アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2008年12月

2008年が今日で終わります。

今朝は朝一番に出勤し、お店の屋上にのぼり、今年1年を一人振り返りました。
あれもこれもこの1年にあった出来事か・・といろいろな事が蘇り、ぎゅっと詰まった充実した1年だったことに本当に感謝の気持ちがあふれてくる。

一番大きな出来事は8月28日の新ショップのオープン。
アンコールクッキーショップのオープンは自分ひとりでのスタートだったけれど、今回はたくさんのスタッフが一丸となって動いてくれた努力の結晶。

私が動かなくてもスタッフが考え、話し合い、実行に移してくれた。オープンの喜びは一人でクッキーショップを立ち上げたときよりも感慨深いものがあった。

2003年11月には私ひとりだったお店に、いまはたくさんのスタッフが働いてくれている。5年という月日の流れの中に忘れられないたくさんの出来事があった。
みんなで笑った日もたくさんあったし、一人で泣いた日もあった。
ひとつひとつの経験が自分自身を少しずつ成長させてくれているのだと思う。

こうやってここに存在できている今という時間を大切に、出会えた人達とのご縁を大切に、これからの毎日も大切に生きたいと思います。

今日もたくさんのお客様がご来店くださっています!
今年最後の1日、はりきっていきまーす!


来年もみんなで笑顔で仕事ができますように。



ankorwato&staff

今日はクリスマスイブ。常夏のカンボジアでも町は少しだけクリスマス気分。


HOTEL DE LA PAIXのクリスマスツリー

クリスマスツリー1













Lucky Mallのクリスマスツリー(動くサンタさんもいます)

クリスマスツリー2













昨日の夜、バーストリートで可愛い音楽隊がクリスマスソングを歌っていました。
Family Care Children というNGOの子供たち。素晴らしいパフォーマンス力と可愛らしい歌声。

クリスマス1クリスマス2









夜のバーストリートにいる人達の心を和ませてくれました。
世界的に不景気で観光客も去年に比べめっきり減っているシェムリアップですが、子供たちの笑顔とパワーに元気をもらった気がします。


皆さんもどうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください♪

アンコールクッキーショップにてカンボジア産の米粉で作ったドーナツの販売をスタートしました!!

goody1














ココナッツドーナツ、パイナップルドーナツ、マンゴードーナツなど、フレッシュなフルーツを使ったドーナツです。
米粉で作っているのでもちもちっとした食感が特徴で、普通のドーナツよりも腹持ちがいいと好評です。

1個3000リエルで販売中。


遺跡の行き帰りや、夜ホテルでちょっと小腹が空いたときにいかがでしょうか。

昨夜は毎年恒例のバーベキューパーティー@アンコールクッキーでした。

日頃お世話になっている在住の皆さんをご招待して年末にお店で焼肉パーティーを始めてから早4年目。
今年も80人くらいの方が集まってくださって、とってもとっても楽しい夜を過ごすことができました!!

お越しくださった皆様、ありがとうございました。



BBQパーティー



今年はバーベキューだけでなく、パティシエ深井がデザートビュッフェをご用意しました。女性の皆さんにはプリンが大好評でした。








子供たちは綿菓子に夢中!!

わたあめ








カンボジアに来たときにはみんな独身だったのに、結婚し、子供が産まれ、次の世代が育っています。
そして次の世代たちがまた友達になり、輪を作っていることにとても大きな時間の流れを感じ、また改めてこうやって皆で楽しい時間を持てることに幸せと感謝を感じました。



お開きになったのは夜3時過ぎ。楽しい時間はあっという間です。
縁あって出会えたみなさんとの時間、本当に大切にしたいと思います。
来年もまた皆で楽しい時間を過ごせますように。

2008年もあと10日。悔いのないよう大事に過ごしたいです。




そういえば、先日我が家でお鍋をしました。

じゃ〜ん!!

水炊き☆

nabe鍋







お鍋はカンボジアの土鍋ですが、中身は和、ジャパニーズ!

普段の食事は100パーセント外食です!と豪語していますが、実は意外と料理上手(笑)?!
な〜んて、野菜とお豆腐、肉団子をお鍋につっこんだだけの簡単料理。
しかしお鍋ほどヘルシーで美味しく、バリエーションも豊か、そしてなにより簡単という料理はないのではないでしょうか。
みんなで食べればさらに美味しい。



お鍋の味に『うちの母親の味とおんなじだ〜』と感激され、『それってプロポーズ?!』と突っ込んだけど流された悲しい夜(涙)。

いつの日か素敵な殿方に真剣にプロポーズされたいと思いながらも早○年。『来年こそは結婚します!』と毎年宣言している年末もそろそろ近づいてきた。
みんなに聞き飽きたといわれ続けているこのフレーズ。もうそろそろ封印したいものです。。。。



話はそれましたが・・・・・・・・・・

カンボジアのお鍋、『スップ チュナン ダイ』もとっても美味しいですが、白菜にねぎ、白滝、しめじ、しいたけ、鶏肉、肉団子。
ポン酢をかけていただくお鍋、あぁやっぱり日本人。なんともいえず美味しかった。
あの日はスペシャルデーだったので、バンコクの友人が『八海山』を携えて駆けつけてくれました。
お鍋と日本酒。最高のコンビが集結した美味しい夜でした。


大事な友人が赤ちゃんを授かったお祝い。大事な友人がこの世に生まれたお祝い。
ダブルお祝いでハッピーな夜。


みんなが笑顔で今日も1日過ごせますように。
毎日ご先祖様と神様にお祈りしてます。

















2泊3日でカンボジアの首都、PNHOM PENHへ出張。

シェムリアップとは雰囲気がまったく異なるこの町は何度来ても自分にはしっくりこない町。2日、3日はシェムリアップにはない少し都会の雰囲気を楽しめるのだけれど、それ以上になると早くシェムリアップに帰りたいなぁといつも思う。

それでも滞在中、友人といった『THE PALACE』にはちょっと驚き。
10階建てのビルの屋上がオープンテラスのバーになっていてとってもおしゃれな雰囲気。川から吹いてくる夜風がなんとも気持ちいい。

ビールが4ドルとお値段は高め。音楽がもう少し静かだったら言うことなし。

PNH night


屋上テラスからの眺め。
ライトアップされた独立記念塔。

今住んでいる家は一軒家で、2007年8月に引越してきた。
うちの会社の工房の目の前で、お店までも歩いて10分もかからない好立地。
大家さんもとてもいい人達で快適に生活させてもらってます。

今日はうちのお庭紹介。
植木の大好きなうちのおじさんは毎日庭の手入れを欠かしません。



パパイヤとバナナ、カンボジアの家には定番の果物でしょうか。


ぱぱやバナナ













マンゴーライム












マンゴーの木とライムの木。
まだどちらも実をつけていませんが・・・・。



チョムポーmikan







みかんとチョムポー。
チョムポーは日本語でなんというか分からないけれど、さくさくっとした食感の緑の果物。




食べ物ばっかりじゃなくて、お花もたくさん咲いています。


ライム













ほとんど家にいないので、あまり庭をゆっくり眺めることもないのですが、たまに早く帰ったときとか、休みの日とかにおじさんと庭散策をするのも楽しい時間。





うちのおじさん。

おじさん


会社を始めてから5年、ずっと一緒に暮らしてる門番さん。
おじさんがいるので日本に行ったりバンコクに行ったりプノンペンに行ったりと家を空けても安心なのです。





12月も半分を過ぎ、今年も残すところあとわずかです。
意味もなく?心が躍るクリスマスもあと1週間でやってきます♪

アンコールクッキーショップでもほんの少しばかりクリスマスムードを演出。
常夏のカンボジアにクリスマスは似合わないかもしれないけれど。。。やっぱり気持ちだけでも盛り上がりたいのです。


cookies house


アンコールクッキーの生地で作ったお菓子のお家。お菓子の家に憧れた子供の頃を思い出します。










そしてクリスマスといえばプレゼント!!!
アンコールクッキーショップでもクリスマスギフトにぴったりの可愛いアクセサリーをご用意しました☆


ele ring frontele

女性の大好きなモチーフ、象さんの指輪です♪





象さんの鼻としっぽがリングになっている他には見ないデザインです。
頭にのった王冠には、ターコイズ、ブルートパーズ、ガーネット、ラピスラズリ、ムーンストーンなどきらっと光る宝石が。

『月の石』ムーンストーン。月は女性の象徴で、女性をサポートしてくれる石。この石を持っているとやさしくおおらかな愛情で満たしてくれるといわれています。

深紅のガーネットは大切な人との不変の愛を願う人に。大切な彼女との深い絆を誓いたい人はぜひ彼女へのクリスマスプレゼントに。

仕事に頑張っている女性へはターコイズを。危険やトラブルから守ってくれる、ネガティブなエネルギーを払いのけてくれるパワーがあります。

そして『聖なる石』と言われるラピスラズリ。邪気を払い、幸運を呼び寄せてくれる
美しい青い石。
もともとブルーが好きなのですが、2009年はラピスラズリを持つといいと言われて、私も早速ラピスを購入しました!!


石には不思議なパワーがありますが、まずは自分が直感で気に入ったものが一番なのだと私は思います。

この象さんリング、なんといってもキュートなのが後姿。

ele hip





ぷりん♪としたお尻がなんともいえず可愛いのです。




ジュエリーを眺めているだけで幸せな気分になってしまうのは女性の特権。
男性の皆様、クリスマスプレゼントをお忘れなく(笑)!!



ueki
象さんがお店の前でお客様をお出迎えしています♪

夜9時過ぎ、車に乗って家に帰る途中。
昨夜はちょっとしたハプニング発生?!


我が家は大通りからちょっと中へ入っていくところにあるので、夜になるとあまり人通りがなくなる道。
我が家まであと200メートルほどのところで突然車が
『ガラ$#>!ガラ*&%ガガガガガ!!!』と異常な音を立て始めた!




  *******  パンク *********


タイヤ









うわ〜ぉ!と思い、車を降りるやいなや、集まってくる見物人(笑)。
その中でも一番に駆けつけてくれたポリスの制服を着たお兄さんふたり組。
この二人に本当に助けられました。

車にジャッキが積んでなかったので、家に電話して門番のおじさんに持ってきてもらう。
裏道だから周りは真っ暗。人もぜんぜんいなかったのに、どんどん集まってくる野次馬たち。
おじさんが工具を持ってきてくれるまで、野次馬さんたちとしばしおしゃべり。
一緒に食事をしていた友人たちに『今日も楽しかったです!ありがとうございます!』などと暢気に携帯メッセージを送ったり。

門番のおじさんがあわててバイクに乗って登場。


先述のポリス二人組み。工具が揃うや、すぐにタイヤをはずし、暗闇の中もくもくと作業をしてくれる。

おまわりさん




本当に手馴れたもので、あっという間に作業が終わり、ぼろぼろになったタイヤを車に積むところまで手伝ってくれた二人。

カンボジアでも自分で車を運転しているけれど、車の構造なんてまったく分からないし、動かなくなったり、パンクしたりしてもお手上げ状態。
でも、カンボジアは人が困っていたらみんなが当たり前に手を貸してくれる。仕入で田舎へ行ったり、遠出したりしても、不安がないのは何かあってもきっと誰かが助けてくれるよなぁという安心感。


そんな他人まかせじゃいけないのかもしれないけれど、でもそう思わせてくれる安心感がカンボジアっていいなぁと思える。
もし、夜道で車が止まっていても『変な人だったら怖い』と思ってきっと日本では立ち止まれないだろうなぁと、昨夜裏通りのカンボジアの暗い道でふと考えた。



みんながお互いに助け合って生きていく、困っている人がいれば自然に手を差し伸べられて、感謝の気持ちをきちんと表せる、そんな当たり前の社会が消えていってしまいそうな日本だけれど、感謝とか義理とか人情とか、日本人らしい感性を失いつつある日本だけれど、失わないために自分は何ができるのか、何をしなくてはいけないのか・・・・・・・。
何も言わずにもくもくとパンクを修理してくれている優しいふたりに出会い、そんなことを思った夜でした。











最近自転車を買いました。

そして昨日初乗り。あまりの爽快さにはまりそうな予感。

今朝は早速出勤前にアンコールワットまでサイクリング。

アンコールワットまで自転車で行けてしまう、こんな環境で暮らせることに改めて幸せと感謝の気持ちを感じる。


ワットの朝1ワットの朝2

このページのトップヘ