アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

カテゴリ: 日常のこと

最近もらいものが多い。

しかも普通はあまりもらえないようなものが多くて面白い。

ある日突然、
「さちこさん、ニワトリあげます」というメールが届いて、「最近夜はどこを徘徊してますか?そこに行きます」と。

酔っ払ってるところにニワトリさんを、しかも生きているニワトリさんを持ってきてもらってもビビるよ。

庭でニワトリを飼ってたけど引越しするので誰かもらってくれないかな〜と考えてたら幸子さんを思いついたと。

ニワトリあげるよって突然言われる人もなかなかいないよな〜って思ったらなんだか楽しくなった。

image



ニワトリさんはファームのメンバーたちがお迎えに行き、無事に我が家にひきとられ、立派なお家も新築?されて元気に暮らしています。

手づくりの立派な鶏小屋
image



また別の日に、いつものところで飲んでいたらばったり会った方に
「あー、幸子さん、長靴いりませんか?」と(笑)

日本から持ってきたけど、ずっと使っていない長靴があって処分しようと思ったけど、幸子さんなら使うんじゃないかって思ったんです〜とのこと。

つい1年くらい前までは8センチヒール履いてシェムリアップの町を闊歩してたのに。。。。長靴履いている姿、誰も見たことないはずなのに。。。笑

みんなに思い出してもらえることは有難いし、幸せなこと。しかもイロイロもらえて嬉しい(^^)

みなさん、不用品があったらどうぞご一報ください。

自分の備忘録のためにも今年はもっとブログの更新を頻繁にしよう。

今日バンコクでホテルにチェックインしたら、メンバーだからかお部屋をアップグレードしてくれた。
最上階、しかもクラブラウンジのあるホテルだから、夕方からラウンジでゆっくりお酒とおつまみを楽しませてもらって、予想外のできごとにハッピーな気分でいっぱい。

でも、同じく今日、あるミーティングで先方の予想外の発言に心がかき乱された。えー、ありえないでしょ。。。って気分。。。
それでもよく考えてみると、私が先方のオファーにありえなーい!と思ってるってことは、先方も私のオファーにありえなーい!と思ってるんだろうな。
自分が感じてるってことは相手も同じように感じてるってことが多い。

結局、自分の常識が正しいって思ってるから心がかき乱されたり、えー。。。。って心が落ちたりする。
相田みつを的にいえば、『落ち込んだっていいじゃない、心がかきみだされたっていいじゃない、人間だもの』って
感じだけど、やっぱり落ち込まないでスルーしていけるほうが私は自分の生き方としていいなと思う。

イライラするとか、落ち込むとか、自分が嫌いな感情と向き合うのってすごく労力がいる。それよりもハッピーな気持ちのほうが周りにも笑いをもたらすことができて、みんなが笑ってる顔見てさらに自分もハッピーになる。

というわけで、今日はありえないサプライズがプラスにもマイナスにもあった一日だったけど、結局は出来事は出来事でしかなくて、そこにハッピー!という感情を与えているのも、最悪だ。。という感情を与えているのも、自分自身なんだよね。起きた事実は事実でしかないのに、それがハッピーにもなり、ストレスにもなる。
何が起きてもその出来事によって感情がマイナスに揺さぶられることなく、相手の常識だったり、起きた事象をただそのまま、あるがままに受け止められるようになろうって決めた日。

決めた未来は実現するから、今日そう決めたらそうなる。

ハッピーなラウンジでの夕食。大好きなもののオンパレード。
photo







来年1月からファームのある村に移住?する予定で、今住んでいるシェムリアップのお家にある荷物を少しずつ整理し始めています。

シェムリアップのお家にはかれこれ7,8年もお世話になったので離れるのは少し寂しい気もしますが、心機一転気持ちも新たに2016年をスタートできればいいなと思っています。

私は、自分がいま住んでいる家と、アンコールクッキーショップと、工房と、オフィスと全部で4軒の家を賃貸しています。大家さんはみんな違いますが、どの大家さんもみんないい方で、かれこれ10年以上も本当によくしていただいていてありがたい限り。

お正月のスタッフパーティーとかにもいつも参加してくれて一緒に飲んだり踊ったりといい付き合いをさせてもらってきたので、住まい用の家から引っ越しするのは家を離れるというだけじゃなくて、大家さんとも離れることになるので少し寂しさが増す感じ。

ま、出会いもあれば別れもありってことですね。

今朝は我が家の倉庫に眠っていた荷物整理。想い出が詰まったというか、いままでにオープンした店で使っていたテーブルやら椅子やら冷蔵庫やらでてくる、でてくる。。。



image

プノンペンのお店の什器や家具、ラッキーモールにだしたアイリスのキャッシャーデスク、ドーナツ屋さんとかで使っていた看板まで、いろんなことやってきたな〜なんて想い出に浸るどころではない、ものすごい量。

image

でもカンボジアの身体は大きくないのに筋肉隆々の強者どもはいとも簡単にものすごい量の荷物を運び出し、2トントラックに軽々と積み込んでくれました。

image

真っ青な空。今日もいいお天気

ファームで再利用するためにものすごい量の荷物がファームへ運ばれていきました。

倉庫は片付いたけれど、家の中の荷物は山積み。
後でやろうと後回ししているうちに引っ越しの日が近づいてくる。

11月になったら少しずつ断捨離していこう。

いまのお家にはいままでにたくさんの人が遊びに来てくれてパーティーもたくさんしてきた。
想い出がいっぱい。
遠く離れたファームのお家にもみなさん遊びに来てください。

最近読んで面白かった本の忘備録。
こんな本を読もうと思うことが40代になったんだな〜としみじみ思うけど、これからの生活スタイルの参考になった。


image





記憶力は起床から3時間後が一番だから、5時に起きたら8時頃に覚える作業をして、10時間後に忘れる作業をする。

ミスを犯すのは起床から8時間後が一番多い。重要な作業をさけること。

記憶して、それを保持して、思い出して、忘れるという作業の繰り返し。

行動前にはイメージをする。
行動後には眠る。

脳の記憶の容量は限られているから余計な情報を入れないことが大切。
限りなく流れてくる情報をシャットアウトする勇気を持たないと。
情報を自分で選ぶという力が必要だ。


amazonで注文すればカンボジアにいながら数日後には読みたい本が手に入る。
Kindleもあるけれど、電子書籍の便利さも分かるけれど、紙をめくる本がやっぱり好き。


毎朝のわたしのパワフル朝ごはん

image


サラダ菜とパクチーとチーズのサラダ
目玉焼き2つ
トマト
えのきのバター炒め
アボカド
(写真撮るならもう少し綺麗に盛りつければ良かった、アボカドとかぐちゃぐちゃだ)

先日うちに泊まりに来た友達に朝ごはんを作ってあげたら、あまりのボリュームにビビりながら写真をとりまくってました 笑

特にサラダの量がハンパないので(^^)
ココナッツオイルをたっぷりかけていただきます。

朝はかならずこれを食べます。朝から元気です。

ランチは目玉焼きがお肉にかわります。あとは同じ。

誰かと約束がない限り、朝ごはんと昼ごはんは自宅で。

毎日同じものを食べるので、お買い物も買うものが決まっていてめちゃくちゃ早く済みます。

時々ファームから野菜が届いたりするとメニューが追加されます。

今週はナスとカボチャが届いたので、ラタトゥイユを作ってサラダのドレッシングかわりに。
まとめてお鍋いっぱいに作って冷凍しておくので、時々スープにしたり、チーズを載せてグラタン風にしたり。

夜は楽しむための食事なのでいつもさまざま。
image

先日食べたスッポン鍋(^^)



盆と正月

これはカンボジアの人たちにとって1年でとっても大切な日。
お寺を中心に色々な行事が行われます。


今カンボジアはお盆(プチュンバン)期間です。
満月の翌日から新月までの15日間がカンボジアのお盆で、今年は満月の翌日、9月29日から10月13日の新月まで。


満月からはじまって新月に終わる、15日間のお盆期間中に7か所以上のお寺にお参りに行くというのが昔からの習わし。

最近の忙しい社会では7つもまわるのは無理かもしれませんが、それでも老若男女お寺へ行くという気持ちはみんな持っていて、そういう昔ながらの仏教行事がきちんと引き継がれている国というのは素晴らしいなと思います。

私も7つは無理かなと思いながらも、できる限りお参りに行こうと思っています。

今年は私たちの農場がお世話になっているSvayChek村のお寺でお盆のセレモニーをさせていただきました。
お盆期間の最初の14日間はプチュンバンではなく、『カング・バン』といわれていて、14日間の毎日村ごとにグループを作ったりして、お寺に寄進しお料理を作ってお坊さんにさしあげます。
そしてお盆の15日目、新月の日の最終日プチュンバンにはありとあらゆる人がお寺に集まるといった感じ。

私たちの会社はカングバンの8日目にお寺で儀式をしていただきました。

初日は夕方から集合。午後3時にスタートするといわれてシェムリアップから村のお寺に向かいましたが、実際に始まったのは午後5時。このゆる〜い時間の流れが田舎独特です。
いつ始まるのかも分からないので、みんなでお寺の周りを散策に。村の子供たちもぞろぞろついてきます。

12071340_897812276967944_1025912799_n
ファームに住み込みで働いてくれているパウさんの末娘、スレイナー。賢い女の子。

12077084_897812466967925_274129394_n
ファームの農業専門家のシター。いい笑顔。


お寺の裏にはとっても大きな池があって、そこのほとりに今まで見たこともないような大きなマンゴーの木。
12081587_897822390300266_633877713_n
マンゴーの木がこんなに大きくなるとは知らなかった。

12076905_897812353634603_1081157248_n
そしてこのマンゴーの木の下にはプレア・コー(牛の神様)がいました。牛の神様にお参りしながらこのマンゴーの木にまつわる有名な民話をみんなが話してくれました。

散策が終わったら今度はおかゆができあがったぞ〜と料理担当部隊からお呼びがかかってみんなでおかゆタイム。カンボジアでは何か集まりがあるとおかゆが出てくることが多い。大量に作れて大勢で食べるのにちょうどいいのかな。

12083717_897814006967771_1015882394_n
鶏肉のたっぷり入った具だくさんのおかゆ。もやしをたっぷり入れてライムをしぼっていただきます。

12092597_897813626967809_275129920_n12080812_897813600301145_511580223_n
大人も子供も何倍もおかわりします。


12081517_897812033634635_1685629629_n
5時近くになってやっとお坊さんもそろってセレモニーのスタート。お経を唱えていただく時間はわずか20分ほど。2時間待って20分で終わり・・・・・なんて思ってしまうようでは田舎の暮らしに適合できませんね。


そして儀式は翌朝に続きます。

朝はノンバンチョッというカンボジアのヌードルを食べてから始まります。

朝のスタートは9時からといわれていたけれど、始まったのは10時。昨日より1時間早まった(笑)

12071717_897934700289035_1196356805_n
1時間近く村のおばあちゃん達につかまって井戸端会議。
日本は災害が多くて大変だなぁなんて結構海外情報にも精通しているおばあちゃん達。
日本は金持ちでいいなぁ、カンボジアは貧しい国だからなぁなんて言うから、日本人のほうがお金を持っているかもしれないけれど、朝から晩まで働いて暇な時間なんてほとんどないよ、どっちが幸せかは分からないよねって言ったら、カンボジアはひまばっかりだ!ってみんなで大笑いしてた。


gohan
10時になってお坊さんにお経を唱えていただいてから、ご飯を器に入れるという儀式。
この意味はあまり分からないけれどいわれるがままに渡されたご飯を器に入れていく。お坊さんへの寄進っていう意味かな。
12084222_897934736955698_814342653_n
今日はお昼から仕事があるのでカンボジアの服を着ずに参加。ごめんなさい。


12077157_897934913622347_708907547_n
お坊さんにお料理を召し上がっていただいてから私たちもお料理をいただきます。11時にお昼ご飯。


ファームで住み込みで働いてくれているパウさん一家の奥さんや、村の警察署長の奥さんたちが中心になってお料理を全部用意してくれました。
12064442_897946700287835_1313279681_n
大鍋をかきまわすパウさんの奥さん

12071855_897934813622357_1090332563_n
すごいご馳走。豚肉のカレー、ソムローココー(私が一番好きなスープ)、野菜炒めとデザート。

lunch
みんなで食べるとさらに美味しくなるね。


truck
私たちのご飯が終わるころに急にお寺がにぎやかになって、人がぎゅうぎゅう詰めになって乗っている1台のトラックがやってきました。
私たちの次にこの儀式をやる近隣の村のグループだとのこと。
色々な料理の材料を抱えて、子供からお年寄りまで30〜40人くらいがトラックから降りてきました。
夕方からおかゆを作り、お坊さんにお経を唱えていただいて・・・・という儀式が今日も別のグループによって行われます。

こういう地域社会に根付いた行事というものがお寺を中心に残っている社会というのは幸せだなと思いました。
来年もみんな元気でプチュンバンの行事に参加できますように。
来年は私も料理部隊に加われるように腕をみがこう。


12077496_897812670301238_1537388899_n
夕日に輝くナナちゃん。









最近友達との会話の中で、「ご先祖様があっての今の自分なんだよね」とかいう言葉を発することがよくあります。
昨夜も女子会(女子会とかいう言葉を使うことがちょっと笑えます・・・・・でも使ってみたい 笑)をして、といっても女友達と2人でお酒を飲みながら気づいたら5時間もたっていたというほどよくしゃべっていたという夕食の時間、同年代女子との会話はやっぱり楽しくて今までの人生、そして今を生きること、そしてこれから。。。。と話は尽きない。

そういう中で、親のことを話すことも増えてきた。これが年を重ねるってことかな。

私は初対面の人から、親御さんは何をされているんですか?どういう育てられ方をしたんですか?となんだかネガティブなのかポジティブなのかよくわからない質問を受けることがよくあります。
たぶんそういう質問をされる方から見ると、私はあまりにも突拍子もない生き方というか考え方とかをしているのかもしれないですね。だからそれは親の影響かと思われるわけですね。

IMG_2789
母の故郷(群馬県沼田市)

私の両親は私のように海外へ出てみたいというタイプの人たちでもなく、今も2人とも健在で群馬に住んでいます。2人とも70代半ば、団塊世代のちょっと前に生まれて戦後の世の中を生きてきた人たちです。
東京に生まれた父と、群馬生まれの母が友人の紹介で出逢っていなければ、私は今ここにいないわけですから、今ここに命を与えていただいて生きているっていうことはものすごい奇跡なのだなぁと思います。

自分の人生を振り返ってみると、親に何かを相談したということはほとんどなく、自分がやりたいことを自分で決めてきて親に事後報告ということばかりで、カンボジアに赴任することが決まった時も事前に全く相談もせずに突然「来月からカンボジアで仕事が決まったからカンボジアへ行ってきます」と報告。
親からすれば、え?何?カンボジア?!って感じでしたよね、きっと。

大学3年の時に大学での勉強に意味を見出せなくて学校を辞めようって決めた時も、横浜のアパートを引き払って引っ越し屋さんに全部荷物を運んでもらって自分は群馬の自宅に帰宅。
「あれ〜、突然帰ってきてびっくり!学校はお休み?」と娘の久しぶりの帰宅に喜ぶ母に、「学校やめるからアパートも引き払ったよ、荷物ももうすぐ着くから」と事後報告。唖然とする母。

さすがにこの時の自分の行動はよかったのか?と後から省みた。

私が大学に合格した時に、両親は本当に喜んでくれた。特に普段はめったに喋らない父が、自分の子供が大学に入ったということを殊更に喜んでいた姿を見て驚いた。
父は家庭の事情で中学を卒業して働かなくてはいけなかったので、大学なんて行けなかった。そんな自分の子供が大学まで行けたということがものすごい喜びだったらしい。そんなことを一度も聞いたことがなかったから、学歴社会の中で父が大変な思いをしながら私たちのために働いてきたてくれたんだなぁと思ったりもした。

それなのに、せっかく合格して親にお金を出していただいて大学に入ったのに、簡単にやめることを決めて(自分の中では簡単ではなく、必死に考えてだした結論だったんだけど)「大学にやりたいことがないってわかったからやめることにした」という一言で片づけるのはあまりにも失礼だったなと。
(後日、大学は休学にしておいて旅にでて、最終的には大学に戻り1年遅れで卒業しました)

そして、大学を卒業しても就職しないでフリーターをしていた私。
朝のミスドから始まり、酒屋とか居酒屋とかファミレスとか1日3つとか掛け持ちしてバイトをしていた。
自分なりには色々と考えがあってのことだったけれど、親からすればせっかく大学まで行かせたのに。。。。という想いがなかったわけがないと思う。

でも今こうやって振り返ってみると、そういう私の勝手な行動や決断に対して両親から何かを言われたことは全くなかった。
いつも私のやることを黙ってみてくれていた。

カンボジアに来てから17年。
母から「幸子がカンボジアに行っていると知ったお友達に、『よく10年以上も前にカンボジアに娘を行かせたわね〜、反対しなかったの?』ってよく云われるんだけど、自分で決めたことを誰かに反対されたからってやめる子じゃなかったからね。親が反対してもやめるわけないってわかっていたしね」と最近言われた。
IMG_2517
母と2人の写真も3年前くらいもの。最近一緒に写真も撮っていないなぁ。


たぶん、親のほうが心配で眠れない日々を過ごしていたと思う。
けがで入院したり、病気になったり、今のパブストリートに15年前にお店をだしたけれどある日全部盗まれてしまってお店がもぬけの殻になっていたり、その後今の会社を立ち上げて寝る間もないほど働きづめていたり、私は必死で無我夢中で毎日を過ごしていたけれど、親からすると何も手助けができずにただ見守るしかない日々、歯がゆい思いもたくさんあっただろうな。

それでも私のやることをすべて信じてくれていつも見守ってくれてきた両親。
18歳で親元を離れて、そばにいてあげることもなく、自分の好きなように生きている娘に
『どこにいようと、幸子が笑顔で幸せで毎日を過ごしていることが何より幸せ』と言ってくれる。
そんな親がいるから私は安心して生きていられるのだと思う。

これからも私は日本に戻って暮らすことはないし、そばにいることはないけれど、距離は離れていてもお互いを思う気持ちがあれば、それで十分だと思う(という子供の勝手な都合・・・)

ご先祖様から受け継いだ尊い命を大切に自分の人生の使命を全うすることが何よりの親孝行だと信じて、まだまだ道半ば、あと30年自分の使命を全うして生きていきたい。








先日、初めて会った人と話が盛り上がって、気づいたら3時間もたっていて、
お酒も入らないのによくしゃべったなぁと思ったけれど、まだ語り足りなかったのでまた会うことにした。
出逢いというのは本当に不思議で面白くて刺激的だ。

カンボジアに行くのでお会いしたいというメールをよくいただくのだけれど、全部対応していたら自分の時間がなくなるよなぁと思う反面、どんな面白い出会いが待っているかもしれないのに逃してしまったらもったいないという気持ちもあって、会いたいと言ってもらえるならできる限りお会いするようにしている。
昨日みたいな面白い話ができる人と出逢えると、やっぱり出逢いのチャンスは大事にしたいなぁと思う。

色々なことを熱く語り合ったけれど、「日本人として生まれただけで宝くじに当たったようなものだよね。」という彼の言葉が印象的だった。

日本生まれの日本育ち、ご両親は日本人と韓国人で、アメリカ国籍、今はアメリカで会社を経営している、というなんとも面白い境遇にいる方だからこそ、よりリアルにそんな風に感じるのかもしれない。

確かに海外に出てからいつも感じるのは日本人であるメリット、そして、日本人であることの誇り。
メリットでいえば、日本のパスポートの絶大的な信頼。カンボジアの人が海外へ出るためのビザ取得はかなり大変。オーストラリアなんてほとんど入れてもらえないって。
そういう他国の境遇を知らない日本人は世界どこへでも行けることのすごさが分かっていないかもしれない。

だいたいの国にビザなしで行けるってすごいこと。タイもシンガポールも香港も、フランスもドイツもイタリアも、アメリカもESTA申請すればオッケー。
カンボジア入国にビザがいるっていうのがちょっと残念ですが、カンボジアで働いている私は1年のマルチがあるので出入国は楽々。
そんな境遇にいるから、ついつい海外へ行く時にビザのことを考えずに出てしまっているので、先日珍しくビザがいるラオスに着いてちょっと慌てた。

特にアセアン諸国へ行く場合は、ちょっとそこまで行くっていう国内出張的な気分でいるので、ラオスへ行く時も何も考えずにビエンチャン空港へ。空港に到着してはじめて入国にビザが必要なことにきづいた。
何かの時にはと、いつも常備している証明写真がお財布に入っていたのでよかったけれど。

2015-09-22-16-53-35
でもビザ代が国ごとに違うのにびっくりで、日本人は30ドルなのに中国人は20ドル、ちなみにカンボジア人は30ドル。カナダ人がやけに高額で40ドル。ラオスへ政府への貢献度で金額が違うのだろうか。。。



話がそれましたが・・・・・
日本人であることについて。

私はカンボジアでしか暮らしたことがないけれど、カンボジアの人は日本に対してとてもいいイメージを持ってくれている。それはやはり先人たちが作ってくれた人間関係のおかげなのだと思う。
政治的な外交だけではなく、民間レベルの人と人との付き合いという外交は素晴らしいことだと思う。
日本人の持っている精神性の高さや、人に対する思いやりや、謙虚な気持ちというのが私は大好き。
そういう日本人としての特質を大切に守りながら、日本から出て外国で生きていきたい。

人間としての生き方、人生論、教育論などなど幅広く語り合い、一緒に教育の場を作ろうか、という話に発展し、でもやっぱりこんなうざいくらい熱い講師が二人もいたらその学校から生徒がいなくなるねと大笑いしました。

本当に面白い時間だった。出逢いはやっぱりいいな〜。

逢いたい人に逢いたいと思う時に逢いに行く
何事もご縁とタイミング。

image


毎日毎日、一瞬一瞬が一番大切だから。

いつ終わるか分からない人生、今日できることはやりきったと思って毎日を過ごしたい。
誰のものでもない自分の人生、自分に正直に後悔と言い訳のない人生を生きる。

大好きな方たちとお酒を飲んで話をさせてもらえる時間が本当に幸せです。

image


香港の一日、とっても楽しかった!



今日から久しぶりの香港へ。
今夜の香港での会食も刺激的なお話ができるのがとても楽しみ。

今回は初DRAGON AIR。
先日のダナン行きもそうだけど、最近はシェムリアップから直行便が増えて色々な所に簡単にアクセスできるようになって今まで以上にフットワークが軽くなる。

しかも家から空港まで渋滞もなく10分で到着できるというアクセスの良さ。
さらに空港も小さくてチェックインから搭乗までもあっという間。

シェムリアップって住みやすいし、かなり利便性が高いしやっぱり最高だな〜としみじみ思う。


image

空港もどんどん綺麗になっていく。17年前に降り立ったシェムリアップ空港の写真を残しておかなかったことが心残り。あの頃はスマホもデジカメもなかったからな〜。。。
エアコンもなくて天井の扇風機がガラガラなってたな。
そう考えるとこの10数年の変化に驚く。



image

このスーツケースと何カ国を旅しただろう。白一色に惚れて購入したのに、今ではなんだか薄汚れた白になってしまったけど、それでも愛着いっぱい思い出いっぱいの大事なスーツケース。

なんて物思いにふけながら、ちょっと早めに着いた空港でのんびりカフェ〜を飲んでると、『Are you Korean?」と声をかけられた。
image

こんなに日本のパスポートがアピールしてるのに!

どこへ行ってもまず韓国人だと思われるのはそれだけ日本人が海外に少なくなっているのか、韓国人が増えているのか。
昔はシェムリアップの街を歩いていれば必ず「味の素〜!」って言われたのに、今はだいたいアンニュハセヨかニィハオになってしまった感じがするのも少し寂しい。




このページのトップヘ