アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2008年07月

最近の私の元気の源。

coconut






『トゥックドーン』、ココナッツジュースです。
カンボジアでもっともポピュラーな飲み物といえるココナッツ。お水にはないほのかな甘さがスポーツドリンクのよう。
カンボジアでは、熱を出した時や病気の時には『ココナッツジュースを飲みなさい』とお医者さんが言うほど重宝されている飲み物。


最近、体調のすぐれない私を気遣ってスタッフの一人が毎日私の冷蔵庫にココナッツをひとつ入れておいてくれている。
毎朝起きて朝ごはんの準備に冷蔵庫を開けると、どーんと大きなココナッツがひとつ冷た〜く冷やされているのです。
ココナッツの栄養もさることながら、スタッフの優しい心遣いに、毎朝今日も頑張ろう!と気持ちが引き締まります。

今日ももちろんココナッツジュースをぐびぐび飲んで出勤。
日本だったら牛乳をぐびぐびといったところでしょうか。


カンボジアに来たらぜひ冷えたココナッツジュースをお試しください。暑い日差しの中、ちょっと甘味のあるココナッツジュースは体の疲れをとりのぞいてくれることでしょう。




カナダのケベックで開かれているユネスコの世界遺産委員会で日本が申請していた『平泉の文化遺産(岩手県)』が登録見送りになった。
2008年の遺産候補は47件、審査件数に対する登録数は年々低下、審査は厳格化しているようです。

カンボジアが世界遺産に遺産登録を申請している『Phrea Vihear(プレアビヘア遺跡』。
こちらはほぼ登録が決定しそうな様子です。
このプレアビヘアはタイとカンボジアの国境にある山の山頂にあるクメール遺跡で、タイ語では『カオ・プラヴィハーン』と呼ばれています。

国境に位置する遺跡だけに、領有権をめぐってカンボジアとタイは長年争いを続けてきましたが、1962年に国際司法裁判で『プレアビヘアはカンボジアに属する』と裁定されました。
このような判決がくだったからには、カンボジアの遺跡と言っていいのだろうが、やはり領土問題というのは難しい問題で、これが世界遺産ともなればなおさらのこと。タイ側は今もこの判定を受け入れずに今にいたっています。

そして今回、カンボジアがプレアビヘアを世界遺産登録に申請することになり、その際にプレアビヘア周辺の未確定な国境についてタイと協議し、タイ政府は6月17日に国境画定を認可したのですが、詳細を明らかにしませんでした。
これに対して野党側はカンボジアでのビジネスの利権と引き換えにカンボジア側に有利な国境画定に譲歩したのではとバンコクでは抗議集会などが開かれ大きな問題となっていました。

明日には確定するであろうプレアビヘアの世界遺産登録の結果。

何千年も昔からタイとカンボジアは領土争いを続けているが、国境という境い目をが存在する以上、これからもどこの地においても同じことが繰り返されていくのでしょう。

『世界遺産』とは世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約に基づいて、遺跡や景観、自然など人類が共有すべき普遍的な価値をもつもの。

アンコール遺跡群も1992年に世界遺産に登録されている。
人類が共有すべき価値のある大切なものを、カンボジアがカンボジアの宝として大切に保護し、そのすばらしいクメール文明の誇りを忘れずに、次の世代へ引き継いでいってほしいと心から思います。

出張だったりなんだったり・・でここ2週間ほど、リーダーミーティングを欠席していたのですが、今日は久々に出席。
毎週2回、それぞれの部署(オフィス、クッキーショップ、カフェ、工房、ドライバー)のリーダーが集まり、ミーティングを行っているのですが、2週間ぶりに出席した活気あるミーティングにちょっと感激でした。

経営者として、そんなことに感激している場合じゃなく、もっと実務のほうにビシバシと手腕をふるわなければいけないのでしょうが、スタッフの日々の成長ぶりを実感できる幸せ。
みんながひとつの方向へ向かって、色々な意見をだしあって、よりいいものを目指して仕事をしている姿は本当に嬉しい。私にとってこれ以上の喜びはないんだなぁ。。

忙しい時、どうしても人は自分だけが大変、私はこんなにやっているのに・・・と思いがち。
工房スタッフは暑い中、1日中クッキーを焼き続け、残業までしてその日のノルマを焼き上げている。
お店のスタッフは朝から晩まで元気な声とスマイルでお客様を迎え、お客様が店内にいなくなるやいなや、トイレチェック、店内のゴミチェック、忘れ物チェックを瞬時に行い、商品の補充、そしてまたすぐにお客様がいらっしゃる。常にお客様に快適な空間をご提供できるように店内を走り回っている。
オフィススタッフは毎日の売上管理、仕入管理、在庫切れを起こさないよう業者への仕入れを行い、ドライバー達も荷物の運搬、店舗や工房の修理作業で日々力仕事をがんばってくれている。
そういう一人ひとりの力があっての会社なんだということ、みんなの力があるからこの会社が存在しているのだということ、みんな、それぞれが頑張っている、ひとつの会社で働く者同士、自分が大変な時はみんなも大変なんだ、だからこそ助け合って頑張ろうという本当に単純で当たり前のことを私は大事にしたいと思っている。


『ソティア(オフィススタッフ)は頭を駆使し、ソパート(工房スタッフ)は毎日クッキーを焼き、ソニー(ショップスタッフ)は大きな声をだして頑張って、僕達男性スタッフは力仕事に汗を流している。みんなそれぞれの能力を発揮してそれぞれの役割を果たしているんだ。だから大変な時はみんなでお互い助け合おう』
そんな言葉がスタッフの口からでてきた。
そして皆が笑顔でそれに応え、またそこから色々な意見が出て、笑いがでて、あっという間に2時間のミーティングが終了。

2年前、3年前、4年前、彼らがうちの会社に入ってきた時に考えることもなかったことを彼らは自分自身で考えるようになった。自分の頭で考え、どうすればよりよいか、どうすればより効率的に仕事ができるか、考えるようになった。
人間ってすごいなぁと思う。

彼らのいいところをどれだけ引き出せるかが私の仕事。
それぞれの持つすばらしい能力をうまく引き出せるかどうかは私の能力次第。

こんなすばらしいスタッフ達と新しいビジネス展開について語り合っている時が何よりも楽しい。冗談言って笑いあってるときが何よりも幸せ。

正直、大変な時期もあった。いいときばかりじゃなかった。だけど、今はその時をスタッフと一緒に振り返ることができること、あの時は本当に苦しかっただろうに、『あの時は大変だったけど、それを乗り越えて、今はもっと仕事がしやすくなったし、楽しい』と笑って言ってくれるスタッフがそばにいてくれること、こんなに心強いことはないし、何でも乗り越えられるような気がする。

明日もまた忙しい1日になりそうです。
みんなで頑張ろう!










シェムリアップに帰ってきました〜!!

といっても、ブログを更新していなかった期間ずっとシェムリアップを離れていたわけではないのですが・・・・・・・・。ブログはただ怠けていただけ。

新店舗のオープン準備や日本、バンコク出張等々・・・バタバタした日々を過ごしておりましてすっかりブログをさぼっていました、ごめんなさい!

ちらっと日本に行っていて、昨夜シェムリアップに戻ったのですが、飛行機を降りた時にはカラッと晴れ上がっていたのに、入国手続きを済ませ荷物を受け取って空港建物の外へ出たらどしゃぶりの雨・・・・・。
『え〜っ、ついてない』なんて思ったら大間違い。
カンボジアでは『歓迎の雨』と呼ぶのです。
絶妙なタイミングでのスコールに、『あぁ、やっぱりシェムリアップは待っててくれたんだ、私の帰る場所はここなんだなぁ』と勝手な妄想にふけってしまいました(笑)。


今朝は愛犬の花と一緒に朝のすがすがしい空気の中を歩いて出勤。
毎日欠かすことなく道路を掃いているおじさんや黒い犬の飼い主のおばちゃん、道すがらいつもの顔が、いつもの笑顔がそこにあって、すごく嬉しい気持ちになる。
『今日は車じゃないのか?』〜『うん、今日はダイエットのために歩いて出勤!』
『ハナが寄り道してるよ、ついてきてないよ〜、大丈夫か?』などと途中途中でおしゃべりをしながらの出勤。
こういうカンボジアのあったかさが好きで、カンボジアの人たちの世話好きさが居心地がよくて、この地で暮らしていきたいって思ったんだよなぁ。。。
朝の数分だけれど、気持ちのいい空気の中、たわいもないおしゃべりに幸せを感じる。私はここが好きだなぁと思う。


今日も1日が終わり。
明日もがんばって働こう!


みなさん、ご心配おかけしました。




このページのトップヘ