アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2010年02月

シェムリアップに住み始めた頃、在住の友人から『カンボジアは金利が高いからぜひ預金をしたほうがいい』とアドバイスをもらいましたが、預金するほどお金もなかったので、利息が高いんだ〜と思うだけで、頂いたお給料はタンス預金をしていました。

会社を始めてからはタンス預金というわけにはもちろんいかず、銀行のお世話になっています。この数年でカンボジアにはどんどん新しい銀行ができているし、ATMまで設置されるようになり、サービスもどんどんよくなっていて、私は試しにいろいろな銀行を併用しています。

でもひとつだけ会社立ち上げ当時からずっとお世話になっている銀行があります。
行員さん達も6年前とほとんど変わらぬメンバーなのでなんとなく安心して利用させてもらっているのですが・・・・。

昨日、銀行に行った時のこと。

アンコールクッキーとは別に、友人と一緒に経営している会社をカンボジアに持っているのですが、そちらの会社の口座に先月の売上金を振り込み、立て替えていた経費を引き出そうとしました。
この銀行にはATMはないので、窓口のみでの対応。いつものおばちゃん行員の席に座り、通帳と預け入れのお金とDEPOSIT SLIPとWITHDRAWAL SLIPを渡す。
おしゃべりしながらの手続き。
だいたいいつも美容系の話になる。化粧品は何を使っているのか、美容院はどこに行っているのか・・・。どこの世界でも女性は美しさへの探求心を持っているのね。
そんなおしゃべりをしながら、おばちゃん行員はパソコンを操作して、入金手続きをしていたのですが、途中で女性のお客さんがやってきた。おばちゃん行員は『あらぁ、しばらく見ないうちに白くなったわねぇ!!』と言いだし、ほかの行員も『ほんとだ!日本人かと思ったわよ〜!』と盛り上がる。

どう見ても日本人には見えないけどなぁ・・・でも彼らにとっては白さは綺麗の象徴なんだなぁと思いながら、なんとはなしに彼らの話を聞いている。
おばちゃん行員はPCを操作しながらも、興味のほとんどは以前より白くなったお客さんにいっている。

そして、手続きが終わり『はい、マダム』と通帳を返してくれた。
ちゃんと記帳されているかどうか確認すると、売上として預けたはずのお金はマイナスされていて、引き出したお金も当然マイナスになっている。

『ちょっとちょっと〜、預けたお金が引き出されているじゃない!信用できないんだから〜。あぁ、怖い怖い。お金を預けたのにお金を取られちゃうなんて!』と文句を言ったら、おばちゃん行員は笑いながら『オッエイテー、オッエイテー(大丈夫、大丈夫)、すぐ修正してあげるわ』と通帳を奪い返す。

周りの行員たちも一同に『オッエイテー(大丈夫)』。

本当にいつもカンボジア人のオッエイテー精神(ある時はオッ・パニハー精神)には驚かされる。
大丈夫、大丈夫って、あなたたちは大丈夫でも、私は大丈夫じゃないでしょ〜!!ってことがしょっちゅうある。

行き先をつげて、『OK』と言って走り出したくせに、全然違う方向へ走り出すオートバイタクシー、『違うよ、そっちじゃないよ。』と後ろから大きな声で叫んでも『オッエイテー』。いや、私は違うところへ連れていかれたら大丈夫じゃない、困るって。

市場で買い物をして領収書を書いてもらうと、買ってもいないものがついてたりする。こんなの買ってないじゃない!と言うと『オッエイテー』と言いながら消してくれる。オッエイテーじゃなくて、すみませんって言うべきじゃないか??

朝ごはんを食べに行って、ヌードルの中に虫が入ってる。虫が入ってるよ〜っていうと、『オッエイテー』と言って指で取り出してくれる。うん?これは虫がいなくなったのだから、オッエイテーでいいのかな?いや、違うか??


まぁ、でも、こんな風に何があっても笑ってオッエイテーで済ませることができるって実は幸せなのかもねと思うのです。
目くじら立てて怒ったところで、お互い気分が悪くなるし、プラスの作用にはならないでしょうし。
自分のあやまちを『オッエイテー』と言えてしまうカンボジア精神はある意味すごいけれど、相手の失敗に対しても笑って『オッエイテー』と言える人間でありたいよなぁと思う。
でも現実はなかなか難しい(笑)。

いつもお客さんとして来場するだけだった、日本で開催されるアジア最大級の食品展示会『FOODEX JAPAN』。
去年もスタッフと一緒に来日し、『来年こそは出展したいね』と言いながら、幕張メッセを回りました。

そのFOODEX JAPAN 2010 に今年は出展することになりました!!

http://www3.jma.or.jp/foodex/ja/


会期:2010年3月2日(火)〜3月5日(金)
場所:幕張メッセ 


カンボジアバナナで作ったスパイシーなバナナチップスやオリジナルスパイスなどなど、お土産ではないカンボジアの食品を日本で皆様に披露したいと思います。

お時間があればぜひ幕張メッセへお立ち寄りください。

カンボジアの朝は早いと思っていたけれど、10年前のほうが朝の市場が動き出す時間が早かった気がするのは気のせいかな??経済が豊かになるにつれ、夜型生活に移行しつつあるのかもしれない。

それでも以前と変わらず朝の市場は活気がある。その活気を支えているのはもちろん女性パワー。

朝の市場へ行って何よりすごいなぁと思うのは女性たちの食欲。朝からがっつりと豚肉のせご飯(バーイ・サッィチュルーク)を食べたり、ヌードル(クィティウ)を食べたり・・・まぁ、朝一番は1日のエネルギーをしっかり補給しなくちゃいけないので朝ごはんは必要不可欠。しかし、朝から甘いものもまで食べる食べる。

朝から大繁盛のデザート屋台。ボールには小豆、緑豆、ゼリー、もち米大豆などなど様々なトッピングが並び、ここにかき氷をのせて、コンデンスミルクとココナッツミルクをたっぷりかける。毎日食べたら間違いなく糖尿病まっしぐらのカンボジアンデザート(笑)。
ichiba3














今朝の市場で出会った女性パワー達。

朝から一人でデザートを食べに来ていた8歳の女の子。1杯500リエル(約13円)のデザートをいつも一人で食べにくるそう。隣に座ってデザートを食べながらおしゃべりしたけれど、しっかりとした受け答えにびっくり。将来うちの会社で働いてほしいなぁ。
朝の市場1















スイートポテト屋さんの威勢のいいお姉さん?
asanoichiba4














肉屋のおばちゃん朝の市場2





朝の市場はエネルギーの宝庫。活力をもらって今日も1日がんばるぞ〜!!






今日お店に来てくださったお客様にプレゼントをもらいました。
stone1


何だと思いますか??
模様がとってもきれいなカンボジア(バンテアイミンチェイ州)の石。




マウスくらいの大きさにカットされているので、軽石のようにお風呂でかかとやひじをこすると綺麗になりそうです!



そしてもう一つはこんなキュートな形。

stone2

形がちょっといびつなところがカンボジアらしさ?!
いびつな愛でもいいので、私も愛がほしいと思う今日この頃。。。



日に日に暑さが増してきているシェムリアップです。
どんどん酷暑の季節が近づいてきます。
10年住んでいてもこの暑さには慣れません。日中はあまりにも強い日差しに肌が痛くなるほどです。

でも、そんな酷暑の時季の喜びは美味しいマンゴーです!!
カンボジアのマンゴーの旬は3月〜4月。美味しいマンゴーが安い値段でおなかいっぱい食べられます。

我が家の庭にも2本のマンゴーの木があります。
今年は去年よりもたくさんの実をつけています。
mango tree4


マンゴーの実。この小さな実が暑さと比例して大きくなっていきます。
mango tree2










こちらはもうすぐ食べられそうです。
mango tree1















わが社の工房にもマンゴーの木があります。
bakery2


ちなみにわが社の小さな工房です。ここでアンコールクッキーを製造しています。
bakery1








でも、よく考えてみたら、毎年『もうすぐ食べごろだなぁ〜』と思って、可愛い実を眺めることはしていても、自分の家のマンゴーを食べた記憶がない・・。

3月上旬からFOODEXという展示会に出展するのでまたまた日本へ出張。
きっとその間に美味しく実ったマンゴーは消えていることでしょう(笑)。

去年の8月にオープンしたわが社のプノンペン支店『Trois Continents(トロワ・コンチネンツ)』。

三大陸を意味するこの名前は、ベトナム・ラオス・カンボジアの三か国の美味しいもの、素敵なものを楽しんでもらいたいというコンセプトでスタートしました。

名付け親はアンコールクッキーのパッケージをはじめ、わが社の商品のほとんどをデザインしていただいているデザイナーさん。
いつも素敵なデザインとアイディアに助けられています。

8月にオープンしてから、在住の日本の方々はじめ、たくさんのお客様にご来店いただき、少しずつ皆様に存在を知っていただけるようになってきています。ありがたいことです。


そのトロワ・コンチネンツ・ショップにて2月20日から新メニューが登場します!!
ショップに併設したカフェにて体にやさしいヘルシーメニュー『スープ・セット』が新登場。

ランチは時間がないからささっと済ませたい、でも栄養の偏りが気になる・・そんな方は多いのではないでしょうか?どうしても炭水化物に偏ってしまいなかなか野菜がとれない。そんな方々におすすめの野菜たっぷりスープセットです。

soup set2


4種のスープからお好きなスープを1つ、有機野菜のサラダ、玄米ご飯 or パン、ミニデザート(3月は豆乳ぷりん)がついています。
有機サラダにはトロワ特製フレンチドレッシングがかかっています。体にやさしいオリーブオイルをベースにした自信作。
ミニデザートも白砂糖は使わず、椰子砂糖やはちみつなど体にいいものを使っています。食後にちょっと甘いもの・・女性にはやっぱり必要ですよね〜。
ミニデザートは月替わりでご提供予定。3月は『豆乳ぷりん』。甘みはぐっと抑えてあるのも健康を考えてのこと。







健康の基本は食事です。私達の体を作っているのは口から入ってくる食べ物。毎日欠かせない食事だからこそ、少しでも体にいいものを摂りたいものです。


最近からですが、私は白砂糖を摂ることを極力控えるようにし始めました。ご飯も玄米。小麦粉も極力摂らない。日々の飲み物は冷たいものをやめ、ほうじ茶やジンジャーティーなど。油はオリーブオイル。
外食も多い毎日なので完璧に!とはいきませんが、あまり堅苦しくすると続かないので許容範囲を広くもって、美味しく楽しく食事をしたいと思っています。

野菜不足だなぁ、体が重いなぁと感じた時にトロワのスープセットを思い出していただければ嬉しいです。


昨日からチャイニーズニューイヤーが始まりましたね。

このところ連日、たくさんのお客様がご来店くださっています。
本当にありがとうございます。

日本からのお客様も多いですが、中国やシンガポール、ベトナム、マレーシアなど近隣諸国が旧正月のホリデーなので、各国からたくさんのお客様がアンコール観光に来ているようです。
そして一番多いのが、各地からアンコールワット観光に来るカンボジア人でしょうか。

今朝のアンコールワットへ向かう道。うちのお店の前の通りですが、ウルトラ大渋滞です。
juutai2juutai1








スタッフ達に責任感を持たせるためにも、普段は私は奥へ引っ込み、できるだけカンボジア人スタッフにお店を任せるようにしているのですが、忙しい時はヘルプでお店にたちます。
お店で接客しているといろいろな方とお話する機会があり、お客様の声が直接聞けて何よりも有意義な時間です。

今日はベトナムでビジネスをやっていらっしゃるインドネシア人のご夫婦がご来店されました。旦那様はビジネスマンでしたが、奥さまはベトナムの障害を持つ子供たちに技術を身につけさせて仕事につけるように育てる仕事をしているとおっしゃっていました。
クッキーは美味しいからベトナムでも売れるよ!と太鼓判を押してもらいました。
ビジネスマンのご主人は『パッケージを替えて、僕の故郷のインドネシアで[ボロブドゥール・クッキー]をやろう』と(笑)。

マレーシアに駐在されているという日本人のご家族もご来店されました。
小さいお子様を連れていらっしゃったので、珍しいなぁ〜と思って声をかけさせていただきました。
欧米の方はまだ歩くこともできないような赤ちゃんでも、旅行に連れて歩いている人をよく見かけますが、日本の方は子供が小さいからと・・・ましてカンボジア旅行に小さな子を・・と心配される方が多いようです。

海外在住のご家族だったのでカンボジアの暑さにも負けず!!といった感じでした。シンガポール駐在の時に誕生したという女の子はまだ2歳。でも、うちのクッキーを『美味しい、美味しい』とたくさん食べてくれていました。

わが社のクッキーは人工的なものは一切いれず、手作りで焼いていますので、小さな子供たちにも安心して食べていただけると自信を持っております。
そして有難いことに連日お客様にたくさんご来店いただき、今日作ったクッキーが明日には売れていく・・という状態ですので、作りたてのおいしさを味わっていただけると思います。


休日返上のこの忙しさの中、スタッフがそれぞれ責任を持って仕事に臨んでくれている姿に成長を感じながらも、要所要所で喝を入れて今日もがんばります。

最近の夜の過ごし方。

お店が終わって7時過ぎからジムで30分走る。それから30分泳ぐ。そのあと、キンキンに冷えたビールを飲む!!最高に満ち足りた時間。


これでビールを飲まなければ痩せるのかもしれませんが。。。。このキンキンに冷えたビールを一口飲んだ時の充足感といったら・・・人生で一番幸せな瞬間かもしれないと思ってしまうほど。


cold beer

しかもこのキンキンに凍ったグラスに注いでくれる生ビールが2000リエル(45円)で飲めちゃうのです。あぁ、カンボジアに暮らしていて幸せだぁ・・と思う瞬間。
安いと思うとついつい飲みすぎてしまい、ほろ酔い気分で『I LOVE CAMBODIA!』と叫びたくなるほど、カンボジアのローカルレストランは素晴らしい。

最近どんどんローカルレストランもこじゃれた雰囲気になってきていて、先日ご紹介した外国人が集まるバーストリート並みにカンボジアの人たちであふれかえっています。

そしてなんといってもローカルレストランの良さは、値段が安い!!こと。

先日、赤ワインの牛肉煮なんていうオシャレな名前のスタッフお勧めの料理を頼み、ビールを4杯飲んで、お会計は3ドル(270円)。
cold beer2
オープンエアーでろうそく1本(しかもオシャレなキャンドルではなく、仏様にかざるような黄色い長いろうそく1本)の明かりで薄暗い中の食事ですが、これもまたカンボジアならでは。

やめられない夜の一杯(一杯じゃなくなっているけれど・・)。


カンボジアの珈琲の産地といえばカンボジア北東部ベトナム国境の『モンドル・キリ』。プノンペンから車でなんと8時間くらいかかります。

先日行ったときは乾季の始まりくらいの時期で、山の天気は変わりやすい・・というけれど道中雨が降ったりで、道が大変なことになっていました。

山道なのでアップダウンが激しく、四駆でなければこんな坂はお手上げです。

bad1

坂道にいる白いカムリ、何度も何度も坂道にチャレンジしては、タイヤが横滑りして落ちてくるのです。

bad2

後ろにいるマーチも然り。こんな雨でぐちゃぐちゃになった山道をマーチで来るとはツワモノカンボジア人たち。私達はベテラン運転手さんと四駆のパジェロで来ていたのでこんな坂道も軽々突破だったのですが・・・

ここがカンボジアのいいところ、困っている人がいたら見捨てません!!特に田舎の人ほど親切です。

私も以前一人で田舎を走行中、乗っていたカムリが砂地にはまってしまい、どうにもこうにも抜け出せなくなったことがありました。ギアをローに入れて、これでもかとアクセルをふかしてもタイヤは空回り。周りに人家もなく、ひとりぼっちで途方にくれていたところに知り合いのお偉い様(国会議員)がたまたま通りかかったのです。
『お〜、ニャックルー元気か?』と車を止めて声を掛けてきたけれど、急いでいるからとさっさと通り過ぎて行ってしまいました。確かに小奇麗にスーツを着た方に砂地に入って手伝ってくれとは言わないけれど・・・・。

彼が走り去ったそのすぐ後にトラックの荷台に揺られた大勢のカンボジア男性がやってきました。声をかける必要もなく、彼らはすぐに車を止めてみんなで私の車を押してくれました。それでも空回りしているタイヤにどこからか添木を探してきてくれてタイヤの下にはめ、無事砂地を脱出することができました。みんなで拍手をして大喜び(笑)。
車が無事脱出できると、彼らはまたトラックの荷台に乗って、手を振って走り去って行きました。

見知らぬ人でも初対面でも臆面なく話しかけたり近づけるカンボジアの人たちのオープンマインドな気質に、カンボジアで暮らし始めてから何度助けられたことか・・・。

先日、朝日新聞社の方が『なぜ日本人はカンボジアが好きなのか』というテーマでカンボジアで取材をされていました。タイでもなく、ベトナムでもなくカンボジアに目をつけるなんて面白い記者さんだなぁと思ったところ、大のカンボジア好きとのこと。日本人にとって不思議と癒される国なんですね。

日々生活していて『私はなぜカンボジアが好きなのか、なぜカンボジアに暮らしているのか』と考えることはほとんどありませんが、改めて質問されて考えてみると、やはりこの国やこの国の人たちによって自分が生かされていると感じられるからでしょうか。人はだれかに必要とされることに自分の存在価値を見いだせるのではないかと思います。
カンボジアへ来る以前、今から12年前の20代半ばのころ、私は自分の先の将来が見えず悶々としていました。引きこもり寸前だったと思います。仕事もない、海外への応募にはことごとく不合格、自分は世の中に必要とされていない・・・そんな気持ちで自信も持てず誰にも会いたくないという日々でした。
カンボジアに来て、たくさんの人に出会って、目が合うとにこっと笑ってくれて、そんな彼らにどれだけ助けられただろう。
こんなことを書いていると涙が出そうになりますが・・・・。
改めてこんなことを考えると、自分自身改めて身が引き締まる思いです。
いつかもっともっと力をつけて、この国に還元したいと強く思います。自分を育ててくれた日本にも恩返しできるそんな力をつけたいと思います。
何ができるのか・・・まだぼんやりとしたイメージしかないけれど、時間をかけてゆっくりと形にしていければいいと思っています。


・・・・・・仕入先周りの話からものすごく脱線してしまいましたが、長くなったので珈琲の話は次回へ。


ぐちゃぐちゃの坂道を登れず立ち往生していた2台の車とともに私達も便乗して車から降りて、しばし作戦会議が始まりました(笑)。
うちの運転手さんの車の中にロープがあったので、それで牽引して坂道を登ることに。全員無事坂道をクリア!しました。

シェムリアップの夜の繁華街といえば通称『PUB STREET (BAR STREET)』といわれるオールドマーケット周辺エリアです。
ほんの数年前までは市場が閉まる夜の時間帯は閑散としていた場所ですが、今は夜中まで欧米人観光客を中心に賑わっています。

日本からお客さんが来たりすると、バーストリートに行きましょうか・・ってことになるのですが、こちらに住んでいる友人とはあまり行かないエリア。

昨夜は久々にバーストリート散策を楽しんでみました。

barstreet1barstreet2
センスのいい雑貨のお店や洋服屋さん、おしゃれな雰囲気なバーなど狭い路地に何十件というお店がひしめきあっていてすごく楽しいエリアです!!
欧米人のお店がほとんどのようですが、中にはカンボジア人オーナーのお店もあって、それぞれ独自のセンスで素敵な店づくりをしています。洋服なども独自のブランドでデザインして作っているお店もあり、シェムリアップも変わってきたなぁと見ているだけでワクワクし、ついでに買いたくなってしまいます(笑)。

今まではお土産用としてシルク素材の服ばかりが目立っていましたが、シルクは素敵だけれど、クリーニング屋さんが普及していないカンボジアでは服は水洗いするしかなく、暑いカンボジアでシルクを普段用に着るのは結構厳しいのが現状。でも、最近はコットン素材の服などを扱っているお店もできていて、ショッピングの楽しみも増えつつあります。


女性にとってお買物と美味しいものを食べることは何と言っても一番のストレス解消ですね。
昨夜はバーストリートでウィンドーショッピングを楽しみ、ベジタリアンレストランでヘルシーディナーをいただきました。ささやかな幸せ。

vege1vege2









vege3
お店は白を基調にした大人の雰囲気。3席しかない2階のスペースはこじんまりとしていて隠れ家っぽくて・・・おすすめです!!

このページのトップヘ