アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2015年02月

毎日スタッフひとりひとりと面談して自分の夢を話してもらっています。

今回の面談でスタッフからでてきた No1 wordは、

〜私の夢は〇〇です、でも お金がないからできません〜



「お金がないからできないんですね、ではいくらお金があればできますか」と質問すると、明確に答えられる人はだれもいない。

これは決してうちのスタッフだけじゃなく、先日のプノンペンのセミナーでも同じ質問がでたし、決してカンボジア人だからだじゃなく日本人でも同じようなことを言う人は多いと思う。

そしてまた、「では今から私があなたの夢に10,000ドルを出資しましょう(たとえですが・・・)。さぁ、来月からあなたのビジネスを始めてください、何から着手しますか」と質問してみた。
だれも具体的な実行案を提示できない。

結局できない理由はお金の問題ではないんじゃない??


できない理由をたくさん並べるよりも・・・・・・

お金がないからできない、私は学校を出ていないから知識がないからできない、私は若いからできない、
うちは親も兄弟も貧乏だから誰も助けてくれないからできない・・・・


そんな理由をいくつ並べあげても夢は実現しないのだから、本当にやりたいことがあるのなら、どうやったらできるのか、どうやったら少しでも自分の夢に近づくことができるのか、できるための理由?実現させるための方法をたくさん考えたほうがいいんじゃないかなぁ。


あるスタッフは、
私は養豚をやりたい。理由は今シェムリアップは人口が増えているし観光客も増えている。市場では豚肉がよく売れている。自分の田舎はシェムリアップから1時間くらいのところだし、少し農地もあるのでそこで雌豚をまずは一匹買って養豚を始めたい。
でも今はお金がないからできない。。。。

あるスタッフは
パイリンで果樹園をやりたい。理由はお母さんがパイリンにいるので、そこで竜眼の木を500本植えて商売したい。でも今はお金がないからできない。。。。。


あるスタッフは
自分の家の敷地で文房具屋さんをやりたい。理由はうちの近くには学校があるけれど文房具屋さんがない。コピー機を買ってコピーもできるようにして教科書もそこで売ればいい商売になるはず。子供もいるので子供のそばにずっといられるのも自宅で商売する魅力である。
でもまだお金がないからできない・・・・・・・・・。

みんなそれぞれの夢をちゃんと持っていて楽しそうに語ってくれた。
夢を共有してもらえるってこんなに幸せなことなんだと私も改めて気づいた。

でも、できない理由はみんな口をそろえてお金がないから。。。。

本当はお金だけが問題じゃないんじゃない?

できない理由を並べて言い訳をして現実逃避するよりも、本気でやりたいことに向かっていく毎日のほうが楽しいよってことに気付いてほしいなぁと老婆心ながら思った。

みんなの熱い夢に私も熱くなって話をして、のどはカラカラだけれど最高に楽しい時間。
みんなにとっても何かしら得るもののある時間になったらいいのだけれど。










いま、毎日会社のスタッフひとりひとりと個別に面談して話をしています。
90人くらいいるから1日5.6人ずつ面談しても2週間くらいかかってしまうけれど、どうしてもスタッフひとりひとりとゆっくり時間をとって話したいと思いました。
日々の業務の中ではマネージャー陣とは毎日のように色々と話をするけれど、それ以外の人たちとはおはようとか元気?とか挨拶程度で終わってしまう日々。
年度末には毎年スタッフひとりひとりと面談をするのですが、今回はちょっと違う理由でみんなと話をしたかったんです。

私には、これから10年かけて成し遂げようとしている一つの夢、理想があります。
その夢を日々思い、実現するために奔走する中で、ふと思ったことがありました。
私は自分の夢ばかりを考えているけれど、自分の一番身近にいる仲間であり、自分の子供のような存在であるスタッフの夢を応援することも私の夢ではないのかなと。

マネージャーさんたちやチームリーダーなど、私の身近にいるスタッフからは将来の夢をシェアしてもらったことはあるけれど、スタッフ全員からは聞いたことがなかったなと思い、みんなは今何を思い、日々どんなことを考えているのかな、自分の将来設計をどう考えているのかな、そしてそのみんなの夢に何かしら私が役立てることはないかな、そんなことを思い、スタッフに「将来の夢を聞かせてください」というテーマで面談を始めました。

今は午後の時間をスタッフとの面談に費やしているのですが、終わった後はすべてのエネルギーを使い果たしている感じで体力的にはぐったり。でも、気持ちの良さといったらこの上ない。

普段にこにこ穏やかで口数が少ないと思っていた子が、ものすごく熱く自分の夢を語る姿を見ることができたり、私では思いもつかないビジネスアイディアを提案してくれたり、毎日みんなと面談する時間、ワクワクワクワクして最高に幸せ!

そして今日何よりもうれしかったのが、ある女性スタッフの言葉。
「私はマダムと出会うまでは、女性は男性よりも劣っていて、女性は男性の下にいるものだと思っていました。でもマダムと出会って女性は強い、女性もなんでもできるんだって思えて、自分も夢を持つことができました。私がこの会社に入った時にマダムが私に言ってくれた言葉を私はずっと心に持ち続けています。自分ができると思えばできないことはない、自分はやれるって信じてやれば絶対できると。」

二人で話をしながらボロボロ泣きました。
夢を持つことができた、これ以上うれしい言葉はありません。そして自分の夢を話してくれました。

彼女はカンボジア語が書けないから、日本語や英語で接客用語を覚えるのも耳で覚えるしかなく、ほかのスタッフは聞いた日本語の音をクメール語でメモって復習していたけれど、彼女は書くすべがなくそれができずに本当に苦労していた。でもあきらめないでやってこれたのは、私が入社のときに言った言葉があったからだと言われて、本当に涙が止まらなかった。
私はスタッフみんなに何もできていないし、いい社長じゃないし、感情がすぐに顔に出てしまうし、本当に社長として経営者としていつも自己嫌悪ばかりで、自信がなかった。でも、彼女の一言に本当に救われた思いでした。

私の夢やこれからやりたいことをひとりひとりにゆっくり話をすることができて本当によかった。
まだまだスタッフとの語り合いの時間はしばらく続きますが、こんなにパワーをもらえるとは予想もしていませんでした。
全員との面談が終わってから、どんなふうにみんなの夢のサポートができるかをじっくり考えたいと思います。


このページのトップヘ