アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

カテゴリ: 仲間・友達

最近もらいものが多い。

しかも普通はあまりもらえないようなものが多くて面白い。

ある日突然、
「さちこさん、ニワトリあげます」というメールが届いて、「最近夜はどこを徘徊してますか?そこに行きます」と。

酔っ払ってるところにニワトリさんを、しかも生きているニワトリさんを持ってきてもらってもビビるよ。

庭でニワトリを飼ってたけど引越しするので誰かもらってくれないかな〜と考えてたら幸子さんを思いついたと。

ニワトリあげるよって突然言われる人もなかなかいないよな〜って思ったらなんだか楽しくなった。

image



ニワトリさんはファームのメンバーたちがお迎えに行き、無事に我が家にひきとられ、立派なお家も新築?されて元気に暮らしています。

手づくりの立派な鶏小屋
image



また別の日に、いつものところで飲んでいたらばったり会った方に
「あー、幸子さん、長靴いりませんか?」と(笑)

日本から持ってきたけど、ずっと使っていない長靴があって処分しようと思ったけど、幸子さんなら使うんじゃないかって思ったんです〜とのこと。

つい1年くらい前までは8センチヒール履いてシェムリアップの町を闊歩してたのに。。。。長靴履いている姿、誰も見たことないはずなのに。。。笑

みんなに思い出してもらえることは有難いし、幸せなこと。しかもイロイロもらえて嬉しい(^^)

みなさん、不用品があったらどうぞご一報ください。

最近私の家の近くはカンボジアの飲み屋さんがどんどん増えていて、クマエ・パブストリートとか言われるほどの繁華街になってきています。

昔は10,000リエル(約2.5ドル)を握りしめて家からぷらぷら歩いて飲みに行ってたような気軽なビアガーデンだったけど、最近はお姉ちゃんがずらりと店の前に座ってお客さん待ちしてるようなお店も多くてなんだか雰囲気が変わってきたなという感じもする。

その中でもバンドの音も静かめで仲間とワイワイ喋って楽しめるのでよく利用しているのが、トライアングル。

去年、うちの農場のメンバーが農業視察で日本へ行ったときに、沖縄でお世話になったこーしょーさんが突然カンボジアに遊びに来てくれたので、ファームを案内してから夜は歓迎パーティー@トライアングルへ。
12086725_896185647130607_1302994010_n

トライアングルに来たら必ず頼むのはこちら、アヒルの舌。

12092343_896185727130599_2085642556_n
定番のお酒のおつまみ

そしてカエルとか魚とかバナナの花と鶏肉の和え物とか。
12077291_896185717130600_1878142766_n

ファームのメンバーはいつも農場に寝泊まりしているので、
『お姉さん、このカエルは養殖だね、やっぱりファームでいつも食べている自然のカエルが一番うまい。』と。
カエルが食べたくなると、夜電気もない真っ暗なファームの中でカエル探しをするらしい。

12048770_896193210463184_1173414954_n
そしてこんな風にカエルを調理する。ニアンはうちのトラクターの操縦のプロフェッショナル。歌もうまいし、料理もうまい。

12080927_896185690463936_314022902_n
普段も飲んでてもめちゃくちゃ寡黙なのに、一人でステージにあがり自分たちで作った『Angkor SvayChek Farmの唄』を生バンドバックに熱唱。
こういう物おじしないところがまたカッコいい。

ファームの運営管理をまかせているMr ヴッターのおススメのつまみ。レモンと唐辛子の和え物。
12083656_896185683797270_860420497_n

これを食べるとこんな顔に(笑)
12092658_896188323797006_1514715556_n



10年先もみんなでバカな話をしながら、夢を語りながら、お酒を飲んで笑っていられたら最高に幸せだな。

シェムリアップの市内から30分ほどのところで農場を運営しています。
ここから色々なプロジェクトをスタートさせると思うとワクワクがとまらない場所。

そしてここで働いてくれている仲間たちは本当にすごい。

12030942_893457387403433_1866031057_n
あっという間に橋を作るし


12042044_893457557403416_1697546424_n
あっという間に小屋も作ってしまう。

私には到底できないし、日本人の友達ですぐに橋を作ってしまう人に会ったことがない。
しかも材料も買わずにその辺にあるものを拾い集めてきて完成してしまう。

こういうすごい人たちから日々学ぶことばかり。

12032482_893457614070077_834959236_n
お酒の楽しさも学ばせていただいています(笑)



カンボジアでは結婚式とかパーティーとかの招待状を配る時に郵送という手段は使われない。
Eメールでもなく、郵送でもなく、電話でもなく、ご招待する方々一人一人に手渡しをするのが礼儀。

うちの10周年パーティーの招待状もシェムリアップにいる方達にはもちろん手渡し。
ここ数日は町を徘徊する日々。
大変なことではあるのですが、普段なかなか会えていない友人と久しぶりに会えたりしていいことも多い。

今日もカンボジアに来たばかりのころからの15年来の友達に招待状を渡しに。
カンボジア来たばかりのころ、右も左も何も分からない、何も知らなかった私は本当にカンボジアの人達にとてもお世話になった。彼もそのうちの一人。
お互い15年前のあの頃はまだ20代で、お互い駆け出しで仕事しててって感じで。でも今はお互い独立して会社をもった。彼のやっているビジネスは発想がいつもとても面白い。

今日も会った瞬間に今抱えてる仕事の案件とか考えてることとかをがーって話しだして、あっという間に1時間。
最終的に今後会社をこうやっていきたいんだよねっていった彼の言葉が、今私が思っていることと全く同じで、何だか笑ってしまった。行きつくところは・・・。。。
こうやってたまにでいいけど、懐かしい顔とあって、昔話と今の話とこれからの話ができるっていいな。
過去を懐かしむ昔話だけで終わるんじゃなく、未来という不確かな夢物語だけじゃなく、今を一緒に語れるっていいな。

26歳だった自分をちょっと想い出して、また今日も1日やったるぞって思ったそんな日でした。

去年の5月まで工場マネージャーを務めてくれていたラタナに赤ちゃんが生まれたとのことで、久しぶりの再会をしてきました。
去年会社を辞めてから、自分でビジネスを始めたラタナ。1年3か月ぶりの再会でしたが、もともと細かった体がさらに細くなって、日に焼けて黒くなって、苦労しているなぁという感じがひしひしと伝わってきました。それでも家族のために頑張らなくてはと力強くたくさん話をしてくれて、久しぶりの再会が本当にうれしかった。

IMG_1079


2005年4月にうちの会社に入ってきたラタナはその頃20歳で、今よりももっとひょろひょろした体つきの全く話をしないおとなしい少年でした。
ちょうど今のお店の立ち上げのときだったので、朝からひたすら壁のペンキ塗りを黙々としていた姿を今でも思い出します。
コンポンチャム州で親の農業の手伝いをしていたラタナは、シェムリアップに仕事を探してでてきました。うちの会社で初めは運転手としてスタートしました。
よく働き、頭の回転の速いラタナはめきめきと成長していきました。運転手にしておいてはもったいないなと思い、2009年に日本人スタッフのもと、カンボジア人工場責任者に就任しました。
優秀な日本人管理者のもと、たくさんのことを吸収し、2010年には独り立ちし工場マネージャーに就任しました。工場のことをすべた把握し、色々なことに挑戦し、責任者としての務めをしっかりと全うしてくれていました。

2011年2月に、ラタナが自分で農業のビジネスをしたいので会社を辞めたいと言ってきました。彼の成長と旅立ちを心から嬉しく応援したいと思う反面、離れて行ってしまうことがすごくさびしかったのを覚えています。
1999年にカンボジアに来てから13年、私が関わってきたカンボジアの人の中でラタナほど成長した人を見たことがありません。彼の成長をそばで見守れることが私の何よりの喜びでした。教えれば教えるほどどんどん吸収していき、どんどん顔つきが精悍になり、水を得た魚のように生き生きと仕事をしている姿を見ると、私自身が自分の存在意義を感じさせてもらうことができました。
でも、人はみんなそれぞれの人生を歩んでいるのですから、彼の思いを大切に応援してやりたいと心から思いました。
ラタナは退職日の入っていない退職届を持ってきました。「会社にもマダムにも迷惑をかけたくありませんから、退職日はマダムが決めてください。その日までしっかりと働きます」と言ってきました。
契約書なんで何の意味もなく、自分の都合で都合のいい時に辞めていくのが当たり前なカンボジア社会の中で、そんな言葉を言ってきたラタナの成長に胸が熱くなりました。
資金も微々たるものでスタートするビジネスが、うまくいくかは未知数でしたし、会社にいたほうが安定した収入が確保できるのに、彼は「とにかくチャレンジしてみたい、やってみたい」と言っていました。そんな思いは私に自分がアンコールクッキーを始める時の気持ちを思いださせてくれました。
私も以前お世話になった会社の会長さんに、いい仕事のお話をいただいていたにもかかわらず、どうしても自分でやってみたいという思いが強く、自分で起業をしました。
カンボジアで食品業なんて絶対にうまくいかないと心配していただきましたが、やらずに終わらせたくない、とにかくチャレンジしてみたい、ただそれだけで突っ走ってきました。だから、ラタナのやってみたいという気持ちは痛いほどわかるし、会社にとって彼が抜けることは大きな痛手でも、応援したい、ただそれだけでした。

「本当に困ったとき、どうにもならなくなったとき、最後に絶対に私のことを思い出して必ず連絡してきなさいね。」と最後の日に彼に言いました。ちょっと困っただけだったら絶対に連絡してくるなと。

今月の私の誕生日に、うちのスタッフ経由でラタナがプレゼントを贈ってくれたので、お礼の電話をかけたのをきっかけに、1年3か月ぶりに再会を果たしました。
ビジネスは決してうまくいっているとは言えない様子でしたが、家族のためにやらなくてはいけないという強い言葉が聞けて、前向きにひたすら頑張っている姿が本当に嬉しかった。またいつか一緒に働きたいと心から思いました。

カンボジアに来て、たくさんの出会いがあり、別れがありました。
たくさんの幸せもあった反面、たくさんの苦しい思いがありました。
自分は何のためにここにいるんだろうと自問自答した夜がたくさんありました。
自分の存在を否定したくなることがたくさんありました。
でも、こうやって一緒に働いてよかったと言ってくれる人が一人でもいたら、自分がここに存在してきた意味があるのかなと思えました。

きっと死ぬまで自分は何のためにこの世にこの社会に存在しているのだろうと自問自答し続けるのかもしれません。誰かのために、社会のために役に立っていると感じられることが、私にとっての生きている喜びなのだと思います。

IMG_1076








『どうしてカンボジアで仕事を始めたんですか』とよく聞かれます。

私はもともと日本で日本語教師をしていたのですが、学生時代から海外へ行って仕事をしたいという思いがありました。20代の半ば、海外での日本語教師の職を探していたところ、カンボジアの日本語学校の求人をたまたま見つけ、応募したのがカンボジアへ来るきっかけとなりました。

カンボジアでお世話になった学校は『山本日本語教育センター』という日本語学校。そこで約2年半カンボジアの人達に日本語を教える仕事をさせていただいたのですが、カンボジアのことを知るいい経験をさせていただきました。

その学校の卒業生が先日お店にやってきました。
彼女が卒業してからすでに6年の歳月がたっていて、私も彼女に会うのは5年ぶりくらいでしょうか。
すでに結婚して、子供も2人、5人の孤児の面倒も見ていて総勢7人の子供と一緒に暮らしているとのこと。頑張って生きている彼女の姿がとても嬉しく、とても頼もしく思いました。
自分の子供だけだって育てるのは大変だろうに、さらに孤児5人と一緒に暮らす彼女。私よりも10歳も年下なのに頭が下がる思いでした。

日本語学校に勤めているとき、たくさんの支援者の方が日本から本や筆記用具など色々な物をプレゼントしてくださいました。でも私の勤めていた学校の学生たちは学費も無料、寮費も無料、食費も提供されるという恵まれた環境で勉強していました。そのうえ、日本の方からたくさんの贈り物をもらうというのは、果たして彼らにとっていいことなのだろうかと考えることが多々ありました。

自分たちは貧しい国の人間で、お金持ちの日本の人達が寄付してくれるのは当たり前・・持っている人が持っていない人に分け与えるのは当たり前・・そんな感覚を持ってほしくないなぁといつも感じていました。

お金があるからボランティアができるというわけではなく、そこには心が必要だということを分かってもらいたいという思いから、いただいた絵本を自分たちだけのものにするのではなく、みんなで絵本の中の日本語をクメール語に翻訳し、オートバイで何時間もかけて田舎の小学校に絵本を届けに行ったりして、自分たちにもできるボランティアをやってみたりしていました。

久しぶりに再会した彼女は、旦那さんと一緒に小さな土地を借りて、そこに教室を作り学校へ行けない子供たちにクメール語を教えたり、英語を教えたりしているとのこと。さっそく彼女の学校を見せてもらいに行ってきました。
schoolrep1








小さな敷地でした。建物も竹やヤシの葉を使って作った教室で、雨季のスコールのときには雨がふきつけて入ってくるでしょう。お金をかけて作った立派な校舎ではないけれど、それでも素晴らしい学校だなぁと思いました。

カンボジア人の先生たちも一生懸命教えていました。英語を教えていた先生は授業中ほとんどクメール語を口にせず、英語だけで授業を進めていて、まる暗記が主流のカンボジアの教育の中で、絵を使って学習者の興味をひいたり、ロールプレイを取り入れたりと工夫した授業をしていました。






休み時間には子供たちは庭に飛び出してきて飛び回って遊んでいます。校庭にはお手製のブランコまでありました。
buranko1




カンボジアはカンボジアの人達がつくっていく。カンボジア人の考え方、流儀、道徳感。クメール王朝という一大帝国を築いた祖先をもつ民族ですから、時間がかかったとしても素晴らしい国を作っていけるはず。

カンボジアの教育をカンボジアの若い世代の人たちが担っていき、人材を育てていくことに力を注ごうとしている姿。それがどんなに微力であろうが、何か事を起こすことは素晴らしいことだと思うのです。


大変なことも苦労もたくさんあるでしょう。久しぶりの再会に私もとても懐かしく、二人で話し込んでいるうちに、彼女はだんだん涙ぐみ、家の中は大変です。結婚は大変です。と泣き出した。

みんな色々あるよね。学生だったあの頃は勉強も大変だったし、テストもつらいし、友達と喧嘩して泣くこともあったけど、学校とういカゴの中で守られて生きていた。

カゴから飛び出して社会に出て家族を持ち自分で生きていくってことは本当に大変なことの連続だろうね。

子供たちを育てる毎日で、時間もないし、自分は着飾ることもできないし、携帯電話も持てないですと。先生はいつも綺麗にしていてうらやましいと。

私は独り者だから、自分の時間とお金は自由に使える。でも仕事をやっていれば私も泣きたくなることはいっぱいあるんだよ。それでもその中にちょっとの嬉しいこととか、幸せだなぁって思えることがあるからまた頑張れる。
人生ってそんなものかなぁ。大変な毎日でも苦しい毎日でも、自分が生かされて自分の居場所があるってことは幸せなことだよね。誰かに必要とされて、自分の存在が誰かの支えになっているって生きるパワーになるんだよ。
大変な時はいろんなことを見失って見えなくなってしまうけれど、がむしゃらにやっていってふと振り返った時に改めて見えてくることもたくさんある。そこに作ってきた自分の道がある。
あんまりつらすぎたら、時には壁を乗り越えようと無理して自分を苦しめないで、遠回りしちゃってもいいのかもしれない。迂回路を通るのもまた人生かな。
あなたが必死に生きていれば、10年後、20年後、子供たちが何よりもの財産になるでしょう。自分が生きてきた証になるでしょう。あなたがいなければ彼らはここに存在しなかったのだから。

自分が選んだ人生。自分で始めた第一歩。やらない人生よりやってみたほうがきっと面白いよ。泣きたくなったらまたいつでも遊びにおいでね。






カンボジアに来て10年。日本のお正月からはすっかりご無沙汰しています。

10年前、カンボジアに来たばかりの頃はクリスマスはもちろん、1月1日のNEW YEARもイベントはまったくなく、クリスマス気分もお正月気分もゼロの年末年始を過ごしていたものです。

最近は観光地としてずいぶん発展してきているので、各ホテルではガラディナーが催され、大晦日の夜にはあちこちで花火が打ち上げられていました。

とはいっても、カンボジア人にとってのお正月は4月。今日は祝日ではあるけれど、彼らのお正月ではないですし、観光業に携わっている私たち日本人も1年でもっとも忙しい時期なので、いつもと変わらず、仕事仕事の1日を過ごしています。

そんな風に毎年お正月気分に浸ることはまったくない1月1日ですが、唯一の楽しみが日本食レストランで用意してくれているおせち料理やお雑煮。
別に日本にいたらそんなに有難くもなく、三が日を過ぎても食卓にあがるおせちの残りに『またおせち〜・・』とえらそうに文句まで言っていましたが。。。

普段は日本に帰りたいなんてまったく思わないし、カンボジアが大好きで居心地がいいのに、やっぱり日本を感じられるものに触れると心がほっとするというか、落ち着く。

今年もいつもお世話になっている日本食レストランでおせちとお雑煮をいただきました。あぁ、幸せ。縁起物ということでお屠蘇も少々。。。




おせちお屠蘇






新しい年の始まり。







今日は今年お初のリーダーミーティング。
彼らはもちろん雇用されている立場だけれど、会社側の視点で考え行動しようとしている彼らの姿に少しずつ自分の手を離れている部分を感じて嬉しくなる。

成長している彼らの姿を見ると、『果たして自分自身はどれだけ成長しているのか』と疑問に思う。日々自分を高める努力をしているかどうか。これからの夢を実現するための一歩を踏み出しているのか。
目の前の仕事に追われるだけの2009年ではなく、目的意識をしっかり持って毎日を過ごそう。やりたいことは先送りではなく、今やらないときっと後悔する。今やれないことは後でもやれない。

2009年は決意の年。私はやります。




そういえば、先日我が家でお鍋をしました。

じゃ〜ん!!

水炊き☆

nabe鍋







お鍋はカンボジアの土鍋ですが、中身は和、ジャパニーズ!

普段の食事は100パーセント外食です!と豪語していますが、実は意外と料理上手(笑)?!
な〜んて、野菜とお豆腐、肉団子をお鍋につっこんだだけの簡単料理。
しかしお鍋ほどヘルシーで美味しく、バリエーションも豊か、そしてなにより簡単という料理はないのではないでしょうか。
みんなで食べればさらに美味しい。



お鍋の味に『うちの母親の味とおんなじだ〜』と感激され、『それってプロポーズ?!』と突っ込んだけど流された悲しい夜(涙)。

いつの日か素敵な殿方に真剣にプロポーズされたいと思いながらも早○年。『来年こそは結婚します!』と毎年宣言している年末もそろそろ近づいてきた。
みんなに聞き飽きたといわれ続けているこのフレーズ。もうそろそろ封印したいものです。。。。



話はそれましたが・・・・・・・・・・

カンボジアのお鍋、『スップ チュナン ダイ』もとっても美味しいですが、白菜にねぎ、白滝、しめじ、しいたけ、鶏肉、肉団子。
ポン酢をかけていただくお鍋、あぁやっぱり日本人。なんともいえず美味しかった。
あの日はスペシャルデーだったので、バンコクの友人が『八海山』を携えて駆けつけてくれました。
お鍋と日本酒。最高のコンビが集結した美味しい夜でした。


大事な友人が赤ちゃんを授かったお祝い。大事な友人がこの世に生まれたお祝い。
ダブルお祝いでハッピーな夜。


みんなが笑顔で今日も1日過ごせますように。
毎日ご先祖様と神様にお祈りしてます。

















最近の私の元気の源。

coconut






『トゥックドーン』、ココナッツジュースです。
カンボジアでもっともポピュラーな飲み物といえるココナッツ。お水にはないほのかな甘さがスポーツドリンクのよう。
カンボジアでは、熱を出した時や病気の時には『ココナッツジュースを飲みなさい』とお医者さんが言うほど重宝されている飲み物。


最近、体調のすぐれない私を気遣ってスタッフの一人が毎日私の冷蔵庫にココナッツをひとつ入れておいてくれている。
毎朝起きて朝ごはんの準備に冷蔵庫を開けると、どーんと大きなココナッツがひとつ冷た〜く冷やされているのです。
ココナッツの栄養もさることながら、スタッフの優しい心遣いに、毎朝今日も頑張ろう!と気持ちが引き締まります。

今日ももちろんココナッツジュースをぐびぐび飲んで出勤。
日本だったら牛乳をぐびぐびといったところでしょうか。


カンボジアに来たらぜひ冷えたココナッツジュースをお試しください。暑い日差しの中、ちょっと甘味のあるココナッツジュースは体の疲れをとりのぞいてくれることでしょう。




メリークリスマス@シェムリアップ

クリスマスイブは焼肉クリスマス、焼ニクリスマスでした。

シェムリアップに日本的焼肉屋さんがオープンしました。
メニューもすべて日本語。カルビやタンにロース、ナムルにクッパまで・・・
炭火で焼いていただきます。

焼肉




炭火の煙に包まれたクリスマスイブ。
ロマンティックではなかったけど、笑いがいっぱいで楽しい夜でした。


クリスマスイブの夕べは満月で、夜中に家の屋上に寝転んでいっぱい満月パワーを体に充満しました。今年最後の満月の光をいっぱい浴びてパワー全開です。来年もまた頑張ろう!!

このページのトップヘ