アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2010年08月

新宿伊勢丹にてカンボジアメイドのMADAM SACHIKOのクッキーが
販売されることになりました!!

2週間のみの催事販売ですが、ぜひぜひ皆様お立ち寄りください。

◆場所:新宿伊勢丹地下1階 洋菓子売り場
◆期間:9月8日(水)〜9月21日(火)

期間中は、私も売り場のそばをウロウロしていると思いますので遊びにいらしてください。

スコットランドのデザイナー、ドナ・ウィルソン氏とのコラボ商品もあり、伊勢丹新宿店限定商品です。

ドナさんの不思議な世界をクッキーで再現するため、カンボジアの工房でスタッフたちが初挑戦のデザインを1枚1枚丁寧に焼き上げました。


isetan1isetan2















記念すべき、日本での初出店となります。

皆様のご来店をお待ちしております!!



8月8日はアンコールクッキーショップの5周年、プノンペンのTROIS CONTINENTSの1周年記念でした。

プノンペンのお店を初めて1年がたちました。去年の8月8日はプノンペンにいて開店を迎えました。たくさんの方からお祝いをしていただきオープンしてから早1年。あっという間の1年でした。

シェムリアップのほうは、8月8日は開店記念日というよりも、クッキーショップを現在のお店に移転してオープンした日。
本当は2004年の4月に会社を立ち上げたのですが、始めた時はお店といえるようなものではなく、小さな家の小さな部屋に棚を並べてクッキーを売り始めたので開店記念日とはっきりと言える日が定かでないため、移転してオープンした日を開店記念日としています。

日頃からお世話になっっている皆様へ感謝の気持ちを込めて自社製ケーキをお持ちしました!!
5cake




5周年にちなんてカンボジア語で【5】という数字が書いてあります。
自社の製品をほめるのはお恥ずかしいですが・・・・・敢えて承知で言わせていただくとこのケーキ、すっごくすっごく美味しい〜!!!のです。
甘さも控えめで、マンゴーやショウガなどカンボジアの食材を練りこんだパウンドケーキ。わが社のパティシエのオリジナルケーキです。
1ホールひとりで食べたくなる美味しさです(食べ過ぎ?!)♪
こういう美味しいケーキをお店で販売したいけれど、まだまだこの町ではそういった需要がないのが現実。


無事1周年と5周年を迎えられたことに感謝し、2周年と6周年も無事迎えられるよう、
走り続けたいと思います!

お店にご来店いただいたお客様、いつもお世話になっている取引先の方々、仕入先の農家の人たちや工場の人たち、皆様に可愛がって頂けるお店であり続けられるよう常に上を目指して頑張りたいと思います。


そうはいってもいつもいろんなことがあって、やっと乗り越えた〜と思うと、また次の波がやってきて・・・・・と、仕事に終わりはなく、果てしなく続く波の連続にこのまま波にのまれてしまいたいと弱気になることもありますが、やっぱりお客さまに会って【美味しかったよ〜】と言っていただいたり、スタッフが元気に仕事してるのをみると、自分に課された役割をありがたいと思うし、やりがいも感じます。


でも、たま〜にどうしようもなく疲れた時には、ちょっと村散策に行くと心がリフレッシュします。
カンボジアに生きていてよかったと思える時間です。
今日は午前中にオフィスを抜け出し、仕入先の視察へ行ってきました。疲れていた心がちょっぴり生き返りました。
仕入先の裏庭で、まるで犬のようにご主人になついていた水牛。ご主人さまは【犬と同じでちゃんと飼い主がわかるんだよ】と言いながら頭をなでていました。さすがに名前は付けてないそうですが・・・・。



water cowwater cow2















そしてカンボジアで一番好きな景色。青空にすっと伸びる砂糖椰子の木。

疲れたときとかこういう景色を見るとカンボジアで生きていてよかたなぁって思える。

今日もそんな風に思えました。カンボジアのすべてにありがとう。ここで仕事をさせてもらってありがとう。

tall palm tree

このページのトップヘ