アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2015年05月

カンボジア流な式典

招待状には8:00開始とあったけれど、9:00になってやっと始まるセレモニー。
カンボジア流には慣れ親しんでいるので(良くも悪くも)、1時間の遅れなんて気にもならない 笑。


社則に始業時間前には出勤して仕事の準備をしましょうなんて条文が載っているうちの会社って、カンボジア流からめちゃくちゃズレた会社だ。

時間に追われる社会より、時間を気にしないでも生きられる社会は心にゆとりがあるのかな。

御来賓の国防大臣、シェムリアップ州知事、シェムリアップの国会議員さんが1時間遅れで華々しく登場してセレモニーがスタート。
まずはお坊さんの儀式。
image

image


国家斉唱に続き御来賓のスピーチ。
長い長いスピーチは、最低でもひとり30分ほどは続きます。
image


image


image


色々な式典も年々盛大になってきて、バブル感溢れるカンボジア。
この10数年のこの国の変化はめざましい。
変化の中で変わらないものを大切にして毎日生きていきたい。








昨日は満月。

椰子の木と月が綺麗に輝く夜でした。
image


毎日色々なことが起きて泣きたくなったり、心が折れそうになることもあるけど、そんな経験をすることで学べることや気づきがあるのだと思う。

考えすぎてもいい答えが見つかったことはないから悩まないのが一番いい。
答えは面白いことを考えてたりする時に突然わいてでてきたりするもの。悩んで考え込んでる時に素晴らしいアイディアは出てきたことはない。
だから私にとって悩むことは意味がない。起きたことを考えるより次にどうするかを考えるほうが楽しい。
楽しいことだけやるのが一番いい。

明日をまたワクワクする1日にするために何をしようか考える夜。大好きな仕事があって、信頼できる友がいて、いつも見守ってくれている家族がいる、それだけで心が満たされる。


1日の終わりに月を心穏やかに眺められるって幸せだな。

苦しい状況にいる人たちも世界中にたくさんいるけれど、明日に希望が持てる毎日が早く訪れますように。

今の環境で自分ができることをひとつひとつ大切にやろう、そして明日も楽しい1日にしよう。
満月のパワーでエネルギーチャージもできました。

このページのトップヘ