アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

2015年12月

ただいまラオスのヴィエンチャンにおります。
昨日のお昼にヴィエンチャン空港に着いて、そのままお酒の工場へ車で直行。
1時間の以上のドライブ。
image


サトウキビの収獲時期である今の時期がお酒造りの繁忙期。
image

酒造りから機械のメンテナンス、原材料の仕入れ、出荷まで何から何まで一人で切り盛りしている私の酒造りの師匠、いまが一番忙しいのはわかっているけど、どうしても年内に話がしたくて忙しいところを押しかけてきました。
いつもざっくばらんにど素人の私にもたくさんの知識をシェアしてくださる。

image


話に夢中になり、さらに私の考えの甘さをビシッと指摘され、おまえは中途半端じゃ!と叱責を受け、頭の中がグルグルになり、着替えとか入ったスーツケースを工場に忘れてきたことに気づいたのは、夜7時過ぎにヴィエンチャンまで帰ってきてから。
取りに戻ろうと言ってくれたけど、繁忙期で毎日気も休まらない日を過ごしてる方にまた往復2時間以上、しかも真っ暗な夜道を運転してもらうなんてとてもできない。

明日の朝また工場に行くから大丈夫と、取りには戻らずにビアラオから始まり、最後はラム酒で語りあい。
image


夜遅くにホテルにチェックイン。
荷物はお財布と携帯と手帳の入ったハンドバッグのみ。
しょっちゅうあちこちに飛び回ってるけどこんな身軽なチェックインははじめて。

この間の引っ越しで、断捨離の気持ちよさに目覚めたけど、旅に荷物がないという身軽さがこんなに快適とは思わなかった。

うちのファームはまだ電気も通ってなくて、そんな村に私が移住することに驚く人もいるけれど、寝る場所とお水があればだいたいのことはなんとかなるよね〜。とつい数日前に友達と話していたところだったので、本当に現実になり〔ホテルだから電気はあるけど〕ちょっと笑えた。
ホテルにはタオルも石鹸もあるし、身軽で快適。

日本にいる女性たちと比べたら、女子力はかなり低めだけど、一応女。
なのでキレイなものもキラキラするものも自分のテンションあげるために必要だって思ってたけど、それ以上に自分のテンションをあげてくれるものは、ワクワクする仕事の話を面白い人たちとしてる時だな〜と改めて気づいた。
そこには男も女もなくて、本気でやるかやらないか、ただそれだけ。

そして今回のラオスで思ったこと。
大人になって、年を重ね、しかも自分で会社をはじめてしまうと、なかなか叱られることや率直にダメだしされることがなくなる。
自分を賞賛してくれるコトバやなんでもイエスと言ってくれるスタッフに囲まれて、気持ちよくなってたら成長もなくなる。
これは自分に対して自信を持つこととはちょっと意味合いが違う。
自分自身の至らなさや足りないところに蓋をして裸の王様になっている自分に対して、率直に厳しいコトバをくれる人は貴重な存在。

お前と仕事してよかったけん!って5年後に言ってもらえるように、もっともっと自分を磨いてぶれない自分になろう。
何が大切なのか、真髄はなにかを見極められる力。やっぱり自分の直感が何より大切。

厳しい言葉に悔しいと思って、でも確かにその通りだと思えるのも、相手を尊敬しているから。
そういう人と仕事ができる自分は幸せだと思う。

人との出逢いや繋がりが何よりもの財産。
2016年に向けて今年の最後の旅でここに来てよかったな。

今年もたくさんの土地を訪れてたくさんの人と出逢った。旅をするたびに新しい気づきやアイディアが見つかる。
これはいつもの場所に留まっていたらなかなかない。
だから私はスケジュールに空白を見つけたらだいたいどこかへ行く。そこには偶然ではなくて必然の出逢いが待ってるから。

あちこち飛び回って忙しそうね〜とよく言われるけれど、行かなければいけなくて行くのではなく、行きたくて行っているので忙しいと感じることもないし、疲れることもない。


人生の時間は限られているから、今会いたい人に会いに行き、今やりたいことをやる。
I love my life.
My life loves me ❤️

Merry Christmas and Happy Ner Year!

禁断の飲んだ後のラーメン、
やってしまった!

image

お姉さん、日曜日はファームで小さいパーティーをしましょうとファームのメンバーからお誘い。この『小さいパーティー』という表現がなんとも可愛らしくて結構好き。

私の友達にも声をかけてお昼前くらいにファームへ。

ちいさいパーティーはお金をかけません。
みんなで持ち寄ったりみんなでちょっとお金をだしあって食材を買ってご飯をつくります。

今日のメインはローカル豚のバーベキュー。
party6

昨夜プノンクーレンから買ってきた豚さんが朝から逃亡してしまい、みんな必死で朝から探し回って大爆笑のスタート。力仕事は男たち、細かい作業は女性たちって感じでみんな楽しそう。
party4

私はお酒担当で、色々なお酒を持ち込みました。
party11
ビール、ワイン、ウィスキー、日本酒。
ファームメンバー、クッキースタッフ、その家族やら私の友達やらで総勢30名以上いたかな。
大自然の中で仲間と食べるご飯は最高においしい。
party2

そして今日のメインディッシュは、先月ファームで収穫した精米したばかりの無農薬のご飯。おいしかった。
party5

そしてみんなが作ってくれた美味しい料理がずらり!!
party14

ファームの池へ魚を取りに行っていたクッキーチームの男性陣は収穫なしで撤収してきたのでお肉のみ。手ぶらで帰ってきた男たちを大笑いで迎える女性たちもまた笑える。この雰囲気がすき。
お料理部隊の手際もすばらしい。
party10


お昼から飲み始めて終わったのは夕方。
しゃべったり、飲んだり、食べたり、うたったり、おどったり。
party8

ファームのリーダーのヴッターが泥酔しながら
『お姉さん、なんでこんなに楽しいんだろう。カンボジア人と日本人とマレーシア人とドイツ人と、みんな国籍バラバラで初めて会ったりした人もいるのに一緒に飲んで笑ってしゃべって、すごく楽しい。』と。
国籍なんて関係ないんだよね〜、心がつながる人と一緒に飲んで笑って踊ったらそれだけで幸せ。
踊る酔っ払い^^
party18

酔っぱらいながらも、私たちのファームがたくさんの人を幸せにする場所にしようねと語り合える仲間がいることが有難い。

カンボジアに出会えたこと、そしてここでみんなに出会えたことが何よりもの私の財産だなと思う。

このページのトップヘ