アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2008年05月

朝、銀行に行く途中で前方にブログネタ発見。

私たちカンボジア在住者にとったら日常の光景ですが、日本からいらっしゃった方がみな一様に驚くのがこれ。

bike2




よく分かりませんか?もうすこーし近づいてみましょう。



bike







点滴を刺し、バイクに乗っている女の子。しかもバイクは4人乗り。

こういう光景に日本人は驚きとともにカンボジアのパワーを感じるのでしょう。
私もカンボジアに来るまでは点滴は横になって安静にして受けるものだと思っていました。

国が変われば常識も変わる。
日本の常識が世界の常識ではないのです。



あぁぁぁ、楽しかった・・・・・・。
夕べはスタッフパーティーでした。
総勢何名だったのか・・・、みんなで食べて飲んで歌って踊って、いっぱい笑った夜でした。
今年の1月で退社したショップマネージャーの雅代ちゃんもたまたま3ヶ月のインド旅行から戻ってきて、今年の3月までの1年間という約束で他の会社から預かっていたドライバーのナットも集合して、懐かしい顔も混じって大騒ぎ。
そして、日本からたまたまいらっしゃっていた取引先の社長さんも参加。一緒に飲んで踊って、とっても自然にみんなと楽しんでくださって本当に感謝感謝。ありがとうございました。
新婚のピロムのだんなさんや、シェムリアップ在住の私の友人も合流して、本当に楽しい夜でした。
大勢で飲んで笑って、それだけで生きてるなぁ幸せだなぁと思える。
こんな日があるから、またがんばれる。みんなが笑ってる顔が一番いい。

みんなのおかげです。ありがとう。

staff party1party2party3






これからバンコクへ飛び立ちます。
しばらくブログ更新ができませんが・・・また出張から戻ったら更新します。

日本の技術でパンを作っている、BBS(BOSCO BAKERY SCHOOL)のパンを今日からカフェプカプカで販売スタート始めました!!

日本の懐かしい味わいを皆様に・・・
メロンパン、くるみパン、ぶどうパン・・・どれも美味しい!!

pan1pan3






でも、私のお気に入りはなんといっても食パンです。
日本の厚切りのふかふか食パン。シェムリアップにある今までの食パンはほとんどが薄くスライスされていて、トースターで焼くとぱりぱりになってしまい、ふかふかの厚切りソフトが恋しかったのですが、その嬉しい味がシェムリアップで手に入るようになりました!!感激です。

厚切りに切った食パンにハチミツをたらしたり、ピザトーストにしたり、これから家で朝ごはんがマイブームになりそうです。

軽く食事をしたい時にはぜひカフェプカプカでコーヒーと一緒に美味しいパンはいかがですか?

皆さんのお越しをお待ちしております!
pan2

田舎へ向かう道沿いにどーーんと大きな建物を発見。以前から立ち寄りたいと思っていたレンガ工場。

『ちょっと中を見学させてくださーい!』と声をかけると、人のよさそうなおじさんが『どうぞ、どうぞ』と手招き。突然やってきた訪問者を不審がることもなく受け入れてくれるのがカンボジア。

レンガ工場概観






灼熱のカンボジア、その中で大釜が何台も稼動して暑さも倍増のレンガ工場。
釜の長さはおよそ50メートルといったところ。その中に1度で40万個のレンガを焼くとのこと。焼き時間は1週間。

釜正面レンガ釜kama







大釜の後ろには山から持ってきたレンガ用の土の山と、焼く前のレンガが積まれていた。


焼く前のレンガsagyooba






山積みになったレンガの横にはレンガ工場に働きに来ている作業員の簡易ハウスが立ち並んでいました。
簡易ハウスといえば、日本ならプレハブハウスを連想すると思いますが、こちらでは乾燥させた椰子の葉で作った高床式の家。

レンガを焼き上げるには連続して1週間、釜に火を入れ続けます。薪で火をおこしている大釜。レンガを焼き続けるために交代で作業員が働いていました。
でも、あくせく働いているというより、みんなの〜んびりした雰囲気。

maki






1年前は1個100リエルだったレンガが、今は1個200リエル以上になったとのこと。
じゃぁ、来年には300リエルになるかもね?との私の質問にオーナーは『オッテアン(わからないよ)』とのこと。
この物価の高騰はどこまでいくのか、本当にオッテアンですね。
建設費もどんどん高くなっていくのに、新しいホテルや家が次々と増えていくカンボジア。
来年はどうなっているのでしょうか。




今日はショップスタッフのピロムの結婚式でした。

いつも先頭に立ってお店で大きな声で元気に明るく接客しているピロム。
ここ数日、結婚式の準備でお休みをしていたので彼女のパワフルな明るい声が聞こえず、ちょっと寂しくもありましたが・・でも彼女の晴れ姿を想い、私までちょっと晴れやかな気分に。

彼女の家はシェムリアップから車で1時間ほどの場所。赤土の道を砂埃を立てて車を走らせていると、前方から大音量の音楽が流れてきました。カンボジアの結婚式、これでもか!!というくらいの大きな音で音楽を流します。日本だったら間違いなく近所迷惑で訴えられるところでしょうが、ここはカンボジア。文句を言う人など誰もいません。それがカンボジアの常識です。

のどかな沿道に突如として現れたにぎやかな結婚式場。ここは新婦ピロムの実家です。カンボジアでは一般的に花嫁の家で結婚式を行います。(都会の人たちはレストランや結婚式場を借り切って披露宴を行う人も多くなっていますが)。


のどか結婚式会場会場






田舎の村では、結婚式はその村のいちだいイベント。村中の人が集まり、子供たちも綺麗に着飾った花嫁さんをうらやましそうに見ています。



お料理も続々登場。


料理1料理2料理3料理4






カンボジアの結婚式では円卓に大皿料理がでてきて、それをみんなで取り分けます。テーブルに置かれたビールで何度も何度も乾杯!!がカンボジアスタイル。
お昼からみんな楽しそうに酔っ払っています。村の人にとってはビールは高価なもの。お祝いの席、みんな嬉しそうにビールで乾杯乾杯の嵐です。

大人たちがビールで酔いしれている横で、村の子供たちは空き缶集めに必死。ひもで上手に空き缶をくくりつけて、落ちている空き缶を競争で拾っていることもたち。

空き缶


無駄口もたたかず、空き缶を集めていた7歳の少年。彼が空き缶集めナンバー1。







そうそう忘れていました(笑)、今日の主役のピロムちゃんです。





ピロムピロム2ピロムとふたりで


結婚前はしおらしくかわいらしく、結婚して子供もできると俄然強くたくましくなるカンボジア女性。しかし、ピロムは結婚前からだんなさんを尻に敷いてキビキビと結婚式をとりしきっていました(笑)。

彼女は絶対にキャリアウーマンになれる素質大。これからの成長が楽しみなのです。

仕事帰りにバイク修理をしている彼と出会い恋に落ちたピロムちゃん。出会いはどこに落ちているか分からないね〜、私もそんな出会いを求めて頑張ります(笑)。ピロムの幸せそうな笑顔を見てこちらまで幸せ気分になりました♪

幸せっていいですね〜。
ピロム、幸せになるんだよ〜。



みんなで

4年前にカンボジア人スタッフ2人を雇って3人でスタートしたわが社。お金もなかったので、町のはずれに一軒家を借りて会社をスタートさせました。
お店兼工房兼自分の住まい。
小さなお店だったから、いつもみんなの顔が見られて、すぐに話ができて、家族のようにいつもみんなが近くにいました。

あれから4年。2人だったスタッフも60人となり、工房とお店とカフェとにわかれみんながそれぞれの部署、離れた場所で仕事をするようになり、昔のようにいつでもみんなの顔がすぐ近くにあるというわけにはいかなくなりました。

そんな中で、スタッフ同士のコミュニケーションがうまくいかなかったり、私の意向がうまく伝わっていなかったり・・・大人数になればなるほど、ひとつの会社としてのまとまりを作ることの難しさを実感。

今までのようにファミリー的な感覚では無理がある、私の個人商店のような感覚で、情に流されるようなことをしていたらまとまりができないなぁ・・・と思いながらも、それでもやっぱり情に流されている自分がいたりして。そんな葛藤の日々でした。

会社設立4年目にして、やっときちんとした社則を作り上げました。
カンボジア人スタッフと何度も何度も話し合い、練り直してできあがった社則。

shasoku1shasoku2







スタッフひとりひとりと面談し、社則を渡し、会社組織の中で働くということとは・・何のためにこの社則があるのかを説明し、これに基づいて働いていくということを理解してもらったつもりでいた。

でも・・・何のために社則を作ったのか!!という出来事が起きるんですよね。
まったく理解されていないのか、理解しているけど、『だってしょうがないじゃな〜い』という感覚なのか・・・まったくもって私のほうが理解不能。

はぁ・・・。。。
今日もこれからスタッフとじっくり話し合いです。
カンボジアの田舎からでてきた女の子に、会社というものは、組織として働くということは・という意味を理解してもらうことは簡単なことではないのです。
でも、そのへんをおろそかにしているとまとまりがなくなる。しっかりと話し合ってお互いの妥協点を見出さなければと思います。

ここはカンボジアだから日本の感覚を押し付けてもうまくまわらないと思う。でも、カンボジアの感覚だけで仕事をしていたら会社としてまわらなくなると思う。そのあたりの葛藤と戦いながら、でも一緒に働く以上お互いが歩み寄ろうとする努力が必要だと思う。

話し合えばきっとうまくいく。お互い一緒に働きたいと思っているのだから。私も彼らと一緒に働きたいし、彼らも一緒に働きたいと思ってくれている。だからこそ向きあってじっくり話し合わなければ。

さぁ、今日も頑張るぞ!







日本の春、桜が咲くのを心待ちにする声があちこちで聞こえます。
海外にいる私たちも、『あぁ、もうすぐ桜の季節だね。桜が見たいなぁ・・』なんていう話を毎年のようにしています。
日本人にとっての桜。美しく、はかない桜は日本人の心を魅了してやみません。

今年はたまたま4月に日本に行く機会があり、ぎりぎりでしたが桜を堪能することができました。9年ぶりの桜。

さくら







日本が桜を楽しんでいるころ、カンボジアはお正月ムードで盛り上がっています。カンボジアのお正月は4月。隣国のタイやラオスと同じです。
4月はカンボジアがもっとも暑くなる時期。1年で一番の酷暑の季節です。

カンボジアで迎えるお正月も9回目となりましたが、私が毎年お正月がくるなぁ・・4月だなぁ・・と感じるのはこの燃えるように咲き乱れる赤い花を見るとき。

火炎樹火炎樹2カエンジュ











真っ青なカンボジアの空に、炎のように真っ赤な花を咲かせているのは日本語で『鳳凰木(ホウオウボク)』または『火炎樹(カエンジュ)』と言われる木です。
カンボジア語では『クガォ』。
花の形が鳳凰(中国の伝説上の鳥)に似ていることから、鳳凰木と言われているそうです。

この真っ赤な花は街路樹などにも多く植えられていて、この花が咲き乱れているのを見ると、酷暑の4月5月の到来だなぁと感じます。

今年も今が盛りとばかりに真っ赤なクガォの花が町中を鮮やかな赤で彩っています。真っ青に澄み切った青い空に、クガォの赤い花と緑の葉が南国の美しさをさらに際立たせているこの景色。

その国それぞれに独特の自然があり、美しさがある。
忙しい毎日だけれど、美しい自然を感じる時間を大切にしたいと思います。

カンボジアで働き出して今年で10年目。

10年にしてやっと姉ファミリーが初来カンボジア。
家族4人でGWを利用してやってきてくれました。

振り返ってみれば、10年前、私がカンボジアへ赴任する少し前に、姉に一人目の子供が誕生した。小さくてかわいくて、ずっとそばで成長を見守りたい、そう思ったけれど、カンボジア行きが決まって、かわいいかわいい姪っ子とは離れ離れ。

その子が今はもう小学校4年生。
歩くこともしゃべることもできなかった、小さな小さな赤ちゃんだった女の子が、飛行機に乗り、すっかりお姉ちゃんになってカンボジアにやってきた。

10年という月日を実感。
子供の10年の成長はめざましく、泣くことしかできなかった子が言葉をしゃべり、歩き、考え、自分の意見を言えるようになっている。
当たり前なのだけれど、成長を実感する。

姪っ子とカンボジアで再開し、自分の10年間を改めて振り返った。
私はこの10年で何を考え、何を成し遂げ、どんな幸せを周りの人とわかちあえただろうか。何を感じ、何を学び、どんな成長ができたのだろうか。

私の10年のカンボジアでの歩みと、彼女がこの世に誕生してからの歩み。
あなたの成長に負けないように、私もこの国にしっかりと足をつけて頑張るよ。
久々のカンボジアでの再会に、そんなことを考えた夜でした。



夏樹&悠太@そふぃてる夏樹&悠太@そふぃてる2


朝出勤したらお店の金庫がこんなことに!!!


kinko2









なーんていうのは冗談です・・・。
私の使用している金庫は、普通の鍵とダイヤルの鍵の2重ロックになっているのですが、ダイヤルキーのナンバーを忘れてしまい金庫が開けられなくなってしまいました・・・(涙)。
この金庫を使用しているのは私だけ、他の誰にもダイヤルナンバーを教えていなかったので、どうにもこうにも開けることができず、最終手段、金庫を壊すこに・・・。

この破壊作業の大変なことといったら。。。
泥棒が入っても金庫ごと盗まれない限り大丈夫だろうなぁと思えるほどの頑丈さ。何時間もかかってやっと金庫の破壊作業終了。

kinko1kinko3



スタッフの皆様、私のミスでご迷惑おかけしました。
本当にすみません。
金庫の壊し方、勉強になりました(笑)。



出張から帰ってきた翌日、出勤するとボレイがいつものにやけ顔でオフィスに入ってくる。
『ボーン(お姉さん)、おはようございまーす。』
『おっ、ボレイ、元気か〜?私の留守中、夜遊びしすぎてなかったか〜?』と私。

『夜遊びなんてしてません。仕事が終わったらまっすぐ帰ってます』。
そして、またニヤニヤ。

『ボーン、僕は昨日、チーズスフレを作ったんですが食べてみてくれませんか』。

『おー、持って来〜い!!ボレイが作ったならもちろん食べるよ』。


日本人お菓子職人の深井からお菓子作りの指導を受けているボレイ。深ちゃんに怒鳴られながらも頑張ってるじゃない?!



ボレイ


実は私、現在ダイエット中。というか、今日からダイエットに入ろうと意気込んでた矢先の先制パンチ!!
さすがボレイ。絶妙なタイミングでやってくる(笑)。


でも、スタッフが頑張ってるのだから『わたし、ダイエット中だからぁぁ〜』なんて言っている場合じゃないのです。心を鬼にしてぱくっと一口。



チーズケーキ


美味しかったです。ボレイのチーズケーキ。
一歩一歩しっかりと技術を身につけていってください。
将来、あなたが一人前のお菓子職人になることを楽しみにしています。

このページのトップヘ