アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2009年08月

9月のギフトショーへ向けての準備があわただしくも着々と進んでいます。

カンボジア人スタッフ2名も生まれて初めてパスポートを取得しました!

passport get











シェムリアップではパスポートの申請ができないため、プノンペンまで行って申請。さらに待たされ待たされ、一か月近くかかってやっと取得できました。日本みたいにはっきりした期日が決まっていないのでいつできるかちょっと心配でしたが無事手元に届き二人とも嬉しそう。
5年ぶりくらいにプノンペンのパスポートセンターに行きましたが、溢れんばかりの人・人・人・。以前は閑散としていたのに、海外へ出ていくカンボジア人がそれだけ急増したということですね。

パスポートが出来上がり、すぐその足で日本入国のビザを取るために日本大使館へ。二人とも大使館に入るのは初めてでかなりの緊張の様子。

私たち日本人にとってビザを取って行かなければならない国はそれほど多くないし、空港で取得できるところも多いので、海外へ出るのは国内旅行くらいの気軽さになっているけれど、カンボジアの人たちにとってこのビザの申請は自分が審査されているといった感じで、きっとドキドキだったことでしょう。

大使館ではシェムリアップから来た私たちを考慮して下さってか、申請の翌日にはビザを発給してもらえたので、1泊でシェムリアップに戻ってくることができました。

さぁ、日本入国準備が整いました。日本上陸まであと2週間です!

三大陸コーヒーに続いての新商品は・・・・

TROIS CONTINENTS TEA SET 〜トロワコンチネンツ ティーセット〜

ベトナムの蓮茶、ラオスの高原緑茶、カンボジアのレモングラスティー

3種類のやわらかな香りのお茶の詰め合わせギフトセットです。

trois tea set1







3種のお茶はそれぞれ特徴のある香りと味わいですので、ぜひ3つの味をそれぞれ
お楽しみください!!
ラオスの高原には家族で経営しているお茶農園がたくさんあり、それぞれに味わいが
違い、何種類ものお茶を味わいました。
その中でもこれぞ!!と思うお茶を厳選し、トロワコンチネンツのティーセットとしてパッケージしました。

lao tea factory1

ラオスのお茶工房







コーヒーセットとティーセット、どちらもパッケージに工夫を凝らしています。
女性の皆様にはきっと喜んでいただけると自信を持っての新発売です。
どんなパッケージなのかは・・ご購入していただいてからのお楽しみ♪
ということで、販売スタートするまでは秘密です。
どうしても気になる方はこっそりとメールでお問い合わせください。


トロワの新シリーズはすべて9月8日〜開催される『東京ギフトショー』で
新登場致します。お時間のある方はぜひお越しください。
ギフトショー入場には招待券が必要となります。
招待券を希望される方は info@angkorcookies.com までご連絡ください。
ただし、数に限りがございますのでご了承ください。


トロワの新シリーズが満を持して続々登場です!!

インドシナ三国、ベトナム・ラオス・カンボジア。
3つの国の持つ、美しいアジア、伝統のあるアジアをめいいっぱいお洒落に
引き出した商品づくりを進めてきました。
雑多な混沌としたパワー溢れるアジアの雰囲気が個人的には大好きですが
トロワでは女性が身近に感じられるアジア、女性が楽しめるアジアを
イメージしてセンスのいいアジアの雰囲気を作り出しています。

家族でホッと一息できるお茶の時間。大切な人と過ごすコーヒータイム。
トロワのコーヒー&ティーセットでより素敵な時間をお過ごしください。


KHMER ANGKOR FOODSの新ブランド〜TROIS CONTINENTS〜。
三大陸を意味するこの名前の由来は

ベトナム
ラオス
カンボジア


雄大なメコン川が流れ込むこの3つの国、
インドシナ三国といわれるこの3つの国、
3つの国のいいものを集結させてしまおうと
いうところから始まりました。


この三国に共通するもの、

悠々と流れる大河メコン。
mekong








フレンチコロニアルといわれる建物。
そして私たちが目を付けたのは コーヒー

三つの国のコーヒーを集めて作ったTROIS CONTINENTS COFFEE

trois coffee set1

3つの国を旅するように三大陸コーヒーをお楽しみください。

来月の東京ギフトショーで新登場です!!






バンコク出張から帰ってきました。

といっても、16日の朝シェムリアップを発って、17日の夜には帰ってくるという
1泊2日の強行軍。
最近の出張はこんなのばっかりですね。月に1,2回はバンコクへ行ってます。

ギフトショーに向けて製造を進めている新商品のパッケージのサンプルが17日に
出来上がるということで急遽バンコクへ。
ギフトショーは9月8日〜だからもう時間がないというのに、まだ完成していな商品。でもこの時間がないけれど、それに向かってみんなで必死に作り上げている感っていうのがまた刺激的で面白い。日本のように何でも時間通り、約束通りに行かないからこそ、出来上がった時の感動が最高なのです。

16日の日曜日はウィークエンドマーケットで買い出し。今回はカフェで使うグラスやカップなどの重たくて割れやすい商品ばかり。一人で重い荷物を担いで暑い市場を歩き回っていると時々無性にさびしくなる。ここ2,3ヶ月はどこへ行くにもわが社の(陰?の)大黒柱のこみちゃんが一緒に歩き回ってくれていたので、すごく心強かった分、一人になったら余計にさびしく感じる・・・・これも歳のせいか?!
今まで5年間、いつも一人でバンコクを行ったり来たりしていたのだから、何てことはないはずなのに、やっぱり人は誰かに一度頼ってしまうと、一人でいることに寂しさを感じるのね。
恋愛にも通じるかも。いつも一緒にいた人が急にいなくなったら心にぽっかり穴が空く。一緒にいた時にはどれだけ大切な存在かが当たり前すぎて気づけなくなってたりして、でもいなくなった時に気づくんだよね〜。もう遅いのに。いい歳して同じ失敗を繰り返している自分・・・・。
というか、この『いい歳して・・』という言葉もとても微妙な言葉。60歳になった人でも『私、いい歳してこんなことしちゃった・・』なんて言うわけですよね。人間、きっといくつになっても『いい歳して』と思うわけですよ、きっと。
人間は生きている限り、失敗して傷ついて少し成長して、でもまた失敗して。。。と繰り返すのでしょう。そんな失敗を一緒に乗り越えて行ける人がそばにいたらきっと幸せなのでしょうね〜。

さて話は元に戻ります。


17日は朝から工場へ。バンコク市内から車で約1時間。工業地帯の中にある印刷工場。新しい商品を見るのは、まるで子供が生まれてくるかのようにわくわくする(子供が生まれた感動を知らないくせに・・・スミマセン)。

今、うちのお店でじわじわ人気沸騰中の商品『バナナチップス』。
今はペッパー味しかお店に並んでいませんが、実は3種の味で新登場予定です!!


banana chips factory

うちの商品のパッケージ、紙箱のものはすべてカンボジアの印刷工場で製造しているのですが、アルミパックの印刷となるとできるところが見つかりません。結局、バンコクやベトナムへ発注をかけることになります。不動産投資などばかりへ目を向けるのではなく、ぜひ物を生み出す工場がカンボジアに誕生することを願ってやみません。








この工場のタイ人オーナーは30代の女性で、同年代ということもあり、いろいろと話が盛り上がりました。彼女の妹は日本へ7年も留学経験があり、彼女も日本には興味がある様子。彼女自身はアメリカ留学経験者で英語が堪能。

『日本で暮らしたいと思わない?』との私の質問に『まったく思わない』と即答。
日本人は働きづめで、ストレスフルな毎日を過ごしているイメージ。私にはタイのほうがのんびりと仕事ができてずっと生活しやすいわとのこと。
日本へ行って働きたいというタイ人がたくさんいて、反対にタイへ来て暮らしたいという日本人がたくさんいるのが現状。みんな自分のいる場所以外がよく見えるのかしらね〜?と。

本当に自分が今ある場所以外のところに憧れを持つのは人間の性でしょうね。まさに『隣の芝は青い』ですね。

でも私には大都会のバンコクよりも、住み慣れた日本よりも、シェムリアップが一番。
昨夜も飛行機がシェムリアップに着いて、迎えに来てくれたスタッフの顔を見てホッとした。空港から車に乗って10年以上も住んでいる見慣れた街並みを見ながら『あぁ、帰ってきた』と思う。

自分を生かしてくれているこの場所を大事にしたいなぁとしみじみ思う。














会社を起業してから初めて日本の展示会へ出展することになりました。

【東京インターナショナルギフトショー2009秋】
 日時;2009年9月8日(火)〜11日(金)
 会場;東京ビックサイト
 http://www.giftshow.co.jp/tigs/68tigs/index.htm

gift show








毎年2回開催されているこの展示会、2008年度の実績では
200,000人もの来場者がありました。出展企業も2000社以上にのぼります。
私たちが出展するのは【インポートギフトフェア(アジア・アフリカ・中南米からの輸入雑貨】というセクション。


わが社立ち上げの頃からずっと頑張ってくれているスタッフ2名も
(Mr.ラタナ&Ms.ソニー)一緒に日本に行き、展示会のブースに立ちます。

海外へ出るのはもちろん初めてです。パスポートを持つのも初めて、飛行機に
乗るのも初めて!!初めてだらけの彼らの日本上陸、いったいどうなることでしょう。
今回はもちろん弊社製品のマーケット拡大の意味もあるのですが、
日本のお客様を相手に仕事をしている彼らに日本という世界を
実際の目で見て体験してほしいという思いが一番にあります。

シェムリアップという小さな社会の中で【美味しい、いい商品だ】と言われて
満足することなく、世界にはたくさんのすばらしい商品、美味しいお菓子が
あるのだということを知り、日々向上できるよう共に努力していきたいと
思っています。

カンボジア発の製品が世界を羽ばたく日に向けての第一歩。

ギフトショーに向けて新製品が登場予定です。現在、追い込み作業中。
後日、ギフトショーに先駆けてブログでご紹介いたします!






新商品が完成しました!!
会社を立ち上げてから、毎年、必ず新商品を発売してきましたが、
今回のクッキーはかなり気合を入れて開発してきた自信作です。

プノンペンのオープンに合わせて限定発売した【MADAM SACHIKO COOKIES】は
ライム味、ココナッツ味、タマリンド味のカンボジアン・テイスト・クッキー。
もちろんわが社の工房で手作りで焼き上げています。

MadamSachiko Cookies








去年末くらいから、『シェムリアップのお土産屋』という枠から一歩飛び出し、
カンボジアのお菓子メーカーとして認められるような会社になりたいと
少しずつ新商品の開発を進めてきました。

カンボジアのマーケットに行くとたくさんのお菓子が並んでいますが
そのほとんどが、タイや中国、韓国など近隣諸国からの輸入品。
カンボジア製品はほとんどありません。カンボジアのマーケットに
カンボジア国産のお菓子を並べる、カンボジアから逆に近隣諸国へ
輸出できるような商品を作る、それを目標に私たちの会社は動いています。

現在、プノンペンショップのみで販売している『MADAM SACHIKO COOKIES』は
従来のわが社の方針通り、カンボジアの素材を使った手作りクッキーです。
あくまで自然の素材にこだわり、添加物や保存料などは一切加えず
子供たちにも安心して食べてもらえる、そして何より美味しさにこだわって
作りあげました。

ココナッツクッキーはさくさくとした食感が特徴。フレッシュなココナッツを
自社工房でローストしてクッキーの生地に練りこみました。

ライムクッキーはシェムリアップの農家から直送してもらったみずみずしい
ライムを使っています。ライムのさわやかな酸味は女性に大人気です。

タマリンドクッキーは自社工房で作ったタマリンドペーストをクッキー生地に
練りこんでいます。タマリンドはダイエットにもいいといわれる木の実。
繊維質がたっぷりでプルーンによく似た果物です。独特の酸味は一度食べると
やみつきになる美味しさです。

3種ともおやつにはもちろんですが、女性の朝食にぴったり!!!
コーヒーと一緒にビタミンCたっぷりのライムクッキー、繊維質たっぷりのタマリンドクッキー、ミネラル豊富なココナッツクッキーをぱくっと一口。
朝の忙しい時間にぴったりの朝食です。


今年は続々と新商品を発売する予定です。
ご期待ください!!!



lime cookies

プノンペンショップ、〜TROIS CONTINENTS〜三大陸が無事オープンしました。


outside shopcafe & shop


カフェとショップが併設した落ち着いた雰囲気の空間となりました。









ラオス・ベトナム・カンボジア、メコンの国々から買い付けた商品が
アジアンムードたっぷりに並んでいます。





zakka





shop


お店の場所はプノンペンのBoueng Keng Kong(バンケンコン)にあります。
63通り、CHAMPS-ELY SEES (シャンゼリーゼ)ホテルの斜め向かいです。

明日、2009年8月8日にカンボジアの首都プノンペンに新ショップを
オープンします。

4年前の2005年8月8日に現在のシェムリアップのお店をオープンしました。
やっと首都プノンペンに進出することができました。

ショップ名は【TROIS CONTINENTS】〜トロワ・コンチネンツ〜
フランス語で【三大陸】という意味です。
インドシナ三国と呼ばれる、ベトナム・ラオス・カンボジアを
一度に味わってもらえるような商品を取り揃えています。

ショップに併設するカフェでは、インドシナ三国のコーヒーを
お楽しみいただけます。
特にお勧めはラオスコーヒー。今年の初めにラオスのコーヒー農園を訪れ、
その豊潤な味わいに感激し、このコーヒーの美味しさを皆さんに知って
いただきたいと新商品開発に挑みました。
インドシナコーヒーの詰め合わせギフトセットも新登場です。

さらにさらにこれから次々と新商品を登場させていく予定です。

シェムリアップとプノンペン、それぞれ違った味のあるお店にしたいと
思っています。どうぞよろしくお願いします。

このページのトップヘ