アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2007年09月

すっかりご無沙汰していましたが、バンコク・日本と出張しておりまして、やっとカンボジアに舞い戻りました。
どうしても出張中はブログの更新をする時間がありません。ブログの更新がストップしているときは、『どこかへ出かけてるなぁ』と思ってください。

お店に帰ってきたのでまたスタッフといっしょに頑張ってお店を盛り上げていきます!!

集合写真

35年前の9月13日にこの世に生まれました。
今年のお誕生日も本当に幸せです♪

12日の夜はミッドナイトまでシェムリアップ在住の友人達に囲まれて美味しいお酒を飲みまくりました。みなさん、本当にありがとうございました。お誕生日のカウントダウンの時にみんなに囲まれていた私は本当に幸せです。

13日の早朝からバンコクへ。
ランチはフォーシーズンでバースデーランチ。
フォーシーズンズ幸子ケーキフォーシーズン








ディナーもまたハッピーディナーでした。


モルジブイン幸子モルジブケーキ


何歳になってもお誕生日は嬉しいです。
この世に生まれてきて本当によかった。ありがとう、お父さんお母さん。
そして私のそばにいてくれるみんなに感謝です。

35歳も素敵な1年にします♪

花ちゃんが我が家へ来てから20日たちました。
毎日おてんばすぎて困っていますが、めちゃくちゃかわいいです。


花ちゃん

大きさが分からない!と言われるので携帯電話(10センチ)と並んで写真撮影。
まだまだオチビちゃんですが、パワー全開です!!

日本に一時帰国していた友達が夕べシェムリアップに戻ってきました。早速会いに行ってきたら、たくさんのお土産!!!

なかでも嬉しかったのが・・・・

お守り


『幸』と『恋』のお守り。

九州の人だけど、今回は大阪京都や行き、京都ではお寺や神社巡りをしてきたとのこと。
清水寺で幸子の『幸』のお守り。
えんむすびの地主神社で『恋』のお守り。

ふたつも買って来てくれました。

いつまでも結婚しない私をいつも口ではバカにしながらも、結構心配してくれてるんだなぁと改めて彼の優しさを感じました。いつも無骨でそっけなかったりするけど、本当は心があったかい信頼できる友達。
いっつもダメだしされて、結構落ち込んだりするけど、でもそうやって率直に言ってくれる友達ってなかなかいないし、本当に大事な友達です。

このお守りで35歳は幸せと恋をつかめそうです(笑)!!

と思ったら、さっそく幸せなことが・・・
今朝、出勤してメールをチェックしたらプノンペンへ行ってしまった友人からメールが。私の誕生日が出張中でメールができないから・・・と前もってお誕生日メールを送ってくれていました。朝から嬉しいメールに今日も1日いっぱいパワーをもらいました。

シェムリアップに来て、一番よかったことは、たくさんの素敵な人達と出会えたこと。カンボジアに来て本当によかった。



私の愛用品のご紹介。

虫よけクリーム。

ここカンボジアはいわば年間を通して『夏』ですから、常に蚊がぶんぶんしているので、虫除けグッズは必需品です。(最近は温暖化で日本でも冬に蚊がいるようですが・・・)2年前にデング熱にかかり、10日間も高熱でうなされてから、蚊には敏感だったのですが、今年は特にシェムリアップでデング熱が大流行して、今まで以上に虫よけ対策に気をつけるようになりました。

私が愛用しているのはタイ製の虫よけローション。

虫よけ




この虫よけ、レモングラスの香りなのですが、虫よけとしてでなく、ただのクリームとしてもつけたくなっちゃうほどのいい香り(大げさ?!)。プノンペンではよく売っているのですが、シェムリアップではあまり見かけないので、見つけたときには大量購入。虫よけ屋を始めるのか?!っていうくらい大量に在庫をかかえています(笑)。友達にプレゼントしても喜ばれる一品です。



タイやカンボジアに来たらぜひこの虫よけを!!お土産に喜ばれること間違いなしです。

去年、シェムリアップ郊外にゴルフコースがオープンしてから、在シェムリアップの男性陣の中でゴルフ熱が俄然高まっています。
いつも誘っていただいていたけれど、なかなか一緒に行くチャンスがなかったのですが、私のお誕生日も近いということで『マダム・カップ』などと名づけてもらい、総勢6人でゴルフへ行ってきました。

とにかく気持ちのいいゴルフコース。グリーンとヤシの木と青空が広がってここにいるだけでリフレッシュできる、そんなコースです。
ゴルフ場







ティーショットを打つときに誰かに見つめられている気がしてふと振りむくと、コースの外で牛がじっとこちらを見つめていたり。。。子供達が無邪気に水浴びしていたり。カートに乗りながら『何してるの〜?!』って子供達に声かけると『魚採ってるんだよ〜!!』と大きな返事が返ってきました。

ゴルフ場2









ゴルフの結果はといいますと・・・・・・・・・・・・。結果よりもいかに楽しむかです。これからもっともっと練習してみんなと同等にまわれるように頑張ろうと思います。



韓国マダム

友達に『韓国マダムみた〜い』と写真を撮られながら言われたけど、確かに韓国のおばちゃんのようなファッションの私・・・。この日の夜、バーストリートを歩いていたら、韓国人に『ねぇ、韓国人?』って呼び止められました。
ゴルフウェアではなく、普通にTシャツとスカートに着替えていたのですが・・・。





カンボジアの北東部に位置するラタナキリ州。ラタナ・キリは『宝石の山』という地名通り、宝石の産地です。

カンボジアではルビー、サファイヤ、アメジスト、ジルコン、シトロエンなどの宝石が採れるのですが、その中でも私が好きなのはブルージルコン。カンボジアでは『ラタナキリブルー』と呼ばれています。

ラタナ

3年前、ラタナキリブルーを買いたくてラタナキリまで行き、四駆を借りて山から山を走りぬけ、ラタナキリブルーの鉱山まで行ったことがあるのですが、今はその時に買った値段の5倍くらいの値段になっています。
あの頃はカンボジア人はこの青い石にあまり興味がなく、値段も1キャラット数ドルで買えたのですが・・・・今は値段を聞いてびっくり。。。
2年前くらいに韓国人や中国人などがラタナキリブルーを買占めに動いたらしく、急に値段が高騰したとのこと。
あぁぁぁ、あの時にもっと買っておけば・・なーんてあとの祭り。
でも、3年前に行った時に買った石は指輪にして今も大切に使っています。

女性はなんでこんなに光るものが好きなの?!と自分でも不思議なくらい私もキラキラ光るもの、綺麗なものが大すき。
宝石は見ているだけで幸せ〜な気持ちになるから不思議。
何千年、何万年という時間を地球の大地の中で過ごしている石。地球からの大地からのパワーを何年もの間たくさん吸い取っているから、石の持つパワーはすごいと思う。その日の気分によって石を付け替えるのも女性ならではの楽しみでしょう。
ダイヤモンドとかエメラルドとか、希少価値の石はもちろん値段は高いけれど、石は高いものばかりじゃないので、自分の好きな色とか、石の持つパワーとかで自分なりに楽しめる。

シェムリアップにはあまり宝石はないので、今日はプノンペンから宝石の卸のおじさんに来てもらって、ラタナキリブルーを購入。
せっかくカンボジアにいるのだから、カンボジアストーンのパワーにあやかろうかと思います。


ラタナ2

夕べは大好きなお友達とのお食事でした。カンボジアに来てから8年、不思議な縁でずっとお付き合いさせていただいている大先輩。いつも会う度にたくさんのパワーをくださる、私にとって本当に大切な人。
仕事が忙しくてたまにしか会えなくても、会えば次から次へ話が弾み、尽きることがない。こんなこともやりたい、あんなこともやりたい、いつも前向きで好奇心に満ち溢れているから、一緒に話していてビリビリ、びりびり刺激を受ける。『私もガンガン行くぞ〜!!』ってこちらもパワーがみなぎってくる。オンナ友達ってやっぱりいいなぁ〜。

食事が終わった後に『ゆっくりコーヒーでも飲みたいね〜』ってことになって『HOTEL DE LA PAIX』へ。このホテルは町の中心にあって、雰囲気もよく、ランチタイムにも夕食後のまったり時間にもよく利用させてもらってるお気に入りのホテル。ラウンジに置かれたまるでベッドのようなゆったりソファーで、夜の時間をまったりと堪能しました。

胃腸の調子があまりよくないお姉さまは『紅茶』をオーダー。
こんな感じでサーブされてきました。


アプリコットティー

木のお盆にハスの花もアレンジされて紅茶の横にはクッキーがついて・・・・
私が注文したマルガリータのグラスもオシャレ。

『わぁ〜、カワイイ!!』と二人で感激。こういう綺麗なものを見ると癒される。それに、ものを作り出していく人間として、いい物を見て美しいものを見て自分の感性を磨いていかないといけないと思う。

いつでもデジカメを携帯し、何でもパチパチ写真を撮る私。サーブされたドリンクの写真をひとしきり撮影して、デジカメをしまっていると、横でお姉さまがなにやら紅茶の横についていた小皿の中身を紅茶の中に入れている・・・・。

『それなんですか〜?』と私。
『アプリコットジャムかなにかみたいよ。』と答えるお姉さま。

『さすがデラペ〜。紅茶にアプリコットジャムなんてめっちゃオシャレですよね〜。いやーん、アプリコットティー。すっごい優雅なティータイム♪』となんだか妙に久々のオシャレな雰囲気にはしゃぎまくってた私達。

口に入るものは何でも味をみてみたい、食い意地がはっている私。お姉さまがたっぷりと紅茶に入れたけどまだ小皿に残っていたアプリコットジャムをペロっとお味見。

『む・む・む・む〜!!!これは・・・・・・。カレーの味がします・・・』

そうです。アプリコットジャムではなく、マルガリータのおつまみについてきたチップスにつける香辛料入りのディップだったんです!!!

お姉さまの前には、アプリコットティーではなく、『カレー味』の紅茶が。。。。

久々におなかが痛くなるほど笑いました。
オシャレで優雅な時間は私達には似合わないのでしょうか・・・・・・・。


大笑いしていっぱいしゃべって幸せな夜でした♪








友達が『僕の親戚が水を売り始めたんだよ。工場を見に行かない?』と言うので、ちょっと町から離れた場所にある友達の親戚の家へお邪魔しました。

水を作る工場っていうから大きな建物を想像していたのに、着いたところは普通の民家。
お邪魔したのが、ちょうどお昼時だったので、奥さんが庭先で炭火で豚肉を焼いていて、なんともいえないいい匂いが家の外までただよってきて、思わず肉のほうへつられていっちゃいました。
カンボジアの人達はもてなし上手。『一緒にお昼を食べていきなさいよ』と、とっても自然に誘ってくれる。
カンボジアに来てから8年、ずっとひとり暮らしだし、一人でご飯を食べることも多い私にとって、家族みんなで丸くなってお皿を囲むカンボジア的食卓がとっても羨ましい。料理が一品しかなくったって、皆でワイワイ囲む食事ほど美味しいものはないと思う。

さてさて肝心のお水はお家の庭の片隅で製造されていました。
家内制手工業とでもいうのでしょうか・・・すべてが手作業でのんびりと行われていて、まさにカンボジアスタイル。
横ではお姉ちゃんがハンモッグに揺られて寝ているし、庭先では子供が走り回っているし・・。。。。

水づくり


昔はプノンペンの写真屋さんで働いていたというお父さん。働いて貯めた2000ドルを元手に自分で商売を始め、土地を買い、またその土地を売り、売ったお金でまた大きな土地を買い、そしてその土地を売り、お金を増やしていったそうです。
まさにバブルのカンボジアならでは、土地ころがしでお金を増やしていき、3ヶ月前に2万ドルを投資して水の機械を購入、水販売を始めたそうです。
水販売で得られる利益は1日数千リエル。結婚式シーズンには昔取った杵柄で、結婚式の撮影をしたりしているそうです。


お家の庭にはライム、オレンジ、ザボンの木やパパイヤの木が所狭しと生い茂っていて、食べることには事欠かないっていう感じ。お父さんが木からオレンジをもぎとってくれてお土産に持たせてくれました。とれたてのオレンジで絞った生ジュース、濃厚でとっても美味しかったです。

工場を見学するはずが、なんだかお宅訪問に変わってしまいましたが、ついつい仕事柄、外国人社会、日本人社会の中ばかりでの日常になってしまうので、こうやってカンボジアのお宅にお邪魔する時間って貴重だなぁ〜と感じました。カンボジアの人達の生活、考え方、価値観。そういったものを理解しながら、尊重しながら、この国で生きていかなくてはいけないなぁと改めて思った昼休みでした。


椰子

はぁぁぁ・・・・・・・・・。
笑ったり泣いたり怒ったり忙しい毎日を過ごしております。

今日は朝から清算などで大忙しになる予定だったので、朝6時過ぎには出社。
9時には外回りができるよう、それまでにオフィスで事務仕事を片付けようとバシバシと仕事を片付けて外回りへ出かけていたら・・・・・・・朝から電話が。

知らない番号だったので嫌な予感がしたのですが、まさに予感的中。
第一声が『Ah, クッキー?』。
私の名前はクッキーじゃありませ〜ん!!
ほんとにカンボジア的電話マナーにはいつもムカムカさせられますが、今日はかなりひどかった。
私の名前はクッキーじゃないけど、クッキー屋だからしょうがない『Yes』と答えた。
電話の主はカンボジアのP銀行。

昨日、私はこの銀行で支払いの振込みをしたんです。小額紙幣をたくさん持っていったので、銀行員のお姉さんが紙幣を数えるのに日が暮れるほど時間かかった。でもここはカンボジア、仕方がない、仕方がないと思い、いつ終わるかも分からない共同作業をじっと見守り続けました。銀行が閉まる3時を過ぎ、入り口のシャッターが下ろされてからやっと振込み金額と現金が一致したとお姉さん達が笑顔で私に伝え、振込み用紙の控えを渡してくれました。『お金を振込むだけで日が暮れちゃうわね』なんて厭味も言わずに、笑顔で『オークン』と言って銀行を後にした私。

そんな私に何の用事があってP銀行が電話をしてきたかというと・・・・・。
昨日預かったお金が300ドル足りない。今すぐもってこい。
言葉がでないとはこのこと。昨日、お金を払って、控えももらって、いまさらお金が足りないって・・・・・・。しかも『すみません・・・昨日こちらの数え間違えで・・・』という態度ならまだしも、『君は支払い金額を間違えて払った。お金が足りない。今すぐ来い』という態度。

日ごろ温厚で知られている私(?)も、ここまで言われたらだまっちゃいません。

『私はお金を払った。あなたたちはそれを数えた。それでオッケーと言って控えを渡した。私はその控えを持っている。何がいまさら足りないって?!』
しかも私は外回り中。お客様と打合せをしている時に一方的にまくしたてられて、こちらもカチン!!
『今回のことはあなたたちのミスでしょう。私のミスじゃない。もし必要があれば、あなた達がうちのお店に来るべきでしょう。それに今私は打合せ中で時間がない。』と言って電話を切った。

その後、仕事がひと段落ついたので改めてこちらから電話をかけたら・・・・・・
『お前は忙しいなら俺はお前と話すことは何もない。俺たちはもう知らない。お前の払った金のことは知らない。』ガチャッッっと電話を切られた。

はぁぁぁぁぁぁ?!なんで逆ギレなの???誰のミスよ?!私のミスなの?!もうほんとに開いた口がふさがらなかった。今日は朝からはりきって早起きして仕事をしているのに・・・なんでP銀行さんに私が怒鳴られ、しまいには電話を一方的に切られなくちゃいけないの??

朝から怒り心頭です。。。
でも、人に対する怒りから生まれるパワーはプラスのパワーじゃないので、ここはぐっと我慢我慢。ひ〜ふ〜は〜ふ〜、深呼吸深呼吸。
こんな言い争いはなーんにもいいことを生み出さないよなぁと怒りの後にちょっとへこんでいた私。

3時間後くらいにP銀行の支店長からお電話がありました。
『私のスタッフが大変失礼なことをした。今回のことは完全に私達のミスです。申し訳ありませんでした』と。
そんな風に言われたら『いえいえ、こちらこそ』という話になり、支店長さんにお会いし、また今後とも宜しくという結末になりました。

あまり怒らずに穏やかに過ごしたいものです。毎回反省はしているのですが。。。成長しない私です。









このページのトップヘ