アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2007年10月

最近のわが社は結婚、出産ブームか?!というくらいおめでた続きです。
20代の女性が90パーセントを占めているので当然といえば当然なのですが、店内を見渡せば、妊婦さんがひとり、ふたり・・・・。
こちらの女性は出産ギリギリまでしっかりと働きます。出産が一大事という感覚がないのでしょう。妊婦さんがよく動いている分、安産だという話も聞きます。

最近生まれた製造スタッフリーダーのイアムの息子、トラーちゃん。色白で目がぱっちりでたまらなくカワイイのです。

トラー2

トラーちゃんは毎朝、イアムと一緒に出勤してきて、我が家のハンモックに揺られてn寝ています。カンボジアではハンモックがゆりかご代わり。
私の家と工房が向いにあるため、イアムが仕事をしている間は我が家が託児所。おっぱいをあげる時間になるとイアムは仕事場から我が家へ来ておっぱいをあげて、また仕事に戻ります。

これから間違いなくママさんが増えてくるアンコールクッキー社。ママさんが安心して働ける環境を作っていくことも会社の責任だと思っています。
同じ女性として、女性が働きやすい、女性が働きたいと思う、そんな会社を作っていこうと思います。



アンコールクッキー店で一番人気の商品はなんといっても看板商品である『アンコールクッキー』です。
カシューナッツの香ばしさとサクサクっとした食感、そして何より甘さ控え目な味がお客様にご好評をいただいています。

今年新しく商品に加わったのが、はちみつクッキーと胡椒クッキーと椰子砂糖クッキー。以前から女性のお客様に人気だった蓮茶クッキーシリーズとして3種のクッキーが加わりました。
発売を始める前はカンボジアの胡椒を使ったペッパークッキーが一番人気がでるのでは??と予想していたのですが、ふたを開けてびっくり?!、ダントツ人気ははちみつクッキーでした。
口の中でふわ〜っと広がるはちみつの味がなんともいえないやさしさで、結構あとをひきます。

このはちみつはカンボジア産のはちみつです。

養蜂場の写真。



養蜂所1養蜂所2養蜂所3












カンボジアにも美味しい素材がたくさんあります。そういったものをお菓子に取り入れてカンボジアの特産物を皆様に知っていただけたら・・・・そういうカンボジア特産物の広報係としての役割を担っていける存在でありたいと思います。

やっと新・アンコールクッキー号を手に入れました。
ボロボロの年代物の韓国車を綺麗に塗装して使っていたアンコールクッキー1号。
外から見るとキレイに見えても実は中はボロボロで、故障続き。修理代もばかにならないので、思い切っていい車を買いましょう!とプノンペンへ車購入へ。

アンコールクッキー号





塗装代に300ドルほどかかりましたが、きれいな黄色とロゴが入りました。
アンコールクッキー1号は今年の忘年会の景品になる予定。誰が手に入れるのでしょう??

お店の駐車場でスタッフ4人くらいでしゃべっていたらカワイイ2人組の女の子が『ソーム テン ノム〜!(おばちゃん、お菓子を買ってちょうだい!)』と近づいてきた。
お菓子売りの子供です。

最初はカンボジア人スタッフの周りをうろうろして買ってくれ〜買ってくれ〜と言ってた二人。私がふざけて『プー、ソムチュオイテンノム(おじさん、お菓子買ってあげてよ〜)』とスタッフをからかっていたら、今度はターゲットを私にしぼって二人が近づいてきた。
スタッフも『コアット チア ムチャ ハーン。コアット チュオイ テン ノム チュラウン(あの人はお店のオーナーだからたくさん買ってくれるよ。)』と私を攻撃(笑)。

一生懸命がんばって営業しているので、とりあえず5個購入。1個300リエルだったので1500リエル。お金がなかったのでスタッフに借金(笑)。
『明日60個お菓子を持ってきて。』とオーダーしたら、『60個?!』とびっくり。スタッフが60人いるからみんなで食べるからお願いね。と言ったら大喜び。喜ぶだけじゃなく、ちゃんと配達時間と個数を確認してきたしっかり者。将来うちのスタッフにほしいなぁ〜。




お菓子と子供お菓子1



ちなみにもう一人の女の子は体重計量り屋さん(笑)。体重計を片手に『体重を量りませんか〜』と営業中です。お菓子を買って食べて体重を量るのはちょっと怖いよ〜(笑)。この子も営業熱心で私がお菓子を買っている横で『体重を量れ、体重を量れ』とせがんでくる。さすがに公衆の面前で体重を量る勇気もなく、代わりにスタッフのラタナに量らせたら45キロ。。。。ラタナやせすぎです。もっと食べましょう。


7月〜9月の夏休みシーズンが終わり、お店がひと段落した10月。またまたスタッフみんなで盛り上りました。

スタッフパーティー1スタッフパーティー2







みんな食べるのもそっちのけで踊り歌い盛り上りました。
この子達の笑顔を見ているといつもパワーをもらいます。お店をたちあげて4年目。
仕事というものをしたことがなかった彼らが自分の足でしっかりと自立してお金を稼いで生きている。そんな彼らひとりひとりが今お店を支えてくれている。また来年もこうやってみんなの笑顔を見ていたいし、一緒に笑っていたいと思う。
そのためには頑張って働かねば!!!

パーティー大盛況大盛況2








モム製造スタッフのMs.モム。私の大切な大切なスタッフ。3年前、面接に来た時に一度採用を断った子。その後、『働かせてほしいと』泣きついてきた。複雑な家庭環境にあって、どうしても家を出て自立したい、仕事をくださいと頭をさげてきた子。カンボジアの女の子でなかなかそんなことをする子はいなかった。それだけに気も強いけど
でも本当に根気よく仕事を頑張ってくれている。彼女を見るとついつい頭をなでたくなる。頑張れよ〜、負けるなよ〜、しっかり自立して生きていけよ〜っていう気持ちを込めて。

このページのトップヘ