アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2007年12月

今年最後のブログとなりました。

夕べはわが社の陰の大黒柱、ショップマネージャーの竹森雅代の送別会でした。
1年2ヶ月という短い間でしたが、本当に心が通じ合い、わかりあい、仕事をさせてもらえたことに心から感謝しています。
ありがとう。雅代さん。
激しい私の性格をうまくサポートしてくれて、スタッフをしっかり指導してくれて、この1年、すっかり甘えさせてもらいました。
彼女という大きな存在を失うことはお店にとって私にとってとても残念なことですが、大切な友人がひとり増えたということに大きな喜びを感じています。

彼女を慕っていたスタッフ達は、パーティーでひとりひとり、雅代さんに感謝の言葉を伝えていました。彼らのスピーチもとっても心温まるもので、素晴らしいスタッフに囲まれていることに改めて幸せを感じました。
彼らのさらなる成長を期待しています。


笑いあり、涙ありのとっても温かいパーティーとなりました。

送別会1送別会2









送別会3送別会4








改めて1年を振り返る。
今年の前半は本当に苦しいことの連続だった。へこたれそうになった。あんなに自分に涙があるとは思わなかった。毎日がつらかった。朝が来るのがつらかった。
だけど、抜け出せない苦しみはないのだということを知った。
周りの人にもたくさん心配をかけてしまったけれど、そんな時をそばで支え見守ってくれたことに本当に感謝しています。
本当にありがとうございました。
仕事をしていれば、生きていれば、たくさんの困難や試練がある。でも逃げずに向っていけたのは、自分ひとりじゃなかったから。

来年もまた色々なことが起きるでしょう。
でも、きっと乗り越えていける。

来年もいい年にしよう。
来年もしっかりと目標に向って歩いていこう。
さぁ、今年最後の1日!!がんばるぞ〜!!!!!!


最後に・・・・・・・
大好きなナイスカップル。
いつでもシェムリアップに帰ってきてね。みんな待ってます。
ダンケシェーン!!

ナイスカップル

シェムリアップに博物館『Angkor National Museum』がオープンしました。

場所はアンコールワットへ向う道、ラッフルズグランドホテルの北側です。


博物館外観博物館水博物館ソティア







館内の写真は撮れませんでしたが、クーラーも完備、照明やディスプレイが幻想的に作られていて素敵な空間になっています。
随所随所にスクリーンがあってボタンを押すと映像が流れ、説明も日本語でしてくれる。
オープンして2ヶ月近くがたつのですが、私が行った時はお客さんがちらほらいるだけでガラガラでした。
スタッフと打合せで外出した帰りに立ち寄ったので、じっくり見られなかったからまた休みの日にでもゆっくりと行ってみたいなぁと思いました。

併設されているショッピングモールはまだオープンしていません。

開館時間 10:00〜20:00

www.angkornationalmuseum.com

日本を離れてカンボジアに来てから早9年。

大学進学で群馬を離れてかれこれ17年。

ということは、親元を離れてからもう17年。

人生の半分を親とは離れて暮らしているんだとふと思った。

ひとりでいることにすっかり慣れてしまった毎日。
でも、親がいるから日本に帰れるし、帰る場所があるんだよね。

親がいるのが当たり前、親はいつまでも元気だと思っていたけれど
親元を離れて17年。あの頃の若いままではないんだよね。

我が母は1年に3回はカンボジアへやってくる。
大荷物を抱えてひとりで飛行機を乗り継いで。
私にとったら当たり前のことも、体力も衰えてきている母にとったら
大変なことなんだよなぁと、今更になって気づく親不孝娘。

階段ののぼりおり、荷物の上げ下げ、ひとつひとつが年をとればとるほど
大変になり、今まで当たり前にできていたことがスムーズにできなく
なっていく。

いつも近くにいてあげることが親孝行とは思っていないけれど、何かあってもすぐに駆けつけてあげられないところにいるのはやっぱり心細いんだろうなぁ。


メールができないから、いつもファックスを送ってくる母。
自分のことよりも何よりも私の体、健康を心配してくれる母。
私は若いんだから大丈夫よ、自分のことを心配して!!って思うけど
いつもいつも自分のことより娘のことを考えてくれる母。
私もいつか親になったら母のような母になりたいです。
あなたの娘でよかったといつも思っています。
ありがとう。

母と

『求めよ、さらば与えられん。
 たずねよ。さらば見出さん。
 門を叩け、さらば開かれん。』



年の瀬の今、みんなで今年はどんな年だったか、来年はどうありたいか、どうしたいか、語り合った。
みんながそれぞれ自分をしっかりと持ち、自分がどうありたいかを考えて生きているのを感じて、とっても刺激を受けたし、さらに頑張ろうと思えた。

人の奥深い部分はそんな簡単に分からない。
皆がそれぞれ色々なものを抱えて生きている。
身体的な問題を持つ人も、健康面で問題を抱えている人も、精神的な部分、家族の問題、みんながそれぞれ人には言わないけれど悩みや問題を抱えて生きている。
でも、そんな中で一緒に笑える仲間がいたり、つらい時に励ましあえる相手がいたり、時には弱音を吐ける友人がいるから、救われる、励まされる。
人とのつながりに支えられ、励まされ、日々が過ごせるのだと思う。
日常の小さな幸せを『しあわせだなぁ』と思える自分でいたいと思う。

迷いながらも、不安に押しつぶされそうになりながらも、でも一生懸命自分の信念を持って歩いていこう、来年も頑張ろう。

尊敬できる素晴らしい仲間に囲まれて仕事ができる今の自分の状況を本当に幸せだと思った。


私の信頼すべき女性が言った言葉。
『求めよ、さらば 与えられん』

求めなければ得られない。
何もしないで得られるものはないと思う。
自分が求めることによって手に入る。

一歩を踏み出さなければ、何も始まらない。
自分の手で自分の足で門を開くことによって
物事が動き出していくのだよね。


あなたに逢えて一緒に仕事ができたことは私の一生の宝です。
本当にありがとう。



シェムリアップにも念願のスーパーマーケットが登場します。
2008年3月オープン。
プノンペンにもあるラッキースーパーのシェムリアップ店。

工事中のスーパー内を見学させてもらいました。

ラッキー1ラッキー2ラッキー3








3階建てのショッピングセンターで、スーパーマーケットはもちろん、ハンバーガーショップ、レストランも入ってかなり充実しています。
プノンペンの老舗フレンチレストラン『トパーズ』グループのレストランも入るらしい。パン屋さんのラッキーベーカリーも入るし、今まで以上に食べ物に困らない生活が送れそうです。

私がシェムリアップに来た9年前はレストランもなく、もちろんスターマートもアンコールマーケットもなく、水は市場で買っていたし、レストランもほとんどなく、川沿いの屋台で毎日チャートロクォン(空芯菜炒め)とソムローマチューユーン(酸っぱいスープ)を食べる日々だったなぁ。
川沿いのバイヨンホテルのレストランで食べる食事がめちゃくちゃリッチな食事だった(笑)。バイヨンホテルの赤のチェックのテーブルクロスと薄暗い灯りの中で食べるチャーハンがなんだか妙に美味しかった。。。
あの頃はほんとに時間がゆったり流れている町だったなぁ。。。

この数年のシェムリアップの激変ぶりは本当にすごい。これはいいのか悪いのか。
生活が便利になると失うものもたくさんあるんだよね。

ショッピングセンターは、駐車場も地下に完備。交通渋滞、路上駐車のひどいシェムリアップで今後、駐車場完備でなければ交通は麻痺しますね。

町の中心に位置するショッピングセンター、今後はシェムリアップ中の人間がここに集まりそうですね。来年のオープンが楽しみです。


メリークリスマス@シェムリアップ

クリスマスイブは焼肉クリスマス、焼ニクリスマスでした。

シェムリアップに日本的焼肉屋さんがオープンしました。
メニューもすべて日本語。カルビやタンにロース、ナムルにクッパまで・・・
炭火で焼いていただきます。

焼肉




炭火の煙に包まれたクリスマスイブ。
ロマンティックではなかったけど、笑いがいっぱいで楽しい夜でした。


クリスマスイブの夕べは満月で、夜中に家の屋上に寝転んでいっぱい満月パワーを体に充満しました。今年最後の満月の光をいっぱい浴びてパワー全開です。来年もまた頑張ろう!!

みなさま、メリークリスマス!!

ここカンボジアはま〜ったくクリスマス雰囲気からはかけ離れております。
クリスマスイヴをひとりで過ごすという寂しさとは無縁なので、独り者としてはそれはとても有難い環境です。
夕べ、今日がクリスマスイヴだとは知らずに『明日、焼肉食べに行きましょう〜!』なんてお気楽に声をかけてしまった私。イブに焼肉なんてあまりにもムードがなさすぎですね、反省してます。

クリスマスムードがないのもちょっと寂しいので。。。。クリスマスイルミネーションの写真を。

先日の日本で。。。。日本のイルミネーションは本当に美しいの一言です。冬の冷たい空気には青い光がこんなに合うんですね。感激でした。


クリスマス@日本3クリスマス@日本1クリスマス@日本2







そして、お隣バンコクのクリスマス。
ウィークエンドマーケットで仕入をして、Gパン、Tシャツ、汗だくでひとりで大荷物を引きずっている私にはこの幻想的なロマンティックなムードがあまりにも物悲しく感じました。。。。この日は日曜日で回りはカップルだらけ。
あぁ、早くカンボジアに帰りたい、クリスマスのないカンボジアに〜!!と心の中で叫んでいました。

クリスマス@バンコク1クリスマス@バンコク2

来年こそはロマンティックなクリスマスを過ごしたいなぁ〜と毎年この時期になると同じ言葉を繰り返しています。。。

来年こそはっっ!!

夕べはうちのお店の大家さんの息子の結婚式でした。

22日から2泊でバンコク出張の予定を、なんとか1日で切り上げて
23日の夕方の飛行機でシェムリアップに戻り、大慌てで着替えて結婚式へ。

最近?できたシェムリアップの結婚式場。
以前はレストランで披露宴を行うことが多かったけれど、ここは結婚式のために作られた会場。ものすごい広さで、招待客もざっと数えても500人以上はいたでしょうか。とにかく人、人、ものすごい人でした。

会場1会場2円卓








普段はとーーーっても無愛想なうちの大家さん、しかし、結婚式の前には何度もお店に来て『さちこ、ぜひ結婚式に来てくれて。日本人スタッフ全員を連れて来てくれて。幸子の友達もぜひ。誰でもたくさん日本人を連れてきてくれ』。
日本人、外国人がどれだけ結婚式に来てくれたかが、彼らのステータスになるのでしょう。うちのパティシエ深井は、普段は大家さんの眼中にも入らないほどの扱いを受けているのに、この日ばかりは大家さんがわざわざ握手をして『結婚式へ来てくれ』との招待を受けてました。
ほんとに見栄っ張りな人達。でもそんな分かりやすい素直なところがまた愛すべきカンボジア人なんです(笑)。

大家さんのご希望通り、日本人スタッフを4名とカンボジア人スタッフ2名で結婚式へ行ってきました。
大家さんは私達の姿を見てご満悦の様子。持ちつ持たれつ、こんなことで喜んでもらえるならと、こちらも嬉しい気分になり、和やかな夜でした。

新郎新婦。どうぞお幸せに〜♪

新郎新婦

3
今日はスタッフからサプライズプレゼントをもらいました。

花たば1花束2







ウーマンオブザイヤー受賞のお祝いとして皆からお花のプレゼント。


今回の受賞は私だけがいただいたものではなくて、皆でもらった賞だと思ってます。
だから、私のほうこそ皆にお祝いをしたいくらいなのに。。。
本当にありがとう。みんなの気持ちが嬉しかった。

みんなの力があって今が在る。私一人では何もできないけれど、皆がいてくれてお店が成り立っているのです。

そして、そのお店に来てくださるお客様がいらっしゃるからこそのアンコールクッキーなのです。

実は今日、久々にスタッフを怒鳴り飛ばしたんです。

お昼時が一番お店が混むのですが、そのピーク時間が過ぎて誰もお客様がいなくなった店内をぐるっと見回すと、目につく点があっちにもこっちにも。
まず、商品の補充。お客様が購入されてスペースに空きができているのに補充されていない商品が2点。
それから、ディスプレイの乱れ。お客様が商品をご覧になってまた棚に戻した商品をきれいディスプレイしなおしていない商品が1点。

お客様が帰られたらすぐにやるべき仕事は店内をチェックすること。
トイレのチェック、商品の補充、ディスププレイが乱れていたら直す。。。

お客様にはいつもベストの状態でお買い物を楽しんでもらいたい。常に店内を清潔に、見て楽しい気持ちいい状態でなければいけない。
お客様が帰られたらすぐに店内をチェックすれば、もしお客様が忘れ物をしていてもすぐに気づくことができて迅速に対応できる。
何度も何度も言っていることができていない。

その時、店内には5人もスタッフがいたのに、商品を補充しているのはたった1人。

乱れたディスプレイをさして
『これを見たお客様がきれいだと思うの?』と大きな声でみんなに問いかける。
自分はお会計の処理をしているから、自分はこの商品を袋詰めしているから・・・
それぞれのディスプレイを直していない言い訳が始まった。

言い訳なんかいらないっ!!!

私達にとって、私達のお店にとって一番大切なことは何?
それは何よりも『お客様』。
お客様に楽しんでお買い物をしてもらえるように、このお店に来てよかったって思っていただけるように、ベストを尽くさなくてはいけない。
乱れたディスプレイを見ていい気持ちになる人はいないよ。

何が大事か、今何をすべきか、状況を見て優先順位をつけて仕事ができるようになってほしい。

次のミーティングでもう一度スタッフに話をしよう。
何度言ってもできるようにならないことはたくさんある。
だけど何度も何度も話そう。諦めたら終わり。
正面向いて彼らと向き合って私の気持ちを伝えていこう。今日改めてそう思った。

60人のスタッフ、みんなと出会えて本当によかった。心からそう思ってる。
だからこそ厳しいことも言うし、時には怒鳴り飛ばすこともある。
私の最高の喜びは彼らの成長を見ることだから。

明日からまた私も頑張ろう。私も成長していかなくちゃ。








雨季の明ける11月から4月のカンボジア正月くらいまでが、カンボジアの結婚式シーズン。まさに今は結婚式シーズン真っ只中で、顔の広い人は1ヶ月に5回、6回と結婚式に出席することもざら。間違いなくご祝儀貧乏ですね。。。

どうしてこのシーズンに結婚式が集中するのか。
カンボジア関連の本などには、結婚式には欠かせないお坊さんの存在をあげているものが多い。7月〜10月くらいの3ヶ月間、『ロドゥ チョール ボッサ(雨安居)』の期間は、お坊さんは一ヶ所にこもって修行をし外へ出ないため、結婚式の儀式に僧侶を呼ぶことができないので結婚式が行われないというわけ。

他にも雨季は農繁期で忙しいので、農閑期の乾季に結婚式は集中するとのこと、いかにも農業国カンボジアらしい理由です。

でも、若い世代のカンボジア人に言わせると、今はいつでも大丈夫。雨季でも結婚式をする人はいるとのこと。ただ、結婚式の最中に雨が降ってきたらとお客さんが帰っちゃうし、困るから乾季にやるんだとか。

釈尊の時代に、雨季の期間は草木がしげり、小さな虫や蛇などの小動物がたくさんでてくるので、外を歩くことによって小動物を踏み殺したりして無益の殺生を避けるために、僧侶は外へ出ず、一ヵ所に止住して修行したそうです。これを雨安居、カンボジア語では『ロドゥチョールボッサ』といいます。
隣国タイやラオスなどの仏教国でも同じ習慣があるようですが。

スタッフと朝から結婚式にまつわるそんな話をしていたら、『そうだ、お姉さん、お坊さんのことならソパートに聞いてみよう!!』と皆が大笑い。
製造スタッフのリーダー、ソパートの彼氏はお坊さんだとのこと。
そういえば、この間、皆で呑み会をした時に普段おとなしいソパートが『私の彼はお坊さんです』とみんなの前ではにかみながら言っていた。
今時のお坊さんは彼女も作ってしまうなんて・・・・いったいカンボジアの仏教はどうなってしまうんでしょう。



この結婚式シーズン、わがスタッフの中にも結婚式をあげる子が続々でています。嬉しいことです。幸せになってさらに仕事も頑張ってくれたらさらに嬉しい。

カンボジアの結婚式といえば・・・招待客がとても多い。
日本では親しい友人くらいしか披露宴に招待しませんが、カンボジアではあまり名前も知らないけどちょっと顔見知りの人から、『私の妹の結婚式です。来てください』
なんて招待状を渡されることもよくあります。あなたの名前も知らないどころか、妹さんなんて一度も会ったことがないんですけど・・・・という付き合いでも招待しちゃう。カンボジアでは披露宴に200人、300人とお客さんが来るなんてこともあるわけです。

私の友人(日本人)の話は面白い。
彼女は知らないカンボジア人から突然声をかけられて『あなたの名前は?』と聞かれたそう。『●●』と答えると、その彼はかばんの中から結婚式の招待状の束をとりだしてきた。招待状には全部、招待者名が書いてあったのだけれど、その彼はボールペンを取り出して、他の人の名前をささーと消して、その上に彼女の名前、●●と書いて『はい、私の結婚式、来てください』と招待状を渡してきたそうです。

ちょっとちょっと、それって失礼でしょ〜。でも、こんな適当〜な感じがカンボジアらしくて笑える。


そして、結婚式の披露宴といえば・・・・ここカンボジアでも出会いの場。
女の子達はこれでもか〜!!!というくらいのドレスアップ、そして化粧。。。
ここで素敵な男性に見初められて・・・私も次のウェディングベルを鳴らすの〜♪という夢があるのでしょう。気合の入れ方が半端じゃない。というか、気合をいれすぎて、綺麗になるどころか化け物になっちゃてない(笑)?!
友達の結婚式に行ってきました〜とお店に戻ってきたスタッフ。化粧がすごくてあまりの変わりように誰だかわからなかった。。。




Before

キムサンAfter

化粧オンナ

このページのトップヘ