アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2009年10月

boat race1


今日から始まる水祭りのボートレース。町が賑やかになってきたので、お祭り好きの血が騒いできました。朝からシェムリアップ川沿いを自転車で一周して、水祭りの準備をしている人たちを冷やかしてきました。
この時間はまだボートレースの出場者が練習したり、川沿いの屋台出店者の準備段階ですが、日が沈み、涼しくなってくる夕方から大賑わいになることでしょう。

11月1日〜3日までが『ボン オム トゥーク』(Water Festival)。
今年は11月2日の夜中過ぎが満月となります。満月に手を合わせてスタッフと大切な人たちの健康と幸せを願いたいと思います。




年間の祝日が日本よりも10日以上多いカンボジア。

10月末は連休がいっぱい。明日31日は前国王シアヌーク国王の誕生日で祝日。
11月1日〜3日は水祭り。4日は振替休日。
5連休の始まりですが、うちは年中無休のサービス業。連休ですが仕事です。。。

水祭りといえばボートレース。
シェムリアップ市内の中心を流れるシェムリアップ川でもボートレースが開催されます。そのシェムリアップ川沿いで10月31日〜11月2日までの3日間、『TRADE FAIR』が開催され、わが社も出展します。ぜひお時間があったらのぞいてみてください!
buy cambodia product












同じく10月31日にアンコール日本人会主催の盆踊り大会も開催されます!!

日時;2009年10月31日(土)午後5時〜8時10分
場所;BOREI ANGKOR RESORT & SPA (ボレイアンコールホテル)

のど自慢大会やメコン太鼓の演奏、各種屋台もたくさん出店されます!
こちらもぜひお立ち寄りください。
(ちなみにわが社はスーパーボールすくいとアイスクリームを出店します)

bon dance festival

国境にある『プレアヴィヘア』遺跡の所有問題で今も決着がつかないカンボジアとタイですが、カンボジアはこの度めでたく世界遺産委員会のメンバーに選ばれたそうです。
10月23日からパリで行われていた世界遺産条約締約国総会で30カ国が12議席を争っていましたが、カンボジアはスイスに次いで2番目に選ばれたとのこと。

国内に1000以上もの遺跡を持つカンボジアが次に世界遺産登録を狙っているのが、12世紀後半にジャヤバルマン7世によって建造されたバンテァイチュマール遺跡(BANTEAY MEANCHEY州)と7世紀前半の前アンコール時代の首都に建造されたサンボープレイクッ遺跡(Kampong Thom州)。


去年、プレアヴィヘアが世界遺産に認定された時のカンボジアの人たちの喜びようは大変大きなもので、確かシェムリアップでも花火が打ちあがった記憶があります。でも喜びもつかの間、タイとの紛争に入ってしまったことは本当に悲しいことです。プレアヴィヘアが建造されたのは1000年くらいはるか昔のこと。その間ずっとカンボジアとタイの国境に存在していたわけです。陸路で何時間もかかる国境地の山頂にある遺跡ですから簡単にはいけませんが、それでも多くの観光客が訪れ多くの人を魅了していました。
それが、世界に認められた途端、国家紛争になってしまい、治安の問題から訪れる人もめっきり減ってしまいました。そこに暮らしていた住民にとって嬉しく誇らしい出来事であるはずの世界遺産登録が、逆の効果をもたらす結果になっていたらこんな悲しいことはないのではないかと思うのです。



(カンボジアとタイ国境で戦争が起きているわけでも撃ち合いが起きているわけでもありませんのでご安心ください。しかも観光客の方がいらっしゃるアンコールワットは国境から何百キロも離れた場所にあります。)

カンボジアの世界遺産といえば、言わずと知れた『アンコールワット』ですね。
世界遺産というと多くの方が耳にしたこともあり、よく知られていますが、『無形文化遺産』って聞いたことがありますか。

〜無形文化遺産とは慣習、描写、表現、知識及び技術並びにそれらに関する器具、物品、加工品及び文化的空間であって、社会、集団及び場合によってはっ個人が自己の文化遺産の一部として認めるものをいう(無形文化遺産保護条約)〜

世界遺産が遺跡や景観、自然などの形のある不動産であるのに対して、こちらは無形の文化に対して認められるものです。
今までにユネスコから『人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言』として認められた日本の無形文化遺産は能楽、人形浄瑠璃、歌舞伎です。

そしてカンボジアの伝統芸能である『宮廷舞踊』と『影絵芝居』もユネスコ無形文化遺産として選定されています。

と、ちょっと難しい話が長くなりましたが・・・このクメールを代表する伝統芸能である『影絵芝居』、カンボジア語では『スバエク(牛革)・トム(大きい)』がシェムリアップで上演されました。


kagee1







カンボジアの影絵芝居は、牛の皮で作った1メートル以上もある手足の動かない人形を使います。写真の中で男性が持っているのがスバエク・トム。写真でもお分かりのようにとても大きな牛革に繊細な彫刻が施されています。

通常は夜間に行われ、大きなかがり火で照らされた白い布に人形の影を映し出して上演されます。古くは仏教寺院の祭礼などで上演された神聖な伝統芸能で、今でも上演の前には必ず神々への祈りが捧げられています。




DSC02037








今回は雨期ということもあり、ホテルの中での上演でしていただきました。カンボジアに住んでいてもなかなか見る機会のない影絵芝居を、1997年からカンボジアで影絵芝居と深く関わってきている福富友子さんの日本語解説付きで堪能することができました。
福富さんといえば、カンボジア語【ゆびさし会話帳】でお馴染みの方ですが、ティー・チアン一座という影絵劇団に入団し、影絵遣いを学んだ日本人のスバエクトムの第一人者ともいえる方です。影絵芝居は当然ながら語りがクメール語のため、なかなか外国人にはその面白さが理解できないことが多いのですが、今回は日本語で説明を聞きながらの鑑賞で、今まで分からなかったスバエク・トムの世界をよく理解することができました。

DSC02058






今回、公演後に影絵芝居の一座を応援している福富さんにお話を聞くことができました。カンボジアが誇るべき伝統芸能であるにもかかわらず、もちろん国からの補助もあるわけではなく、一座の収入源は公演料のみ。といっても公演に呼ばれる回数も年に数回しかないとのこと。一座のメンバーのほとんどは昼間はバイクタクシーをしたり、他の仕事で収入を確保しているそうです。

このカンボジアの伝統を守り続けている影絵芝居の『ティー・ティアン』一座が11月には日本公演を行います!!12年ぶりの再来日公演です。
ぜひぜひお時間がありましたら足を運んでみてください。


東京公演:2009年11月26日(木)19時〜 @アサヒアートスクエア
川崎市公演:2009年11月21日(土)15時〜@川崎市国際交流センター
レクチャーデモンストレーション:2009年11月23日(月)13時〜@東京芸術劇場

その他にも兵庫県(伊丹アイフォニックホール)宮城県(東京エレクトロンホール宮城)でも公演されます。詳しくは(財)現代人形劇センターのホームページをご覧ください。
http://www.puppet.or.jp/puppetArchives/entryarchive/part15.html

プノンペンから来た友人との久しぶりの再会で楽しい夕食。
女が二人寄りあえば次から次へと会話が続きあっという間に3時間も
過ぎてしまいました。ほんとに楽しかったです。ありがとうございました。

男性と二人の食事も楽しいけれど、女同士のガールズ(?)トークほど
パワフルで刺激的な時間はないと思う。
男性と二人での会話は性の異なる人間の考え方や物事の捉え方など
参考になることも多く、女性からの視点では思いもつかない発見を
させてもらえるのでこれもまたとても面白い。
(・・って男性との食事でもっとム〜ディ〜な会話にならないから
いつまでたっても婚活中)。

でも女性同士だと、かなりのぶっちゃけトークができてしまう気楽さがあり、
また一方で自分に重ね合わせて考えてしまう本気トークや人生論など
話が尽きない!
そして話が尽きない一方で、胃袋のほうも尽きない(笑)。

二人で前菜2皿〜メイン2皿をぺろりと平らげ、さらにはデザートも食べよう!
ということになり、私はマカロン、友人はアイスクリームを注文。

子供のような店員さんに、『アイスは何があるの?』と聞くと、うーんと
首をかしげながら、『バニラとチョコレート。』。
え?それしかないの?そんなことないでしょう?と突っ込んでも
バニラとチョコレートを繰り返す。

埒が明かないのでマネージャーの女性を呼んで再度同じ質問を。
『ラズベリー、パッションフルーツ、マンゴ・・・』と次から次へと
出てくるアイスの種類。逆にバニラとチョコレートはないらしい(笑)。

それなのに、さっきの店員さんは横で平然と聞いている。
『ちょっとちょっと、バニラとチョコレートだけじゃなくていっぱいあるじゃない?
しかもバニラとチョコレートはないじゃない』って突っ込んだら
間違えたことを謝るでもなく、すごーい素敵な笑顔で
『だって私は働き出して2日目よ♪』とピースサイン(2日目ということらしい)
で答えてくれた。

間違えたくらい何ともないさ。だって2日目だもの。知らなくて当然でしょ。
恐るべしカンボジア。さすがカンボジア。
ちょっとこの精神、見習いたくなった。


2days

日々、疲れることは多し。

昨夜の出来事。
工房の責任者からの報告。
大真面目な顔で『今日は工房で問題がありました』と。
問題!なんて聞けばどきっとする。火を使う作業なだけに『事故でも起きたか?!』
とどきどきしながら報告を聞いたら・・・・

『今日は在庫が少なくなってきているのでいつもより多く製造をしました。
袋詰め作業のスタッフが休暇をとっている人がいてスタッフが足りなかった。
焼きあがったクッキーがどんどんできてきても、それを詰めるのが間に合わなかった。だから、すぐに袋詰めできないクッキーが長い時間放置されてしまった。
そしてしけってしまって廃棄になりました。』ちゃんちゃん。


詰めるのが間に合わないなら、焼き係りにストップかければいいでしょ〜。
問題になることか?これって。
なんで間に合わないなら焼くのを止めないのよ?って聞いたら、
『止めるように指示する人がいなかったから』。

ねぇ、水道の水が溢れていたら水をとめるでしょ?お鍋を火にかけていて中のお湯が溢れたら火を止めるよね?クッキーが溢れたら焼くのをストップしてよ、同じことだよ。と半ば厭味で言ったのに『わかりました。みんなに伝えます。お姉さん、ありがとうございます』と本気で感謝された。

間違いなく今日からはクッキーがあふれたら焼き場にストップがかかることでしょう。本当に彼らは素直な人たちで、言われたことはしっかりと守ってくれる(少し日いが経つと忘れるけれど)。でも言われていないことを臨機応変にっていうのがなかなか難しい。

ちょうどこの日のお昼にドラッカーの『経営者の条件』を読んでいて、
『意思決定はトップだけが行うものではなく、組織としてあらゆるレベルで行われているべきものである。』
などというフレーズに、朝の会議のことを思い出したりもしながら、それぞれの現場で適切なタイミングで的確な意思決定をしていくことが組織全体に大きな影響を与えるんだなぁなど感銘を考えていただけに、溢れた水を止めることも決められない自分の組織にドラッカーを読んでる場合じゃないかと思ってしまいました。

とりあえず、今日からは溢れた水は止めてくれるでしょう。でもまた新たな試練?がっやってくるはず(笑)。
こうやってこちらの想像を超える問題?が日々起きて、その度にえぇ、そんなの常識じゃない?!って思い、でもこれは日本人にとっては常識だけれど、ここは日本じゃないから、日本じゃないから。。。と自分を戒めての繰り返し。

何もない毎日より楽しいかと思って乗り越えるしかない。
刺激的な毎日に感謝。教えたことは忠実に守ろうとしくれる彼らにも感謝。

でも、やっぱりもう一歩上に行きたいんだよね。組織全体としてもう一歩前進できるように考えるのが私の仕事。やるしかない。









2009年9月6日カンボジア人スタッフ2名を連れての初日本上陸を果たしました!

figtshow1







1週間ほどの滞在でしたが、展示会や様々な場所で色々な方にお世話になりました。
大変遅くなりましたが、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。短い期間ですが日本という異文化に触れ、日本人の仕事ぶりを見たり、人への接し方などを実際の生活の中で体験し、大変な刺激になったようです。もっともっといろいろなものを見せたい!と私のほうが欲張ってしまいましたが、海外が初めての彼らにとっては十分すぎるほどの経験だったと思います。

ギフトショー話は後ほど少しずつ更新していきます。

このページのトップヘ