アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2008年02月

毎度のことながら、スタッフパーティーは飲めや唄えや踊れやで盛り上ります。

いつもみんな仕事を頑張ってくれてありがとう〜!!
今日はいっぱい飲んでいっぱい食べていっぱい踊りましょう!!
かんぱーい!!

の掛け声を皮切りにみんな思いっきりはじけます!!

乾杯1乾杯2






これまた毎度のことながら、お調子者軍団は我先にとステージに上がってマイクを手に熱唱。


お調子者舞台勢ぞろい1舞台勢ぞろい2






日本人の新スタッフ二人も負けてはいません!!
(左)宙を見上げ熱唱する原田 
(右)クメールダンスはお得意の小宮山とソヴァンナラー

原田komi








みんなはステージを囲んでのダンシングタイム。
汗びっしょりになって踊ってます。



スタッフたち1スタッフ達2






年長者の私はさすがに疲れ果てて一番後ろの席から観戦?
みんなの笑顔を見ているのが何より嬉しいのです・・なんて年寄りみたいなこと言ってちゃダメですね〜笑。
でも日頃の疲れも吹っ飛んじゃう楽しい夜でした。




シェムリアップの町はものすごい勢いで変化し続けている。

そんな中に残る変わらない風景。
でも、いつか消えてしまうのでしょうか。不変のものはないのでしょうか。




前を走るバイクのおじさん、何を後ろに積んでいるのでしょう?

鳥






もっと近づいてみましょう。大量のニワトリ。
ニワトリも豚も何でもバイクで運んじゃいます。


鳥2

私の毎朝。

5時30分起床。
私が起きたのを確認するやいなやハナちゃんが飛びついてくるので、寝ぼけた頭でハナちゃんと戯れの時間。
それからお水を1杯飲んでシャワータイム。
6時前後のシャワールームから見える朝焼けが綺麗でこの時間を狙ってのお風呂タイム。ちょっとだけ贅沢な時間。

身支度をして、朝ごはんを作って食べる時もあり、食べずに出勤することもあり。

工房に顔をだしてから出勤する時以外は、7時前にはオフィスへ到着。

私が出勤するといつもお水とコーヒーを持ってきてくれるのはお掃除担当スタッフのスレイラム。
私のお気に入りのクメール陶器のコーヒーカップに挽き立てのコーヒーを入れて、おはようございます!!と元気に運んできてくれる。このコーヒーカップの取っ手は象さんの鼻になっているんです!めちゃくちゃキュート。クメール陶芸を復興している日本人女性の工房で購入した一品。毎朝大事に使っています。


朝のコーヒー






そして、朝のコーヒーのあとには綺麗なお花が届きます!


お花


お店の庭先にある色とりどりのお花からスレイラムが毎朝チョイスして生けてくれるお花。ハイビスカスだったり、ブーゲンビリヤだったり・・・。その日のお花の色で気分も爽やかになったり、元気いっぱいになったり、穏やかな気分になったり。







スレイラム


でも、何よりもスレイラムが毎朝忘れずに届けてくれるお花とスレイラムの気持ちにとっても心が癒されています。毎朝本当にありがとう。




またまたサボり癖がでそうなブログ。
4日ほど日本に行ってきました。

冬には絶対日本に行きたくない!!と思っていたのですが、仕事上そうもいっていられず、やむを得ず?気合をいれて冬の日本に上陸。

到着した日の夜、肌が切れるかと思うほどの風が吹き荒れ、一瞬で風邪をひきそうな勢いでした。。。。

日本に到着した翌朝、外は一面の銀世界。。。雪に触ったのは何年ぶりだろう。

雪景色

風邪だけは引きたくない、体調だけは崩したくないとその一心で気合を入れて過ごした4日間。
とにかく起きていたら風邪を引きそうな気がして寝るのが一番と夜12時前には毎晩しっかり就寝。日本にいてこんな健康的な生活!!

雪は暖かい部屋の中から見ているにはとっても綺麗。
真っ白の富士山は雄大でいて美しく見ているだけで心がすーっとして姿勢がシャンとする気分でした。

富士山

ミーティングの時にはせっかく皆で集まるんだから美味しいものを食べながらミーティングしましょうよ!ということで、最近週1回はランチミーティングを開催しています。

色々なお店のサービスやスイーツを見ることもまた勉強。他を知ることによって自分自身を振り返れることも多くあると思う。

最近ランチミーティングで『Paul Dubrule hotel and Tourism School』のレストランへ行ってきました。

ホテル学校外観ホテル学校レストラン






ここはホテル観光学校という名前のとおり、カンボジアの人達がホテルやレストランで働くための研修を行っています。
ここは学校なのですが、ホテルもレストランも併設されていて、ホテルに宿泊もできるし、レストランでお食事もできるのです。


メニューはその日によって違うようで、本日のメニューのみになりますが、前菜、メイン、デザートが3種類くらいあってその中から選ぶことができます。




ホテル学校料理1ホテル学校料理前菜ホテル学校料理2






隠れ家のような感じで時間を忘れてしまうひと時でした。

わが社では週2回ミーティングを行っています。
製造、販売、オフィス、配達のスタッフのリーダーが一同に会し、それぞれの部署での問題点などについて話し合っています。

週に数時間ですが、ミーティングを行うことによって、リーダーであるカンボジア人スタッフ達の責任感や仕事へ対する意識も高まっているように感じます。

以前は週2回が日本人スタッフ4人とカンボジア人スタッフのリーダー8人が参加してのミーティングだったのですが、ちょっとそのミーティングに変化を与えました。

私はいつの日かお店をカンボジア人スタッフだけで運営できるようにしたいきたいと常日頃考えています。まだまだ年齢の若い我がスタッフ達は頼りないところがたくさんありますが、将来的に彼らがマネージメントしていけるようにしていくことが、スタッフを育てていくことが私の何よりの仕事だと考えて日々動いています。

日本人がミーティングに入ることによって、どうしても日本人主導のミーティングになってしまっているような気がしたので、週2回のミーティングのうち、月曜日のミーティングはカンボジア人スタッフと日本人スタッフに分かれて色々と打合せして、そこででてきた案件をもとに水曜日の合同ミーティングで話し合うという形をとることにしました。もちろん、議事録も作成させています。
カンボジアスタッフのリーダーミーティングをオフィスのドアの外からこっそり聞いていると結構活発に意見を言ったり、普段全体ミーティングではおとないしスタッフの発言が聞こえたりと・・・ちゃんと会議を進行できているようでなんだか嬉しくなります。

どいうった方法が正しいのか、彼らの能力を引き出すにはどうしたらいいのか、日々試行錯誤ですが、彼らが仕事に対してやりがいを感じ、責任感を持たせることができるよう、色々と考えていこうと思っています。





カンボジアで好きなもの。


自然の匂い。
椰子の木しか見えない地平線。
スコール。
呑気さ。
素朴さ。
おせっかいなくらいの世話焼き。
人懐っこさ。



ほかにもいっぱいあるけれど・・・・・・・・

マンゴー

mango






オンバルマテッ(塩と唐辛子)をつけて食べる熟していないマンゴー。
酸っぱさと甘さがうまーく調和してるこのマンゴー。
シャキシャキ感が最高に美味。
お酒のおつまみにも、ちょっと小腹が空いたときのおやつにも最適。

あぁ、食べたくなってきた。

アンコールクッキーショップをオープンしたのが2004年。その頃からずっと一緒に働いているショップスタッフのスレイナエが結婚しました。

ナエは特別にバリバリ仕事ができるわけでもなく、決して目立つタイプではないけれど、いつも地道にコツコツと仕事を続けてきてくれた信頼すべきスタッフのひとり。

結婚式ではまさにカンボジア!!という派手〜な衣装を身にまとい、とびきりの笑顔でお客様を出迎えていました。

ナエと旦那様

旦那様はホテル勤務の青年。いつもお店の前でナエが仕事が終わるのを迎えに来ていました。お父様もお母様も嬉しそうで、皆に祝福されてとっても幸せそうな二人に心からおめでとうという気持ちでいっぱいになりました。






ナエはアンコールクッキーで働く以前は仕事をしたことがなく、友人の紹介で田舎からでてきて、家のお店で働き始めました。
田舎では電卓も使ったことがなく、計算も苦手で、お会計の練習を何度も何度も特訓しました。ありがとうございました!という声も小さく、体育会並みに『声がちいさーい!』と私に怒鳴られ、何度も何度も大きな声をだす練習もさせられました。
電卓が使えず、計算ができない彼女は『私はクッキーを作る仕事がしたい、お店の販売は私には無理です』と泣きながら言ってきたことがありました。
『販売の仕事ができないなら、ナエがやる仕事はうちにないよ。販売の仕事ができないというなら、うちで働くことはできないよ。やめるしかないね。できないからって諦めるんじゃなくて、逃げるんじゃなくて、努力をしなさい。もっともっと頑張って努力をしてからじゃないと私は認めない』と突き放しました。

その後、彼女は頑張りました。必死に頑張って、電卓も使えるようになって計算もできるようになって・・・・今では私よりも早く電卓を打ち、日本人のお客様に日本語で対応し、安心してお会計をまかせられるようになりました。

逃げなかった、諦めなかった彼女だからこそ、私は信頼しているし、大切にしたいと思っています。彼女の努力は本当に素晴らしいと思っています。
私は努力するという言葉が好きだし、努力している人間が好きです。
そして私自身も努力し続けなければと思います。
つらいことがあっても、乗り越えられないように感じる壁があっても、でも、いつも諦めずに逃げずに立ち向かっていける強さを持とうと思います。

ナエ、本当に結婚おめでとう。あなたの笑顔が私は大好きです。
今まで4年間、本当によく頑張ってくれたね。貴女の人生がとってもとってもハッピーなものになるよう、心から願っています。


ナエ

お店でのナエ。結婚式の顔とは別人ですね・・・・笑

すっかりご無沙汰してしまったマダムサチコのカンボジアブログ。
色々な方に『ブログ更新してないけど、何かあったの?だいじょうぶ〜?』とご心配いただきました。本当にごめんなさい!!


仕事やプライベートやもろもろ忙しく、ゆっくりと腰を落ち着けてブログを書く時間がとれずに・・・・1ヶ月近く過ぎてしまいました。

また少しずつ更新していきますので、これからも宜しくお願いします!!

我が家のハナ子も元気です。


hanakohanahana

このページのトップヘ