構様になっててかっこよかったですよ。

ナイト バー1ナイト2

バーはドリンクメニューだけですが、周りにカンボジア料理、インドネシア料理、サンドイッチ屋さんがあってそちらから料理を運んでもらうことができます。
初めてということもあってとりあえず全部の店からオーダーしてみました。サンドイッチ屋さんからはパニーニとフレンチフライ。カンボジア料理屋さんからは定番?のミーチャー(焼きそば)、インドネシア料理屋さんからはサテー(焼き鳥)。

お客さんがほとんどいないこのバーではスタッフもまだぎこちなく、かなり笑わせてもらいました。料理も色々ありそう〜!!って思うかもしれませんが、実はメニューはいっぱい書いてあるけど、実際注文すると、『あ、これはない。』。『え、じゃぁ、これ』と違うのを指差すと、『うーん、これもないかな?』とはにかみ笑顔。『え〜、これもないの?!じゃぁ、しょうがないなぁ、サラダは?』とあきらめ顔で言うと『これもない・・・』。『じゃぁ、何があるの?!先にあるもの言ってよ!』とおなかペコペコで半切れの私(笑)。隣にいる友達は私達のやり取りを面白がって聞いてるだけ。インドネシア料理のメニュー、堂々と20品目くらい書いてあるのに、結局あったのは『これと、これと、これ』と3品目だけ。
日本だったら『ちょっと、商売やる気あるの?』と聞きたくなるけど、このやる気のなさ加減がカンボジアらしくて好き。注文するだけでこんなに時間がかかって、笑えるって絶対日本じゃありえなくないですか???

『どうしてカンボジアにいるんですか?カンボジアの魅力って何ですか?』ってよく日本の方に聞かれるけど、一言では言い表せないんですよね。だって、こんな注文のやり取りの面白さ、多分、日本にいる方に理解してもらうのは難しいと思うんですよ。経験してないと、この適当さと可愛さと小憎らしさと・・・このカンボジア人のよさって分からないと思うし。

やっとインドネシア料理が注文できたと思ったら、今度はカンボジア料理のボーイ君、こちらはもっとおどおど系。外国人からオーダーをとったことがないようなほどおどおどしながらやってきて、そっとメニューをさしだしてきた。インドネシアで懲りた私は先手必勝?『何があるの?』と聞くと、『豚肉と牛肉がある』。友達がミーチャー(焼きそば)が食べたいっていうので、とりあえずミーチャー。オーダーはなんなくクリア。スムーズに行き過ぎて拍子抜けしながらもビールとジンで乾杯。『この店、すっごいいいねぇ、毎晩来たいね〜』なんて気分よく飲んでたところに、ミーチャー(焼きそば)登場。焼きそばにお箸が1セット。二人いるんだから気を利かせてもう1セット持ってきてよ〜と思いながらお箸を持ちあげてボーイ君に笑顔で『もうひとつ持ってきてね』と頼んだんです。彼も『バーバー(はい)』と言って下がっていったのはいいけど、待てど暮らせど戻ってこない。。。『まぁ、カンボジアだからね〜、今頃、木を削ってお箸を作ってるんだよ〜』なんてお酒も入って調子よくしゃべってたけど、10分たっても帰ってこない。他の店員さんがスプーンとフォークを持ってきてくれたから『ま、いっか』とお箸のことは忘れて飲み続けていたら・・・お箸のボーイ君が笑顔でもう1皿ミーチャー(焼きそば)をもって登場。かたまる私達。『え、なんで、ミーチャー?』。。。彼曰く『『ムォイティエッ(もうひとつ)』って言ったから。』と。え〜え〜え〜!!!!お箸を持ってもうひとつって言ったジャーン。。そんなにたくさん焼きそばばっかり食べないよ〜!!!確認しようよ〜!!
ボーイ君は悲しそうな目でぼくのミスです・・・と引き下がろとしたけど、その瞬間、彼が持っているミーチャーに目をやると、あきらかに最初に持ってきたのより野菜もお肉も多い!!そっちのほうがいい〜!!と言う私に『やめなさい』と諭す友人。

最後の会計、焼きそば代が一皿いくらかチェックしなかったけど、2皿分ついていたかも。。。(笑)。まぁ、いっぱい笑ったし美味しかったし(焼きそばは決して美味しくはないですよ。カンボジア焼きそばなので。インスタントラーメンの麺をふやかして炒めただけです。このチープな味がたまに無性に食べたくなるんです。)
お店は素敵だったし、よしとしましょう。
最後にシェイカーをふりまくってたまだ10代後半かと思われるバーテンダーも可愛かったし。

ナイトマーケット、ぜひお試しください。


久々にスコールらしいスコールが降りました。

カンボジアの気候は雨季と乾季に分かれていて、今は雨季の真っ只中。
雨季の始まりは5月頃から。カンボジア正月(4月)が終わり、暑さが最高潮に達している頃にめぐみの雨が降り出します。
雨季は日本の梅雨のように、1日中しとしとと雨が降り続けるわけではなく、午後の一時、まさに『バケツをひっくり返したような』雨が降るのです。それまではガンガンに太陽が照りつける青空だったのが、急に雲行きが怪しくなり風が吹き出すとスコールがやってきます。
11月の水祭りの頃までスコールは降り続けます。この雨季の半年でカンボジアの国土は水で潤います。

今日は午後から雲行きが怪しいなぁと思っていたら、きました、これぞスコールっていうほどのスコールが。降りだしてものの5分くらいで道路は川です。

スコール1
写真を撮っていたら、この車に思いっきり水をはねられました・・・・・・。水も滴るいいオンナ???(笑)


スコール2
自転車やバイクは大変です。目が開けられないほどの強い雨です。でもカンボジア人は雨にうたれ強いのです。ちょっとの雨はへっちゃら。濡れることも気にしません。傘をさしている人なんてほとんどいません。スコールで濡れても、すぐにスコールがやんでまたギラギラ太陽が顔を出すので、あっという間に乾いてしまいます。私もカンボジア生活8年目、日本でも雨が降っても傘をさすのが面倒です。


スコール3
スコールでびしょぬれになってるのになんだかとっても嬉しそうな、わが社のドライバー、Mr.ナットです。

シェムリアップの夜の盛り場、通称『バーストリート(BAR STREET)』。
夜遅くまで呑みたい!という人にはお勧めの場所です。
オールドマーケットの1本西側の通りに小さなお店がひしめき合っていて、バーはもちろん、イタリアンやタイ料理、カンボジア料理にインド料理など何十軒というレストランがあり、お土産屋やマッサージ屋さんもあります。
夜の早いシェムリアップでこの通りだけは夜12時過ぎても外国人で溢れかえって賑やかな時間が流れています。
このバーストリートは夜になると歩行者天国になるので車はは進入禁止、お客さんを捕まえようとしているシクロ(トゥクトゥク)が道沿いをぎっしりと埋め尽くしているので、車をとめるところが見つけにくく、私は1週間に1度行くか行かないか。
観光客の方は帰りの足を見つけるのには不自由しません。

夕べはバーストリートにあるイタリア料理屋『PIZZA ITALIANO』で夕食。ここは何を食べてもはずれなく美味しい。ちょっと渋めのお茶目なフランス人シェフの作るイタリアンは、ピザもパスタもリゾットもすべて美味しい!!

ガスパッチョリゾット

夕べ食べたサワークリームののったトマトのガスパッチョは病み付きになる味だったし、きのこのリゾットも厚切りの生ハムが贅沢にのってて本当に美味しかったです〜♪





バーストリート1バーストリート2


もちろん、お酒だけを楽しめるお店もたくさんありますので、食後にふらっとバーストリートを散策するのも面白いかもしれません。最近はバーストリートの1本裏道にある『裏バーストリート』も出現、どんどん大きくなるシェムリアップの町です。

カフェプカプカの看板が完成しました〜!!

pukapuka kanban









青い空と緑の町並みに、ぷかぷかのカラー、オレンジがとっても映えて綺麗に完成しました。

SHAKE1







この看板を目印に、マンゴーシェイクやすいかシェイク、マンゴーカキ氷を食べに来て下さい!!

騒音おばさんって知ってますか?
以前は奈良で今回は船橋で騒音おばさんが逮捕されたそうです。
大音量で音楽をならしたり、家の前で怒鳴ったり・・・などの嫌がらせを続けるおばさん。昨日、日本にいる友人からそんな話を聞いたのですが・・・

今朝、まさに我が家の前に騒音おじさんが現れました。
明け方4時くらい、外から聞こえてくる大きな歌声で目が覚めました。
何、今何時?とぼーっとした頭で時計を見るとまだ朝の4時前。それなのに外では大きな声で歌うおじさんの声が響いてるんです。外は真っ暗。まだ夜ですよ。それなのに聞き覚えのあるフレーズ、リズム。おじさんが恐ろしく近所迷惑な声で歌っているのは『カンボジアの国歌』でした。カンボジアでは毎日朝7時と夕方5時にラジオで国歌が流されるのですが、その時は朝の4時!!!しかも外は真っ暗。おじさんの声は我が家の目の前から聞こえてくる。これを騒音といわずなんというの!!

カンボジア人は騒音に対してとても寛容。外国人からしたら頭がおかしくなるほどの大音量の音楽にも平然としてる。

たとえば結婚式。朝4時くらいから流れ出す大音量の音楽とマイクの声。これが一日中響き渡り、夜12時くらいまで続くんです。とてもじゃないけど、近所の人は眠れないほどの大音量。12時過ぎにやっと音楽がやんだと思ったらまた次の日も朝早くから音楽が流れ出す・・・・・。でもこれは決して嫌がらせではなく、カンボジアの習慣?伝統?なのです。だから、近所の人で文句を言う人は誰もいない。文句を言うのは外国人くらい。カンボジア人は『カンボジアの習慣ですから』と平然としています。まぁ、一生に一度あるかないかの結婚式ですから、これはカンボジアの習慣として外国人も我慢するしかないでしょう。


たとえばお正月。カンボジア正月は4月の半ば。今年は4月14日〜16日だったんですが、3月の後半くらいから、うちの隣のお店では駐車場にたくさんの人が夜な夜な集まってきて、毎晩のように大音量の音楽をかけて輪になって踊っていました。うちのスタッフに『なんでこんな夜にこんなうるさい音楽かけてるの!!』って聞いたところ、『お正月だからみんな踊ってます』との返事。お正月はせめて4月に入ってからにしてほしかった・・・・。カンボジアの人にとって『盆と正月』が大事なのは分かる、でも大音量をかけて踊るのは三が日くらいにしてほしい。。。。半月以上、隣の店のダンスパーティーは続きました。毎晩頭が痛くなる思いでした。

たとえばカンボジアのローカルレストラン。スタッフパーティーではローカルレストランをよく利用するのですが、生バンドやコントなどをステージでやっていて、隣の人との会話もままならないほどの大音量。大声で話さないと会話もできないほどの音の大きさで食事や会話を楽しむどころじゃなく、日本人の私達は大声での会話にだんだん疲れてきて口数も少なくなる。でもカンボジア人スタッフはどんどん活き活きとしてきて、しまいにはステージの前にわらわらと集まって踊りだす。これぞカンボジア。踊ると楽しくなってくるからどんどんハイテンションに。お酒を呑んでいないのに陽気に踊れるスタッフを見ているとやっぱりカンボジア精神ってストレスレスだなぁと思う。ダンス


人が集まれば輪になって踊る。しかも大音量の音楽をかけて。近所迷惑なんて関係ない。楽しく騒げばそれでよし。あぁ、これぞカンボジアマインド。夜眠れなくて寝不足だったら、昼間たっぷり寝ればいい。いくらでも昼寝の時間があるのが、カンボジア。


騒音おじさんにすっかり安眠を奪われた私は朝早く出勤してしまいました。あぁ、仕事人間、日本人。

カンボジアに来たら一度は目にするのではないでしょうか、天井や壁にはりついている『ヤモリ』たち。カンボジア語では『チンチョ』といいます。

夕べも気持ちよ〜く酔っ払って11時近くにお家にたどり着いた私。以前、工房として使っていた1軒屋に住んでいるので私の借りている家はとっても大きい(今年4月に工房を移転しました)。家が大きすぎるのも一人暮らしにはちょっと寂しく、『誰か待っていてくれる人がいる自分』みたいなのを想像して(アホですね・・)『ただいま〜!!』って言ってみるのだけどもちろん誰の返事もない(本当に返事があったら怖いけど・・)

真っ暗な家に帰ってもう一度『ただいま〜』とベッドルームのドアを空けたら、1匹のチンチョが壁にはりついてました。微動だにせず・・・。

チンチョ1

『君だけは私の帰りを待っててくれたのね』と、いつもなら当たり前にそこら中にいすぎて、眼中に入らないチンチョなのに、夕べだけは妙に可愛く感じてしまいました。しかもしっぽを落としたちんちょ。ちんちょは逃げる時にしっぽを落として逃げるんだそうです。

カンボジアに来るといたるところにチンチョがいて、日本からのお客様は見慣れていないので『きゃ〜!!』っと驚かれますが、よく見るとビーズ玉のようなつぶらな目をしてて可愛い顔をしてるんです。時々壁から落っこちてきて机の上で目があったりすると、ちょっとドキッとします。

しっぽが二つに分かれているチンチョは幸運をもたらすと言われているそうで、チンチョパワーをあやかるためにオフィスの机の上には二股に分かれたしっぽのチンチョの置物を置いています。
チンチョ2



お店では、ちんちょの形のキーホルダーも販売していますので、お土産にぜひどうぞ!!ちんちょキーホルダー

お客さまから『クッキーがひとつひとつ袋に入ってるといいんだけど』という声をよくいただいておりました。色々と準備と試作を重ね、ようやくアンコールクッキーの個包装が完成いたしました!!

個包装1個包装2

カンボジアでは手に入らないものがたくさんあって、個包装への道のりも簡単にはいかなかったのですが、やっとやっとお客様のご要望に応えることができスタッフ一同嬉しく思っております。ひとつひとつの袋にアンコールクッキーのトレードマーク、『アプサラとハスの花』のデザインをあしらった、とても品のあるパッケージに仕上がっています。会社へお土産を持っていき、デスクの上にひとつひとつ配っていただけるアンコールクッキーになりました。

もちろん、味もお値段も今までと同じで1枚1枚個包装されております。
美味しいクッキーをたくさんの皆さんに食べていただけるよう、毎日変わらぬ味を手作りで焼き上げていきますので、今後とも宜しくお願い致します。


アンコールクッキーアンコールクッキー2

さらにパワーアップしたアンコールクッキー、これからもどんどん進化し続けます!!美味しいクッキーをちょっと味見にお店にお立ち寄りください。







≪追伸≫
販売スタッフも日々向上心を忘れず頑張っています。お客様がいらっしゃらない時間帯には先輩と後輩がペアになり、先輩がお客様の役になって接客用語を一生懸命日本語で練習しています。

練習風景1練習風景2

無性に餃子が食べたくなる時ってないですか?
カンボジアにいても餃子は食べられるんです。
カンボジアに来た事がない人はカンボジアは貧しくて、何もない国、と思っている方が多いかと思いますが、ここシェムリアップはなんといっても観光地!!世界遺産アンコールワットがありますから、世界各国から人が集まってきていて、レストランもたくさーんあるんです。バーストリートなんていうものもあって夜中までお酒が呑めるところもあるんです。私の田舎よりもよっぽどにぎやかかもしれません。。。

つい先日もある友達の『餃子が食べたいね〜』の一言で『餃子パーティー』が開かれました。日本に行ったときに仕入れた餃子の皮を持って、土曜日の夕方に友達の家に集合。女性陣が5人ほど集まって餃子の仕込み。みんなでワイワイ料理するのってこんなに楽しかったんだ〜!!と思うほど楽しい時間でした。しかも料理ってその人の人格が現れるから、とっても几帳面に料理をする人とかなーり大雑把にやる人(それは私・・)とでキッチンはめちゃめちゃでしたが、無事7時までには終了。カフェプカプカに餃子を持ってきて焼いて、10人ほど集まって皆で美味しい餃子を食べました。あまりにも美味しくて写真を撮るのを忘れていたほど・・・。

餃子パーティー
残骸餃子・・・。

手作りって美味しいなぁとしみじみ感じた夜でした。




仕事をしているとなかなか自炊をする時間もなく(言い訳)、夕べも仕事が終わって友達と中華料理を食べに。中華と言えば餃子。中華と言えば北京?!シェムリアップにも最近中華料理を食べられる店は増えてきたけれど、『北京餃子』はシェムリアップの老舗中の老舗!!

北京餃子 看板

2000年くらいにオープンした中華料理屋。あの頃はシヴォタ通りに面したプチホテルの駐車場にほったて小屋を建ててそこで料理して、客席は完全なオープンテラス。駐車場に折りたたみのテーブルと椅子を並べただけ。でも美味しくて毎日通ってたなぁ。餃子1ドル、空芯菜炒め1ドル。これが私と友人の毎晩の食事だった。ほんとに毎日通ってた。なつかしい〜。
その北京餃子もずいぶんグレードアップしてちゃんとしたお店になりました。それでも昔のままのさびれた雰囲気も残ってるし、太ったオーナーの中国人のおじちゃんも変わらないし、いい加減さがとっても居心地がいい。

今日は焼き餃子、水餃子、空芯菜炒め、マーボーナス、きゅうり炒め、マーボー麺、ビール2本のかなりパワフルディナーでした。これだけ食べて1500円くらい。
餃子北京餃子 料理





2時間以上食べて呑んでしゃべってたら、天井のほうから怪しい音が・・・。さっきまで普通に回っていた扇風機がガタガタ音を立て始めた。落ちてきそうな勢い。
北京餃子 扇風機

そういえば先日も友達と北京でご飯を食べていたら後ろのテーブルで『ががががぉぉ〜!!』というすごい音がして振り返ったら、天井からネコが落ちてくるところだった。上でネズミ?と追いかけっこをしていたのか猫が大暴れをしていて天井が抜けたらしい。その真下にはテーブルがあって中国人のお客さんが2名。天井が抜けてテーブルに落っこちてきたけれど、何事もなかったように食事を終えて帰っていきました。さすが中国4000年の歴史。肝っ玉が据わってます。隣のテーブルで動揺し、大笑いしていた日本人の私達、まだまだですね。


北京餃子、メニューもたくさんあります。ぜひお試しください。


北京餃子 メニュー

今日は朝から色々あって、イライラ指数が最高値に達していて自分でやばい!!と思ったのでランチタイムに外へ出て青い空を見上げてきました。


しんはと青空


思わず昼から『ビール!!』って言いたくなるほど気持ちいい青空。さすがに午後の仕事もあるので我慢我慢。カンボジアで昼ビールはほとんど飲んだことがない。。こんなに昼ビールが似合う国なのに(笑)。カンボジアにいたらいつも戦闘態勢?仕事モード一色、のんびりとは程遠い生活。

青い空を見てぼーっとしながら、やっぱり仕事があるって幸せだよねと思う自分。ちょっと気持ちが落ち着いてから渡辺淳一の『鈍感力』を一気読み。
あまり小さなことにクヨクヨしないで、もっと心に余裕を持って、人とも自分とも向き合える人間になりたいと思う。

さて、今日もあと少しがんばるぞっ!!


5
お客様によく聞かれる質問。
『男の人へのお土産って何かありますか?』

これ、本当に難しいんですよね。会社へのお土産、ご近所さんへのお土産はお菓子とかが一番いいですよね、女性の友達にだったら小物、雑貨なんかが喜ばれるでしょう。でも、男性となると・・・・・・・・・・。。。。
私も日本へ行ったりする時に男性へのお土産には結構頭を悩ませます。最近はもっぱらアンコールクッキーですが(笑)。

『ないんだったら作っちゃえ!!』がポリシーの私は早速男性向けお土産シリーズプロジェクトチーム(?)を結成。(っていってもいつものメンバーだけど・・笑。スタッフの皆さん、あれもやりたい、これもやりたいという、自分勝手に突っ走る私についてきてくれて本当にありがとう・・・)

まずはビールのおつまにに『ペッパーナッツ』。アンコールクッキーにも使われているカシューナッツカンボジア産の胡椒でぴりりっと味付けしました。これがビールにめちゃくちゃ合うんです!!!pepper nuts
カフェプカプカでも生ビールご注文のお客様にはおつまみとしてサービスしておりますので、ぜひお試しください。

ペッパーナッツとアンコールビールのセットも販売しております。beer
これから日本も夏、夏、夏!!ビールがぴったりの季節に突入します。ビール好きのお父さんや彼氏へのお土産にぜひアンコールビールとペッパーナッツをお勧めします!



カンボジアの特産物である『カシューナッツ』。カシューナッツの木って見たことがありますか??

cashew


ひとつの実にひとつのナッツしかつかないんです。贅沢な果実ですよね。この赤い実も食べられますがちょっとしぶいような油っぽいような味で決して美味しいとはいえない味です。

このページのトップヘ