お姉さん、日曜日はファームで小さいパーティーをしましょうとファームのメンバーからお誘い。この『小さいパーティー』という表現がなんとも可愛らしくて結構好き。

私の友達にも声をかけてお昼前くらいにファームへ。

ちいさいパーティーはお金をかけません。
みんなで持ち寄ったりみんなでちょっとお金をだしあって食材を買ってご飯をつくります。

今日のメインはローカル豚のバーベキュー。
party6

昨夜プノンクーレンから買ってきた豚さんが朝から逃亡してしまい、みんな必死で朝から探し回って大爆笑のスタート。力仕事は男たち、細かい作業は女性たちって感じでみんな楽しそう。
party4

私はお酒担当で、色々なお酒を持ち込みました。
party11
ビール、ワイン、ウィスキー、日本酒。
ファームメンバー、クッキースタッフ、その家族やら私の友達やらで総勢30名以上いたかな。
大自然の中で仲間と食べるご飯は最高においしい。
party2

そして今日のメインディッシュは、先月ファームで収穫した精米したばかりの無農薬のご飯。おいしかった。
party5

そしてみんなが作ってくれた美味しい料理がずらり!!
party14

ファームの池へ魚を取りに行っていたクッキーチームの男性陣は収穫なしで撤収してきたのでお肉のみ。手ぶらで帰ってきた男たちを大笑いで迎える女性たちもまた笑える。この雰囲気がすき。
お料理部隊の手際もすばらしい。
party10


お昼から飲み始めて終わったのは夕方。
しゃべったり、飲んだり、食べたり、うたったり、おどったり。
party8

ファームのリーダーのヴッターが泥酔しながら
『お姉さん、なんでこんなに楽しいんだろう。カンボジア人と日本人とマレーシア人とドイツ人と、みんな国籍バラバラで初めて会ったりした人もいるのに一緒に飲んで笑ってしゃべって、すごく楽しい。』と。
国籍なんて関係ないんだよね〜、心がつながる人と一緒に飲んで笑って踊ったらそれだけで幸せ。
踊る酔っ払い^^
party18

酔っぱらいながらも、私たちのファームがたくさんの人を幸せにする場所にしようねと語り合える仲間がいることが有難い。

カンボジアに出会えたこと、そしてここでみんなに出会えたことが何よりもの私の財産だなと思う。