アンコールクッキーから農業に転身した『マダムサチコ』の カンボジア日記

カンボジア、世界遺産アンコールワットのある町シェムリアップで、カンボジアの女性たちの雇用の場を作ろうという想いから、2004年にお土産物屋『アンコールクッキー』を創業。12年間にわたり社長として事業を牽引し年商3億円の事業に発展させる。2016年にアンコールクッキー社の体制を変更し、新経営陣に運営を託し、新たな夢へ挑戦中。アンコールクッキーの原材料をカンボジア国内に追い求める中でたくさんの農家の人たちと出逢い、カンボジアの農業がなぜ魅力的な産業になれないのか、なぜ私たちの食を支えてくれている農家の人たちが選択肢のない貧しい生活を強いられるのか、カンボジアの主産業である農業をもうかる産業にできないのかという想いがわいてきて、40ヘクタールの農園をシェムリアップ近郊に所有し、農業の6次化によって出稼ぎにでなくても生まれ育った村で家族と共に暮らせる幸せを実現できる村づくりを目指して奮闘中。シェムリアップ暮らしも早18年目。すっかりカンボジア感覚になっている日本人の目線で、カンボジアからフレッシュな情報とカンボジアの日常をつづるブログ。

カテゴリ: シェムリアップ情報

もうすぐ!
A Happy Khmer New Year!!
2016年、申年の1年の始まりです。
(ちょっとフライング。今日はまだ大晦日)

image
(カンボジアの宗教省のサイトから拝借)
カンボジアのお正月はこんな感じで、毎年デヴァター(女神)が天から降りてきて新しい年が明けます。
今年は申年なのでお猿さんが先導してますね。自分で申年って書いてある旗を掲げているのがキュート^^
今年は明日13日の午後8時に女神が天から降りてくるそうです。
(空を見上げたらデヴァターが見えたらいいのにな〜と毎年思って空を見上げてしまう)

その年によって降りてくる女神も降りてくる日時も違うのでちゃんと発表があります。その時間に毎年うちのお店でも、お供え物の場所にお線香をあげて一年の幸せをお祈りしていますが、今年は夜だから無理かな。
(私は今年ははじめてカンボジアで過ごさないクメール正月ですが)

ちなみに去年2015年のお正月のブログ
Khmer New Year 2015

image

お正月前には星のカタチの飾りつけをして、その年の女神にお供え物をします。
アンコールクッキーショップも数日前からお正月の飾り付けをして、お坊さんにも来ていただいてお祈りをしていただき、新年を迎える準備は完璧です!
みんなが健康で心穏やかな一年を過ごせますように。

カンボジアではお正月にひとつ歳をとるのでわたしは今年45歳になる😝

image


26歳でカンボジアに来てからたくさんの時間をこのシェムリアップで過ごしてきました。
すべての想い出が思い返すたびにキラキラ輝いてて、たくさんの素敵な仲間にいつも恵まれてきたな〜と改めて思います。

辛いな〜とか悔しいな〜とかマイナスな感情がおきたこともあったし、特に自分で起業してからは想定外な出来事にうちのめされることばかりで、自分が生きている意味はなんだろうなんて思うこともあった。

そんなときに思うのは、なんでやっているの?という自分への問いかけ。
そこには自分がやりたいから。ただそれだけの答えがあって、迷いがなくなる。
本当に悩んだ時は人に相談することはなく、いつも自分自身に問いかける。
そうすると答えはとってもシンプルで、自分がやりたいか、自分が本気で好きか。ただそれだけ。
私の目指すゴールは何か。そこさえちゃんと見えてればあとは何も怖くないっていうのも、自分で起業してわかったこと。

やってみないと分からないし、頭で考えていても何も始まらないし。
失敗するのは怖くなかったんですか?と聞かれるけど、正直怖くなかったと思う。やりたかったから。
ダメだったらまた違う方法でやってみたらいいんじゃないかと。
若さもあったし、お金もなかったからかもしれないけれど、歳を重ねると挑戦するのが怖くなったりするのかもしれないけれど、でも年齢のせいでも、資金のせいでもないんだよね、結局。

言い訳を探してチャレンジしない人生よりも、自分が好きなことをやり続ける人生を選ぼう。
そこにはまだ見ていない世界があって、もっと刺激的な毎日が待っているはず。
そしてまたその道を進むことによって素敵な仲間に出逢える。

ホーチミンの空港にて。カンボジアの大晦日に。
大好きなひとたちが幸せいっぱいの1年になりますように。

カンボジアの銀行。
ドル建て預金が一般的で(もちろんカンボジアリエル口座もあるし利率はリエルの方が高い)、1年以上の定期なら6%前後の利息がつく銀行も結構あります。
(銀行によって利率や商品は様々ですが)
いつまでこんな好景気が続くかわ分からないですが。

image

銀行のサービスで一番便利だなと思うのがモバイルバンキング。
銀行のアプリをスマホにインストールしておけば、入出金のチェックもできるし、クレジットカードの利用明細もすぐにチェックできる
しかも入金とかの情報をオンタイムでお知らせしてくれる機能までついています。

つい10数年くらい前まではたんす預金していたのが嘘のような変貌。

それでも不動産信仰?は強く、カンボジアの人はまとまったキャッシュがあれば(またはキャッシュがなければ最近は銀行で借入をして)土地や不動産を購入している人が多いようですね。

この10数年の土地の値上がりと土地の転売でお金をたくさん稼いだ人たちを見れば、誰もが自分も土地で儲けられるって思うんだろな〜。

不動産を持つことイコールその場所に縛られるって感じがしてしまう私としては、土地を持つこととか家を持つこととか、何かを自分個人の所有にすることが逆に自分の生き方の足枷になるような感じがする。

スーツケースひとつでどこへでも行けるようなそんな遊牧民族的な人生を生きたいな〜。




日々進化するシェムリアップの街。
カンボジアに住んでいるなんてすごいですね、不便で何もないんでしょう〜、食べるものとか大丈夫なんですか?

な〜んてことを未だに心配されるけれど
シェムリアップは我が故郷、前橋の街よりも何倍も賑やかでレストランも飽和状態くらいあって世界中の料理が食べられてしまう。
食生活で困ることなんて皆無です。

〜朝と昼の食事は身体のために食べ、夜は心のため(楽しむため)に食べる〜

を自分の中の習慣にしているので、朝昼は基本的に家で自炊、夜は友達と好きなものをいただくという毎日で、自分なりに健康管理に気をつけています。

日本食が食べたくなることはほとんどないし、毎日二食のお食事は自分の好みに作れるので、夕食は今日は何を飲みたいか?と誰と一緒か?でお店を決めています。

最近のお気に入りはこちら。
FLOW Food & Wine
image


ワインの種類は全然豊富じゃないのですが、こじんまりとした静かな雰囲気が好きで足繁く通っています。

お料理のメニューも少ないけれど美味しくて毎回リピートしているのがこちらの
野菜のグリルとチーズ焼き
image

糖質低めの一品、女子にはうけます。

チキンのパテとポークのパテもおすすめ
image


がっつりお肉が食べたい!という時には、牛肉のほほ肉の煮込みを。
ダックのオレンジソースもオススメです
image

image


夜は楽しむために食べるが一番。
でもやっぱり、何を食べるかよりも誰と食べるかが何より大切だな〜といつも思う。
大好きな人と楽しく笑ってお食事ができること、そんな夜を毎日過ごせるように今日も元気に働こう!!

Have a nice day!!

カンボジアに暮らして16年。
毎日思うのがシェムリアップで暮らせることが幸せだなぁということ。
町も好きだし、そこに住む人たちも大好き。
いい環境の中で素敵な人たちに囲まれて生きているということをとっても幸せに思う日々。

11922002_883792081703297_1548390494_n


毎日寝るときに今日も幸せだった〜といつも思う。
朝起きて今日も1日が始まる!!って思うとワクワクする。
それはやっぱりシェムリアップという町とシェムリアップで出会った人たちのおかげなのだなぁ。

今週の月曜日、朝出社してから、いつも持ち歩いている自分のノートパソコンがバッグの中に入っていないことに気付いた。(鞄の重さで気づかないことがまずおかしいのだけれど・・・・ちょっとぬけている)


日曜日はパソコンにさわらない日にしているので、前の日はパソコンを一度も開いていない。
ということは土曜日からパソコンがないらしい。最後にパソコンを開いたのは某ホテルのロビーラウンジ。
土曜日の夕方にホテルのロビーバーでパソコンを開いて打合せしてから月曜日の朝までパソコンがないことに気付かなかった。

パソコンがないと仕事にならないので、すぐにホテルのバーラウンジに行くといつものスタッフ達が「やっと来たぞ」という顔でにこにこ出迎えてくれた。
こちらが何を言う前に棚の中から保管しておいてくれたパソコンを出してきてくれた。
PC帰ってきたパソコン

ここでは以前にもお財布を忘れていったこともあった。
テーブルで支払いを済ませてからお財布をテーブルの上に置いたまま帰宅。
その後お買い物をするためにスーパーに行って支払いをしようとしたらお財布がないのに気付いた。
スーパーのお姉さんたちはお金のない私に、「お金は後でいいよ〜、あとで払いに来てくれれば。」とまたまたとてつもなく親切なことを言ってくれる。本当にシェムリアップのこういう田舎っぽさ(言葉が正しいかわからないけれど)がたまらなく好き。

またやっちゃった〜なぁと思いながらホテルに戻ると、私の顔を見た途端みんなで
「お姉さん、私たち何も知らないよ〜、何も忘れ物はなかったよ」とにやにや顔。
お財布を忘れる人はなかなかいないよって忠告を受けてちゃんと預かってくれていたお財布をだしてきてくれた。

もちろんシェムリアップのどこでもこんな対応をしてもらえるわけではないけれど、そういう温かさがあるというのは事実。

どこの国にも泥棒や悪いことをたくらんでいる人はいるし、もちろんシェムリアップでもそういう被害にあうこともあるけれど、それ以上にやさしさに触れる機会が多いこの町がとてつもなく好きだし、そういう優しさに応えられる生き方をしたいなと思う。






今日はカンボジアの大みそかです。仏暦2558年が終わり、2559年に入ります。
14日〜16日の3日間がカンボジア正月でカレンダー上はお休みですが、4月まるまる一か月がなんとなくお正月ムードであふれかえるカンボジアです。うちの会社も工場は13日〜18日までお休みで、スタッフは4月に入ると浮足立っていました。みんな田舎に帰るのを心待ちにしていたようです。

今年は、明日4月14日(火)午後14時02分に7人姉妹の3番目の女神、ReaksaTevyが馬に乗って天から舞い降りてきて新しい年を迎えます。
カンボジアでは毎年7人姉妹の女神の一人が交代で天から降りてきて新年がやってくるといわれています。
今年の女神様、Reaksa Tevyは右手に剣、左手に弓をもち、髪には蓮の花をつけています。好物は「血」だそうです。。。。
今年は14時02分に、アンコールトム内のバイヨン寺院で女神をお迎えするレセプションが行われます。

このお正月期間中の14日〜16日はアンコールワット前とアンコールトム内で「アンコール・ソンクランタ」というお正月の大イベントが繰り広げられます。
昨夜はそのイベントを支えるカンボジアの青少年チームのオープニングセレモニーに参加してきました。
全国から集まったカンボジアのUnion of Youth Federations of Cambodiaのメンバー達(http://www.uyfc.org/en/)の活動に少しでもご協力ができればと、アンコールクッキー社からも12日の開会式と17日の閉会式の2日間、カフェぷかぷかのオリジナルアイスクリームを各日250キロ提供させていただきました。

Opening Reception 2015_8

若者たちがアイスクリームのショーケースに群がる?!様子は圧巻でした(笑)。250キロのアイスクリームも2000人以上の若者たちが集まっていたのであっという間になくなりました。喜んでもらえて本当にうれしかった!!!

icecream


シェムリアップの州知事もいらっしゃって盛大なオープニングセレモニーでした。

SiemReap govener

Mr Many





そして、州知事などの来賓のあいさつが終わるや否や、みんな我先にと踊りだしました。
カンボジアの人たちは本当にダンスが大好き!みんなが集まれば必ず踊りだします。踊っていると自然にみんなが近くなるし笑顔になるし、踊りや歌って素晴らしいなぁ〜!!

Opening Reception 2015_6Opening Reception 2015_10Opening Reception 2015_9




昨夜のオープニングセレモニーは14日〜16日まではじまるイベントのための前夜祭。本番は明日14日〜はじまります。その中で面白そうなイベントをいくつかご紹介。

カンボジアのお正月には、ノム・オンソームというもち米で作る細長いチマキのようなお菓子を各家庭で作ります。最近は市場で買ってくるという家も多いようですが、田舎では今でもみんな大量のチマキをお正月用に作ります。この時期にはあちこちからチマキがおすそ分けで届くので、毎日チマキを食べ続けるという炭水化物ダイエットの敵のような期間になります。
このオンソーム(チマキ)の特大バージョンがお正月用に作られて、アンコールトム内の象のテラスの前に飾られます。そのカッティングセレモニーが14日の11時〜、チマキ食べ競争が15時30分〜象のテラスの前で開催されます。


そして15日の9時〜マディソンダンスのギネス挑戦!!です。
アメリカ発祥のダンス、マディソンダンスはカンボジアでも人気の踊りで、今年はイベントでギネスに挑戦するそうです。1000人規模のダンスは見ものです。

明日からアンコール遺跡周辺はカンボジア各地からやってくるカンボジアの人たちで溢れかえると思います。車での移動はかなり難しいと思うので、明日は自転車でアンコールワットを目指そうと思っています^^

アンコールクッキー社も14日〜16日の3日間、象のテラス前にブースをだしていますので、ぜひお立ち寄りください11

Best wishes for the New Year !!

Opening Reception 2015_7




シェムリアップに住み始めた頃、在住の友人から『カンボジアは金利が高いからぜひ預金をしたほうがいい』とアドバイスをもらいましたが、預金するほどお金もなかったので、利息が高いんだ〜と思うだけで、頂いたお給料はタンス預金をしていました。

会社を始めてからはタンス預金というわけにはもちろんいかず、銀行のお世話になっています。この数年でカンボジアにはどんどん新しい銀行ができているし、ATMまで設置されるようになり、サービスもどんどんよくなっていて、私は試しにいろいろな銀行を併用しています。

でもひとつだけ会社立ち上げ当時からずっとお世話になっている銀行があります。
行員さん達も6年前とほとんど変わらぬメンバーなのでなんとなく安心して利用させてもらっているのですが・・・・。

昨日、銀行に行った時のこと。

アンコールクッキーとは別に、友人と一緒に経営している会社をカンボジアに持っているのですが、そちらの会社の口座に先月の売上金を振り込み、立て替えていた経費を引き出そうとしました。
この銀行にはATMはないので、窓口のみでの対応。いつものおばちゃん行員の席に座り、通帳と預け入れのお金とDEPOSIT SLIPとWITHDRAWAL SLIPを渡す。
おしゃべりしながらの手続き。
だいたいいつも美容系の話になる。化粧品は何を使っているのか、美容院はどこに行っているのか・・・。どこの世界でも女性は美しさへの探求心を持っているのね。
そんなおしゃべりをしながら、おばちゃん行員はパソコンを操作して、入金手続きをしていたのですが、途中で女性のお客さんがやってきた。おばちゃん行員は『あらぁ、しばらく見ないうちに白くなったわねぇ!!』と言いだし、ほかの行員も『ほんとだ!日本人かと思ったわよ〜!』と盛り上がる。

どう見ても日本人には見えないけどなぁ・・・でも彼らにとっては白さは綺麗の象徴なんだなぁと思いながら、なんとはなしに彼らの話を聞いている。
おばちゃん行員はPCを操作しながらも、興味のほとんどは以前より白くなったお客さんにいっている。

そして、手続きが終わり『はい、マダム』と通帳を返してくれた。
ちゃんと記帳されているかどうか確認すると、売上として預けたはずのお金はマイナスされていて、引き出したお金も当然マイナスになっている。

『ちょっとちょっと〜、預けたお金が引き出されているじゃない!信用できないんだから〜。あぁ、怖い怖い。お金を預けたのにお金を取られちゃうなんて!』と文句を言ったら、おばちゃん行員は笑いながら『オッエイテー、オッエイテー(大丈夫、大丈夫)、すぐ修正してあげるわ』と通帳を奪い返す。

周りの行員たちも一同に『オッエイテー(大丈夫)』。

本当にいつもカンボジア人のオッエイテー精神(ある時はオッ・パニハー精神)には驚かされる。
大丈夫、大丈夫って、あなたたちは大丈夫でも、私は大丈夫じゃないでしょ〜!!ってことがしょっちゅうある。

行き先をつげて、『OK』と言って走り出したくせに、全然違う方向へ走り出すオートバイタクシー、『違うよ、そっちじゃないよ。』と後ろから大きな声で叫んでも『オッエイテー』。いや、私は違うところへ連れていかれたら大丈夫じゃない、困るって。

市場で買い物をして領収書を書いてもらうと、買ってもいないものがついてたりする。こんなの買ってないじゃない!と言うと『オッエイテー』と言いながら消してくれる。オッエイテーじゃなくて、すみませんって言うべきじゃないか??

朝ごはんを食べに行って、ヌードルの中に虫が入ってる。虫が入ってるよ〜っていうと、『オッエイテー』と言って指で取り出してくれる。うん?これは虫がいなくなったのだから、オッエイテーでいいのかな?いや、違うか??


まぁ、でも、こんな風に何があっても笑ってオッエイテーで済ませることができるって実は幸せなのかもねと思うのです。
目くじら立てて怒ったところで、お互い気分が悪くなるし、プラスの作用にはならないでしょうし。
自分のあやまちを『オッエイテー』と言えてしまうカンボジア精神はある意味すごいけれど、相手の失敗に対しても笑って『オッエイテー』と言える人間でありたいよなぁと思う。
でも現実はなかなか難しい(笑)。

シェムリアップの夜の繁華街といえば通称『PUB STREET (BAR STREET)』といわれるオールドマーケット周辺エリアです。
ほんの数年前までは市場が閉まる夜の時間帯は閑散としていた場所ですが、今は夜中まで欧米人観光客を中心に賑わっています。

日本からお客さんが来たりすると、バーストリートに行きましょうか・・ってことになるのですが、こちらに住んでいる友人とはあまり行かないエリア。

昨夜は久々にバーストリート散策を楽しんでみました。

barstreet1barstreet2
センスのいい雑貨のお店や洋服屋さん、おしゃれな雰囲気なバーなど狭い路地に何十件というお店がひしめきあっていてすごく楽しいエリアです!!
欧米人のお店がほとんどのようですが、中にはカンボジア人オーナーのお店もあって、それぞれ独自のセンスで素敵な店づくりをしています。洋服なども独自のブランドでデザインして作っているお店もあり、シェムリアップも変わってきたなぁと見ているだけでワクワクし、ついでに買いたくなってしまいます(笑)。

今まではお土産用としてシルク素材の服ばかりが目立っていましたが、シルクは素敵だけれど、クリーニング屋さんが普及していないカンボジアでは服は水洗いするしかなく、暑いカンボジアでシルクを普段用に着るのは結構厳しいのが現状。でも、最近はコットン素材の服などを扱っているお店もできていて、ショッピングの楽しみも増えつつあります。


女性にとってお買物と美味しいものを食べることは何と言っても一番のストレス解消ですね。
昨夜はバーストリートでウィンドーショッピングを楽しみ、ベジタリアンレストランでヘルシーディナーをいただきました。ささやかな幸せ。

vege1vege2









vege3
お店は白を基調にした大人の雰囲気。3席しかない2階のスペースはこじんまりとしていて隠れ家っぽくて・・・おすすめです!!

10月31日にシェムリアップのアンコール日本人会主催の盆踊り大会が開かれました。

のど自慢大会、盆踊り、各種屋台の出店など、にぎやかに開催されました。
わが社は昨年に引き続き『スーパーボールすくい』を出店。
子供たちに大人気でした。
スーパーボールすくい








わが社の宴会部長はのど自慢大会に出場!!歌で勝負ではなく、衣装で勝負でしたが、大健闘。お疲れ様でした。
素晴らしいメイクと衣装を身につけ、日本の歌だけでなくカンボジアの歌まで歌って、さらに素晴らしいMCを披露してくださって会場を盛り上げてくださったエンターテイナーも登場したり(写真を掲載していいですか??)、メコン太鼓の演奏があったりと・・盛りだくさんの楽しい夜でした。
独唱

festival



皆様本当にお疲れ様でした。

boat race1


今日から始まる水祭りのボートレース。町が賑やかになってきたので、お祭り好きの血が騒いできました。朝からシェムリアップ川沿いを自転車で一周して、水祭りの準備をしている人たちを冷やかしてきました。
この時間はまだボートレースの出場者が練習したり、川沿いの屋台出店者の準備段階ですが、日が沈み、涼しくなってくる夕方から大賑わいになることでしょう。

11月1日〜3日までが『ボン オム トゥーク』(Water Festival)。
今年は11月2日の夜中過ぎが満月となります。満月に手を合わせてスタッフと大切な人たちの健康と幸せを願いたいと思います。




年間の祝日が日本よりも10日以上多いカンボジア。

10月末は連休がいっぱい。明日31日は前国王シアヌーク国王の誕生日で祝日。
11月1日〜3日は水祭り。4日は振替休日。
5連休の始まりですが、うちは年中無休のサービス業。連休ですが仕事です。。。

水祭りといえばボートレース。
シェムリアップ市内の中心を流れるシェムリアップ川でもボートレースが開催されます。そのシェムリアップ川沿いで10月31日〜11月2日までの3日間、『TRADE FAIR』が開催され、わが社も出展します。ぜひお時間があったらのぞいてみてください!
buy cambodia product












同じく10月31日にアンコール日本人会主催の盆踊り大会も開催されます!!

日時;2009年10月31日(土)午後5時〜8時10分
場所;BOREI ANGKOR RESORT & SPA (ボレイアンコールホテル)

のど自慢大会やメコン太鼓の演奏、各種屋台もたくさん出店されます!
こちらもぜひお立ち寄りください。
(ちなみにわが社はスーパーボールすくいとアイスクリームを出店します)

bon dance festival

このページのトップヘ