アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2009年01月

シェムリアップの町外れ、トンレサップ湖へ向かう道沿いは今はプロホック作りの最盛期。
プロホックとは簡単にいうと小魚を塩漬けして発酵させたもの。食にかかわる仕事をしている以上、カンボジアの食には興味あり。旬の時期にプロホック作りをしっかりと見ておこうと今日は時間が空いたので行ってきました。

プロホックについては後日ふれることにして・・・・・・今日のナイスガイをご紹介。
大人たちがせっせとプロホック作りに専念している横に、なにやら必死な小さい背中を発見。

『オーン、なにしてんの〜?』と声を掛けても振り向きもせずにせっせと作業に夢中。
やっと振り向いたら、嬉しそうに『クラエン!!(凧)』

nice guy







カンボジアでも子供たちは凧揚げが大好き。
そこらへんに落ちている棒とビニール袋で作った手作りの凧。
大空に高く高く羽ばたくといいねぇ〜。
お兄ちゃん達に負けるなよ〜!

時々無性に食べたくなるものがある。その名はドリアン。
カンボジア語では『トゥーレン』。

ドリアン1








濃厚でクリーミーな果物の王様。大地で育った果物がこんなにも独特の香りと濃厚な味を持っているなんて、初めて食したときの驚きといったら。。。。
嫌いな人と好きな人が極端に分かれるこのドリアンですが、私は間違いなく、極端に好きな派です。


ドリアン2






カンボジアでは1年中、ドリアンを食べることができますが、やはり旬はこれから、4月〜6月くらいのドリアンが一番美味しいのではないでしょうか。

観光客でいらっしゃった皆様、ぜひカンボジアのドリアンを召し上がってください。本当に美味しいです。
シェムリアップではスーパーではドリアンは売っていませんが、道端の果物屋さんにたくさん並んでいます。
おいしそうなドリアンを丸ごと1個選び、お店の人に頼んで殻を切ってもらって、中身だけ発砲スチロールのパックにつめてもらいましょう。
言葉が通じなくても、身振り手振りで殻を切るまねをすれば、大丈夫!ぜひトライしてみてください!


カンボジア人ももちろんドリアン大好き。
満面の笑みを浮かべながら、ドリアンに向かうソバンナラー。


ドリアン4




みなさんは新しい年を迎えるにあたり、何か新調しましたか?

新年にお財布を新しくしたらいいとか、新しい下着を身に着けるといいとか、お箸を新しくおろしたり・・・色々ありますね。

私は本日新しいパンツ(といっても下着ではなく、ズボンのほう)をおろしました。そしたら『そのパンツ素敵ね』と早速ほめてくださる方がいて・・・・小さなことかもしれないけれど、見てくれている人がいるということは幸せなことで、単純な私はとても嬉しくなりました。


そして今日は服に縁がある日なのか・・・・

12月にプノンペンに行ったときにサンポット(カンボジアスカート)用のホールという絣風のカンボジアシルクを買い、年末にテーラーさんに仕立てを頼んでいたのですが、取りにも行かずにいたので、何度も『出来上がったよ〜、試着しにいらっしゃい』という催促の電話を受けていました。


そして本日、出来上がったカンボジアスカートを試着に行ったのですが・・・・。

オーダーした時はテーラーのおばちゃんとお店のお姉ちゃんとカンボジアの芸能週刊誌のような雑誌をめくり、『これがいいんじゃない?首周りはこっちのほうが素敵よ、背中はこんなに開けたらセクシー過ぎでしょ』とかあーでもない、こーでもないと言いながらデザインを決めました。

『ちょっとフリフリが着いてたほうが可愛いんじゃない?』と襟元にフリルをつけるのを勧めるテーラーのおばちゃん。
『いやぁ、さすがに40間近でフリルはやばいでしょ?』と、ちゃんと年齢の自覚症状がある私は拒否したのですが、少しだけつけた方がぜったいきれいだ!と言い張るおばちゃんの押しに負け(フリルにちょっと惹かれた自分もいて)、じゃぁ、少しだけこの辺にフリルつけてくれる?と年齢も省みずオーダーしてしまいました。

出来上がりが・・・・・・・・
まるで、売れない女芸人みたいな安っぽい衣装に仕上がりました(笑)。
一緒に行った友人と大笑い。


カンボジア衣装1




これを着て1月中旬、日本に上陸予定です。

カンボジアに来て10年。日本のお正月からはすっかりご無沙汰しています。

10年前、カンボジアに来たばかりの頃はクリスマスはもちろん、1月1日のNEW YEARもイベントはまったくなく、クリスマス気分もお正月気分もゼロの年末年始を過ごしていたものです。

最近は観光地としてずいぶん発展してきているので、各ホテルではガラディナーが催され、大晦日の夜にはあちこちで花火が打ち上げられていました。

とはいっても、カンボジア人にとってのお正月は4月。今日は祝日ではあるけれど、彼らのお正月ではないですし、観光業に携わっている私たち日本人も1年でもっとも忙しい時期なので、いつもと変わらず、仕事仕事の1日を過ごしています。

そんな風に毎年お正月気分に浸ることはまったくない1月1日ですが、唯一の楽しみが日本食レストランで用意してくれているおせち料理やお雑煮。
別に日本にいたらそんなに有難くもなく、三が日を過ぎても食卓にあがるおせちの残りに『またおせち〜・・』とえらそうに文句まで言っていましたが。。。

普段は日本に帰りたいなんてまったく思わないし、カンボジアが大好きで居心地がいいのに、やっぱり日本を感じられるものに触れると心がほっとするというか、落ち着く。

今年もいつもお世話になっている日本食レストランでおせちとお雑煮をいただきました。あぁ、幸せ。縁起物ということでお屠蘇も少々。。。




おせちお屠蘇






新しい年の始まり。







今日は今年お初のリーダーミーティング。
彼らはもちろん雇用されている立場だけれど、会社側の視点で考え行動しようとしている彼らの姿に少しずつ自分の手を離れている部分を感じて嬉しくなる。

成長している彼らの姿を見ると、『果たして自分自身はどれだけ成長しているのか』と疑問に思う。日々自分を高める努力をしているかどうか。これからの夢を実現するための一歩を踏み出しているのか。
目の前の仕事に追われるだけの2009年ではなく、目的意識をしっかり持って毎日を過ごそう。やりたいことは先送りではなく、今やらないときっと後悔する。今やれないことは後でもやれない。

2009年は決意の年。私はやります。




皆様、明けましておめでとうございます!!
(スーォスダイ チュナム トメイ)←カンボジア語


『変』の2008年が終わり、2009年がやってきました。
今年は世界中が金融危機に陥り、不景気の波が押し寄せながらの年越しになりました。ここカンボジアでもバブっていた土地の値段も下がり始め、店舗を見つけるのが困難だったシェムリアップでも『For Rent』の看板をあちこちで見るようになりました。

日本のニュースを見ても、暗いニュースが多く、この先世界はどこへ行くのか・・・多くの人が先行きに不安を持ちながらの2009年の幕開けです。

ただ、この世の中に不平不満を言っていても誰かが手を差し伸べてくれるわけではなく、自分自身が行動を起こさなければ何も変わらない。ひとつの物事をマイナスにとらえるか、プラスにとらえるか、それは自分の気持ちひとつ。人生生きていれば色々なことがおきる。いいことも悪いことも。つらいことも悲しいことも。でも、その出来事をいかにプラスに転換するかは自分次第。

今ここに生きられる幸せ、当たり前と思っている毎日に感謝できる気持ち、そういうひとつひとつを積み重ねて毎日があり、自分がいる。
今朝は早起きして自転車でシェムリアップの町を走りました。朝のすがすがしい空気を吸って、アンコールワットへ続く緑の茂った大きな木から生命のパワーを感じ、すれちがった人と笑顔をかわす。そんなことが幸せだなぁと思いました。

今自分が置かれた状況をいかに楽しみ、天から与えられた使命を全うするか。自分がこの世に生まれてきた使命、天命。天命を知り、それに尽力する。


そんなことを考えながら、シェムリアップの風を感じながら今朝は自転車を走らせました。

そろそろ8時。スタッフが続々と出勤してきました。
毎朝のことですが、笑顔で大きな声で『おはようございます!』とみんなと挨拶を交わせること。変わらぬ笑顔がここにあること。本当に幸せです。


2009年の幕開けです!
今年1年も今日という日を毎日毎日大切に生きようと思います。








夕べ大晦日の夜にシェムリアップで打ち上げたれた花火

hanabihanabi3

このページのトップヘ