アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

カテゴリ: 仲間・友達

ひょんなことからお知り合いになり、すっかり仲良くさせていただいている方達が、カンボジアでパンの学校を開設することになりました。
11月24日が完成式典で、私も式典に出席させていただいたのですが、そのパーティーのためのケーキをわが社のパティシエ深井が作らせていただきました。

ビッグケーキ

日本のパンの技術をカンボジアの人達に教えて自立に結びつけようという趣旨の学校です。今後、一緒に協力して、カフェプカプカのカフェランチとかができるようになったらおもしろいと思っています。

式典出席のために、日本人のパン職人さんたちがカンボジア入りしているのですが、焼きたてパンをたくさんいただいてしまいました!!あんぱんやうぐいすパンまであり、涙がでそうになりながら日本の味を堪能しました。やっぱり日本のパンは美味しいです。改めて感動。

オーブンパン

日本にいた時はパン屋さんなんてそこら中にあって、いつでも当たり前に食べていた味なのに、カンボジアにいるとその味がものすごい感動できる。
海外にずっといると、やっぱり日本の味は恋しくなって、それを口にした時に本当に感動して嬉しくて、そしてものすご〜く美味しさを感じる。
たとえば、炊き立てのご飯。きらきら光って粒がたっているほかほかのご飯。おかずなしでも軽く1杯食べられちゃう美味しさ。
ジューシーな焼肉。口の中でとろけちゃうような、脂肪たっぷりの味わいのある牛肉。想像しただけでご飯が食べれそう(笑)。

そうやって考えると、海外にいるから美味しいものをさらに美味しく、感動をもって食べられるって逆に幸せかもしれない。当たり前じゃなくて、特別だから有り難味を感じるってことは多々ある。

話がそれてきましたが、とにもかくにもやっぱり私達日本人にとって日本の味は美味しいんです。当たり前のことですが。

あんぱん、めちゃめちゃ美味しかったです・・・・・・・。





年に3回以上はカンボジアにやってくる我が母。母が来た時には我が家で小さなホームパーティーを開いています。
今回は気合を入れたママさん、カンボジアの肉はいまいちだったから美味しい肉を食べさせたいと、大きな肉の塊を持ってカンボジア入り(笑)。
スーツケースから出てきたのは・・・・
豚肉、ひき肉、餃子の皮、にら、ぜんまいの煮物、ごぼう、こんにゃく、ちらし寿司の具・・・・などなど。。。。
自分の荷物なんてそっちのけで、食材ばかりを詰め込んだスーツケースにちょっと胸がぐっときちゃいました。ありがとう、お母さん。

テーブルに乗り切らないほどの美味しい料理がずら〜っと並びました。
ご飯2
餃子、豚汁、サラダ、てんぷら、煮物、散らし寿司、そうめん・・・・。家庭料理ってやっぱり最高です。小さい頃から出来合いのものとか食べたことがないくらい、いつも手作りの食事をちゃんと食べさせてもらってました。当たり前だと思っていたけど、いざ自分が母親になっててもいい歳になってみると母の偉大さを実感します。仕事ばかりで家事なんで全くしてない私。情けないなぁ〜・・・。母の娘でよかったなぁといつも思います。

笑いあり、歌あり、踊りあり(?)の楽しいパーティーでした。最後は飲みすぎプラス食べすぎで気持ちわるくなりましたが(笑)。


パーティーの時にはいつも手伝ってくれる、私の姉さん、タヴィちゃん。
今日も手作りのお菓子を持って、手伝いに来てくれました。

タヴィちゃんクメールデザート

タヴィちゃんは私のおばあちゃん(母の母)に顔がそっくり。だから我が母もタヴィちゃんを他人とは思えないほど大すきなのです。
彼女に出会ってからもう9年。ずっとずっと大事にしたいお姉さんです。

我が家の花ちゃんも楽しい宴に大興奮。いつもは夜更かしでなかなか寝ないのに、部屋に入るなり、バタンキュー。いつもはソファーで寝るのに、床に倒れていました(笑)。

今日は私が生まれてこのかたこんな幸せ続きな日はない!!!というくらいおめでたい日。日本にいる大事な友人ふたりから、偶然にも同じ日に結婚報告がありました!

朝7時くらいに日本からの電話。
『さっちゃーん、○○です〜!!』という懐かしい大好きな大好きな友達の声。
『結婚することになったよ〜!』(*^Д^*)

なんだか訳分からないけど嬉しくて嬉しくて電話口でボロボロ泣いてしまいました。
大事な大事な友達だから、本当に本当に幸せになってほしい、心から願ってます。
本当によかったね。。。それ以外言葉がないです。

その電話を受け、朝からかなりハイテンションの私に回りはついていけない状況だったのですが・・・・・・・・

その数時間後、またまた大事な友人から『入籍しました!』の連絡。もうびっくり。こんなおめでたな日はありません。

自分の周りの人が幸せになるって本当に嬉しい。幸せパワーがびんびん伝わってきてもうこっちまでにやけちゃいます。人生色々あるけれど、自分が選んだ大切な人と一緒に日々を過ごせるって幸せなことなんだろうなぁ。

本当に本当におめでとうございます。心から本当に心からふたりの幸せを願っています!おめでとう〜!!!!!


お花

今日はシェムリアップに住む、大事な友人?弟?カワイイ奴?の幸せを祝ってお花を贈りました。


フラワー



ピンクとホワイトのバラの花かご。カンボジアでもこんなかわいいフラワーアレンジメントができるんです。

(ただし、何も指定しないで勝手に作らせると、どでかい花かごができあがってしまうので要注意。以前、何も考えずに、20ドルでお祝い用に・・・と頼んだら、菊がたくさんの花輪ができあがってきました(笑)。日本人としてはお祝いに菊の花はさすがにプレゼントできないし、とにかくデカイ!!さすが見栄っ張り、何でも大きいほうがいいのでしょうか??)


今回、女の子らしいかわいい感じでピンクを主体に・・とお願いしました。なかなかの出来栄えです。

友達の幸せは本当に嬉しいものです。
心からお幸せを願っています!!


35年前の9月13日にこの世に生まれました。
今年のお誕生日も本当に幸せです♪

12日の夜はミッドナイトまでシェムリアップ在住の友人達に囲まれて美味しいお酒を飲みまくりました。みなさん、本当にありがとうございました。お誕生日のカウントダウンの時にみんなに囲まれていた私は本当に幸せです。

13日の早朝からバンコクへ。
ランチはフォーシーズンでバースデーランチ。
フォーシーズンズ幸子ケーキフォーシーズン








ディナーもまたハッピーディナーでした。


モルジブイン幸子モルジブケーキ


何歳になってもお誕生日は嬉しいです。
この世に生まれてきて本当によかった。ありがとう、お父さんお母さん。
そして私のそばにいてくれるみんなに感謝です。

35歳も素敵な1年にします♪

去年、シェムリアップ郊外にゴルフコースがオープンしてから、在シェムリアップの男性陣の中でゴルフ熱が俄然高まっています。
いつも誘っていただいていたけれど、なかなか一緒に行くチャンスがなかったのですが、私のお誕生日も近いということで『マダム・カップ』などと名づけてもらい、総勢6人でゴルフへ行ってきました。

とにかく気持ちのいいゴルフコース。グリーンとヤシの木と青空が広がってここにいるだけでリフレッシュできる、そんなコースです。
ゴルフ場







ティーショットを打つときに誰かに見つめられている気がしてふと振りむくと、コースの外で牛がじっとこちらを見つめていたり。。。子供達が無邪気に水浴びしていたり。カートに乗りながら『何してるの〜?!』って子供達に声かけると『魚採ってるんだよ〜!!』と大きな返事が返ってきました。

ゴルフ場2









ゴルフの結果はといいますと・・・・・・・・・・・・。結果よりもいかに楽しむかです。これからもっともっと練習してみんなと同等にまわれるように頑張ろうと思います。



韓国マダム

友達に『韓国マダムみた〜い』と写真を撮られながら言われたけど、確かに韓国のおばちゃんのようなファッションの私・・・。この日の夜、バーストリートを歩いていたら、韓国人に『ねぇ、韓国人?』って呼び止められました。
ゴルフウェアではなく、普通にTシャツとスカートに着替えていたのですが・・・。





夕べは大好きなお友達とのお食事でした。カンボジアに来てから8年、不思議な縁でずっとお付き合いさせていただいている大先輩。いつも会う度にたくさんのパワーをくださる、私にとって本当に大切な人。
仕事が忙しくてたまにしか会えなくても、会えば次から次へ話が弾み、尽きることがない。こんなこともやりたい、あんなこともやりたい、いつも前向きで好奇心に満ち溢れているから、一緒に話していてビリビリ、びりびり刺激を受ける。『私もガンガン行くぞ〜!!』ってこちらもパワーがみなぎってくる。オンナ友達ってやっぱりいいなぁ〜。

食事が終わった後に『ゆっくりコーヒーでも飲みたいね〜』ってことになって『HOTEL DE LA PAIX』へ。このホテルは町の中心にあって、雰囲気もよく、ランチタイムにも夕食後のまったり時間にもよく利用させてもらってるお気に入りのホテル。ラウンジに置かれたまるでベッドのようなゆったりソファーで、夜の時間をまったりと堪能しました。

胃腸の調子があまりよくないお姉さまは『紅茶』をオーダー。
こんな感じでサーブされてきました。


アプリコットティー

木のお盆にハスの花もアレンジされて紅茶の横にはクッキーがついて・・・・
私が注文したマルガリータのグラスもオシャレ。

『わぁ〜、カワイイ!!』と二人で感激。こういう綺麗なものを見ると癒される。それに、ものを作り出していく人間として、いい物を見て美しいものを見て自分の感性を磨いていかないといけないと思う。

いつでもデジカメを携帯し、何でもパチパチ写真を撮る私。サーブされたドリンクの写真をひとしきり撮影して、デジカメをしまっていると、横でお姉さまがなにやら紅茶の横についていた小皿の中身を紅茶の中に入れている・・・・。

『それなんですか〜?』と私。
『アプリコットジャムかなにかみたいよ。』と答えるお姉さま。

『さすがデラペ〜。紅茶にアプリコットジャムなんてめっちゃオシャレですよね〜。いやーん、アプリコットティー。すっごい優雅なティータイム♪』となんだか妙に久々のオシャレな雰囲気にはしゃぎまくってた私達。

口に入るものは何でも味をみてみたい、食い意地がはっている私。お姉さまがたっぷりと紅茶に入れたけどまだ小皿に残っていたアプリコットジャムをペロっとお味見。

『む・む・む・む〜!!!これは・・・・・・。カレーの味がします・・・』

そうです。アプリコットジャムではなく、マルガリータのおつまみについてきたチップスにつける香辛料入りのディップだったんです!!!

お姉さまの前には、アプリコットティーではなく、『カレー味』の紅茶が。。。。

久々におなかが痛くなるほど笑いました。
オシャレで優雅な時間は私達には似合わないのでしょうか・・・・・・・。


大笑いしていっぱいしゃべって幸せな夜でした♪








朝から電話。
『さっちゃーん、おはよう。ナウナー(どこにいる?)ハーン(お店)?』
ボンヴィからの電話。
(ボンヴィについては7月8日のブログを見てください)


お店にいるよ〜と答えるとバイクに乗ったボンヴィがビニール袋を片手にやってきました。私を見ると、いつもの笑顔でビニール袋をかかげて『あさごはーん』。

ボンヴィが持ってきてくれるご飯はいつも美味しいので毎回たのしみ♪今日は肉まんとチマキでした。バナナの葉で具だくさんのもち米を蒸したチマキは最高に美味しかった。写真を撮るのも忘れて食べちゃいました。

カフェでお茶を飲みながらボンヴィと1時間ほどおしゃべり。最近、教習所に通いだしたボンヴィ。元気溌剌のボンヴィも今年7月に50歳のお誕生日を迎えた。50の手習い・・・ではないが、大丈夫か?ボンヴィ。。

カンボジアにも教習所はあるのですが、日本のように練習場がない。いきなり路上練習。教習生も怖いかもしれないけれど、普通に運転しているこっちも怖い。初めてハンドル握る人がいきなり道路を走ってるんですから・・・・・・・・・。。
ボンヴィも『すごい最初は緊張して、車の中はクーラーがついてて涼しいのに、私は汗びっしょり。もう怖くて怖くて。毎日夜も眠れないくらい緊張したよ〜』とのこと。

今日の話題はほとんど教習所ネタ。同じ教習生で車に乗るときに靴を脱いで車に乗りこんできた人、車が発進して、そこにポツンと残った靴。ボンヴィの話し方が面白いからさらに笑える。
シートベルトの着け方が分からない人がおかしな巻き方をしたらしく、教官が『首吊りするのか』と言ったとか。
もう朝からマシンガントーク炸裂で笑わせてもらいました。

ボンヴィはお菓子作りも得意なので、私が目にした食材とかどうやって使うのかいつも色々教えてくれる。今日も以前から気になっていた『スラゥッ タゥイ』という葉っぱをどうやってカンボジアでは使っているのか色々教えてもらった。
お茶にすると美味しいという『スラゥッ タゥイ』を早速お湯に入れて煮出したのですが・・・・・・・はっきり言って『まずい』。これ、絶対おいしくないと思うんだけどなぁ。。スタッフは『チュグゥイ(いいにおい)』って言ってたけど、美味しくはないらしく残してました。確かに香りはいいけど。これは香りを楽しむものなんだと納得。何でもチャレンジ、やってみることが大事。
ご飯を炊く時にちょっとだけこの葉っぱを入れると香りがいいんだよとも言ってました。

まだまだ面白い発見がいっぱいありそうなカンボジア。









今日も朝6時45分に出勤。
花ちゃんに泣く泣く別れを告げて家を出るときは後ろ髪ひかれる想い・・・・。
あぁ、こうやって働くお母さん達は子供を保育園に預けて出勤しているのね。とちょっとだけ、働くママさんの気持ちが分かった気分(犬と子供はちがーう!!とお叱りを受けそうですが・・・笑)。
来年から子育てを始める予定なので、今から予行練習。
冗談はさておき・・・・・・・

朝、お店に出勤して7時勤務スタートのスタッフと『おはようございまーす!!』と大きな声で挨拶を交わす。この時間が私はとても大切だと思っています。
朝の挨拶。カンボジアに来た頃、挨拶の習慣がないことにびっくりした。
『朝、なんて挨拶するの?』って聞いても『うーーん、アロンスーォスダイかなぁ、でもあまり使わないです』という返事が多く、実際使ってる人もあまりいない。スタッフ同士、朝、出勤してきて顔を合わせても素通りだったり・・・・・・・・。。
それがカンボジアの習慣かもしれないけど、元気な声で『おはよう!!』といえば、朝がスタートするぞ〜!、1日のはじまりだ〜!って気分になるし気合も入る。
私の勝手な考えだけれど、朝、大きな声で自分から挨拶するだけで、1日の気分が違う。
だから、うちのスタッフには『挨拶、挨拶』口を酸っぱくして言ってます。誰でも笑顔で大きな声で挨拶されて気分悪くはないですよね。
私自身、スタッフが笑顔で挨拶してくれた日はこちらも自然と笑顔になれる。逆になんだかくらーい顔で小さな声の日には『どうした?具合が悪いの?彼女と喧嘩した?』と声をかけたくなる。

毎日、スタッフの元気な挨拶の声が聞けることが、私にとっての幸せな朝のスタートになっているんだなぁと思います。

今日も真っ青な空、いいお天気です!!1日がんばりましょ〜!!


空

カンボジア料理の中で何が好き?と聞かれたら真っ先に思い浮かぶのが『プラホッククティッ』。プラホックというのは簡単にいうと発酵させた魚。トンレサップ湖でとれる小魚を大きな樽に入れて塩漬けします。長い時間つけておくと水分がでてきますが、それが魚醤(ナンプラー)、カンボジア語ではトゥック・トレイ。トゥックが『水』、トレイが『魚』。直訳すれば魚の水。(クメール語ってわかりやすい・・・。)魚を塩漬けした上澄みが魚醤で、発酵した魚をカンボジアでは『プラホック』といい、料理の味付けに使ったり、ご飯のおかずにしたり、生野菜にお味噌をつけるような感じでプラホックをつけたりと・・・日常的に使われています。
このプラホック、発酵した魚ですから匂いが強烈!!!市場に入って、ウッという匂いを感じたらきっとプラホックでしょう。
でも、これがやみつきになる美味しさで、私はかなりのプラホック好き。

このプラホックと豚肉を炒めてそこにココナッツミルクで味付けた料理が私の大好きなカンボジア料理『プラホッククティッ』。クティはカンボジア語でココナッツミルク。

日本から友達が来た時にクメール料理が食べたいと言われたら、私はこれをお勧めします。今も日本から友人が来ているのですが・・・彼にもこのプラホックティを食べさせたら意外にも『美味しい!!』との反応。さすがにしょっちゅう海外へ出ているだけあって食べ物の許容範囲が広いのかな。

さてさてそのプラホッククティとはどんな料理なのか。写真でご紹介。
日本から来た友達はプロのカメラマン。二人で写真の撮り比べ。さて、どちらが私の撮った写真でしょう??誰が見ても歴然ですね(笑)。

プラホックティ1プラホックティ2

このページのトップヘ